追悼の森 =ジョージ川口さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】 著名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】  著名人訃報一覧 2003年 著名人訃報一覧 Ver.23
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

ジャズドラマー  ジョージ川口 さん死去

2003年(平成15年)11月1日 死去 享年76歳

ジョージ川口写真  

ジャズドラマー  ジョージ川口 さん死去

日本の戦後ジャズの草分け的存在であるジャズドラマー、ジョージ川口(ジョージ かわぐち)さんが2003年(平成15年)11月1日午後10時40分、脳出血のため東京都渋谷区内の病院で死去した。76歳だった。

渡辺貞夫さん、山下洋輔さん、日野皓正さんら多くの日本ジャズ界の俊英を発掘、育てた。スピード感とパワーにあふれた独特のドラムソロを持ち味とした。二男はジャズドラマーの川口雷二さん。

人物 / 略歴

ジョージ川口(1927年6月15日 ~ 2003年11月1日)

京都市出身。本名は川口譲二。ドラム奏者。

◆ 略 歴

少年期から青年期にかけて満州で過ごす。

終戦時は陸軍少年航空兵として訓練を受けていた。

ジャズ奏者の父親の影響で戦後から米軍クラブなどで演奏活動を始め1953年に松本英彦、中村八大、小野満と共にバンド「ビッグ4」を結成して活躍、1950年代に大衆的人気を誇った。

ジャズを広く普及させ、また多くの若手を育成した功績を評価され、芸術選奨文部大臣賞、紫綬褒章などを受賞している。

他ジャンルとの競演もこなしており、和太鼓奏者の小口大八とのセッションは幾度と無く行われた。越路吹雪のバンド「ロイヤルポップスオーケストラ」のドラムとしても活躍。

豪放磊落な性格で幅広い世代から愛された人物である。

2003年11月1日午後10時40分、脳出血のため東京都渋谷区内の病院で死去した。享年76歳。

没後、自身のバンドであったニュービッグフォーは、息子の川口雷二が後を継いでいる。

◆ エピソード / ほら吹きジョージ

日本のジャズメンの中でも極め付きの「ほら吹き」として知られた。彼の奇想天外な虚言を真に受けたライターが、嘘をそのまま日本ジャズ史として記してしまった珍エピソードもある。

◆ 以下は「ほら吹きジョージ」の嘘の一例。

満州でソ連兵あいてのバンドでドラムをやるが、あまりに気に入られてソビエト本国に連れて行かれそうになったため、一升瓶の醤油を飲み仮病を装って諦めさせて、日本内地に引き上げた。

終戦直後の日本劇場(日劇)に出演した時、演奏に感激した地方の興行主が、出演依頼のため札束を荒縄で縛って持参した。

同じく終戦直後に横須賀の米軍キャンプで演奏し、ギャラとして駆逐艦を貰った(B-29をもらったが置き場所がないから飛行場に放置してある、というバージョンもある)。

バディ・リッチ(アメリカを代表する有名ドラマー)とドラム合戦を演じて、完全勝利した。

ポーカーで勝って芝公園を手に入れたが、翌日負けて手放した。

戦争中のベトナムに慰問に行き、休憩時間にアメリカ軍一個中隊の護衛付きでメコン川を泳いだ。

また慰問ライブをしている最中にベトコンの襲撃を受け、メンバーが次々と撃たれる中、最後までドラムソロを止めなかった。

脱出の際、ジェット戦闘機に乗り込んだが、パイロットが流れ弾を受け即死。自分が代わって運転し嘉手納基地まで戻った。その後アメリカ軍から勲章をもらった。

あまりにほら吹きが過ぎて、誤った経歴を紹介されることも度々だったが、松山市公民館で白木秀雄とのドラム合戦の最中、会場で殺人事件が起きた(俗にいう「ドラム殺人事件(1958年)」)のは実話である。

特記事項

◆ ジョージ川口 / 主な作品

◇ ザ・ビッグ・フォー
◇ ジョージ川口・プレイズ・ハービー・ハンコック
◇ スーパー・ドラムス

◆ A Related Words :
ジョージ川口 師匠 ハナ肇/ジョージ川口伝説/ジョージ川口 プロフィール/ジョージ川口 略歴/ジョージ川口 死去/ジョージ川口 川口雷二/ジョージ川口 ドラム

Page Top

スマートフォン / PC サイト