追悼の森 =団令子さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】  著名人訃報一覧 2003年 著名人訃報一覧 Ver.24
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

女優  団 令子 さん死去

2003年(平成15年)11月24日 死去 享年68歳

団令子写真  

女優  団 令子 さん死去

若大将シリーズなど東宝の青春映画や、黒沢明監督の映画「椿三十郎」などで知られる女優の 団 令子(だん れいこ)さんが2003年(平成15年)11月24日午前10時5分、 心不全のため東京都三鷹市内の病院で死去した。68歳だった。

1957年(昭和32年)に映画デビュー。コミカルな役柄からクールな悪女役まで 幅広くこなす演技力は高く評価され、東宝の看板女優の1人となった。葬儀は親族のみで行う。喪主は長男で俳優の団 優太(だん ゆうた)さん。

人物 / 略歴

団 令子(だん れいこ、1935年3月26日 ~ 2003年11月24日)

京都府出身。女優。

◆ 略 歴

1957年に東宝に入社し映画デビュー。

芸名は東宝の藤本真澄プロデューサーが作曲家の團伊玖磨からとって名づけた。

1959年に始まった『お姐ちゃんシリーズ』で、健康的な現代娘をコミカルに演じて東宝の看板女優の一人となった。

コミカルな役柄からクールな悪女役まで幅広くこなす演技力は高く評価されていたが、1974年に引退。

しかし、1980年代終わり頃から1990年代初頭にかけ、息子の俳優デビューを応援するため短期間だったがカムバックした。

2003年11月24日午前10時5分、 心不全のため東京都三鷹市内の病院で死去した。享年68歳。

特記事項

長男は同じく俳優の団優太。

◆ 団令子 / 主な出演映画

◇ 裸の大将 (映画)(1958年)
◇ 大学のお姐ちゃん(1959年)
◇ 社員無頼 怒号篇
◇ 社員無頼 反撃篇(監督:鈴木英夫 1959年)
◇ 娘・妻・母(監督:成瀬巳喜男 1960年)
◇ 女が階段を上る時(監督:成瀬巳喜男 1960年)
◇ 大学の若大将(1961年)
◇ 小早川家の秋 The End of Summer (監督:小津安二郎 1961年
◇ 社長道中記(1961年、東宝)
◇ 椿三十郎 Sanjuro (監督:黒澤明 1962年)
◇ ニッポン無責任時代(1962年)
◇ 香港の星(監督:千葉泰樹 1962年)
◇ 若い季節(監督:古沢憲吾 1962年)
◇ 台所太平記(監督:豊田四郎 1963年)
◇ 女体(1964年)
◇ 日本一の色男(1964年)
◇ 花のお江戸の無責任(監督:山本嘉次郎 1964年)
◇ 赤ひげ Red Beard (ヴェネツィア国際映画祭サン・ジョルジョ賞、、ヴェネツィア市賞、国際カトリック映画事務局
◇ 賞受賞作品。監督:黒澤明 1965年)
◇ 大冒険(1965年)
◇ 殺人狂時代(監督:岡本喜八 1967年)
◇ 伊豆の踊子(1967年)
◇ 卒業旅行 Little Adventure(監督:出目昌伸 1973年)
◇ 砂の上のロビンソン(1989年)

◆ 団令子 / テレビドラマ

◇ 東芝日曜劇場(TBSテレビ)第468話「果てしなき孤独に」(1965年)
◇ 東芝日曜劇場(TBSテレビ)第493話「父と子たちのシリーズ 幸福」(1966年)
◇ 東芝日曜劇場(TBSテレビ)第663話「夫婦のプレゼント」(1969年)
◇ 東芝日曜劇場(TBSテレビ)第820話「ある夏の終り」(1972年)
◇ 火曜日の女シリーズ(日本テレビ)耳飾り(1969年)
◇ 火曜日の女シリーズ(日本テレビ)喪服の訪問者(1971年)
◇ 人形佐七捕物帳 第24話「怪談猫屋敷」(1971年、NET) - 萩江役
◇ 非情のライセンス 第1シリーズ 第29話「兇悪の甘い影」(1973年、NET) - 中丸悦子役
◇ 幡随院長兵衛 第20話「鉄火場の女」(1974年、毎日放送)

◆ A Related Words :
団令子の夫 団令子/画像 団令子/オークション/団令子 プロフィール/団令子 略歴/団令子 死去/団令子 写真/団令子 息子/団令子 団優太

Page Top

スマートフォン / PC サイト