追悼の森 =金田一春彦さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】 著名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】  著名人訃報一覧 2004年 著名人訃報一覧 Ver.18
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

言語学者、国語学者  金田一春彦 さん死去

2004年(平成16年)5月19日 死去 享年91歳

金田一春彦写真  

言語学者、国語学者  金田一春彦 さん死去

国語学者でエッセーや童謡、方言の研究や国語辞典の編さんなど、幅広い活動で親しまれた文化功労者 金田一 春彦(きんだいち はるひこ)さんが2004年(平成16年)5月19日午前11時10分、くも膜下出血のため甲府市内の病院で死去した。91歳だった。

今月16日、八ケ岳の別荘に滞在中に倒れ 意識不明となっていた。葬儀、告別式は22日、東京都港区南青山の青山葬儀所。喪主は妻の珠江(たまえ)さん。

人物 / 略歴

金田一 春彦(きんだいち はるひこ、1913年4月3日 ~ 2004年5月19日)

東京市本郷区森川町(現在の東京都文京区本郷六丁目)に生まれる。言語学者、国語学者。

国語辞典などの編纂、方言の研究でよく知られている。文学博士(東京大学、1962年)。栄典は瑞宝重光章、勲三等旭日中綬章、紫綬褒章。その他の表彰歴として文化功労者、東京都名誉都民など。

父の金田一京助も言語学者で東京帝大教授。長男の金田一真澄はロシア語学者で慶應義塾大学教授。次男の金田一秀穂は日本語教師で杏林大学外国語学部教授。長女の美奈子はゴルフ関係のライター。父の京助の従姉妹の夫に実業家の金田一国士がいる。

◆ 略 歴

東京市本郷区森川町(現在の東京都文京区本郷六丁目)なる母の実家にて誕生。金田一京助と静江(旧姓・林)の間の長男かつ一人息子。

父からは学問への情熱を、母からは世俗性を受け継いだ。春彦の出生当時、京助は三省堂百科事典の校正係の職を失って無収入であり、一家は経済的にどん底の状態にあった。

1921年4月 - 真砂小学校に入学。
1924年2月 - 東京府豊多摩郡杉並町成宗(杉並区成田東四丁目)への転居に伴い、杉並第二小学校に転校。
1926年4月 - 東京府立第六中学校(東京都立新宿高等学校)入学。
1930年4月 - 4年修了で旧制浦和高等学校文科甲類に入学。

1933年に寮を出て浦和市岸町の母子家庭三上家に下宿。この家の長女珠江(当時小学校2年生)は、後に実践女学校を中退してから春彦に嫁した。珠江の亡父三上大一郎(時事新報記者)は、勤皇の志士三宮義胤男爵の庶子である。

◆ 東大時代と軍隊入隊

1934年3月、旧制浦和高等学校文科甲類卒業。

優秀な成績で東京帝国大学文学部国文学科に入学が決定し、京助を喜ばせた。同月から杉並の実家に戻り、東大に通学。

当時、東大言語学科で助教授を務めていた京助と共に家を出て学校に行くことがしばしばあった。

1937年に東大国文を卒えて東大大学院に進み、埼玉県東部方言のアクセントを調査。秋に東京方言学会で研究成果を発表したところ、東條操教授から高く評価され、学界での評価の礎を築いた。

1938年4月16日、大学院に籍を置いたまま応召して帝国陸軍の甲府歩兵第49連隊に入営。間もなく朝鮮半島に送られ、京城(ソウル)郊外の龍山歩兵第79連隊に移された。

学歴を使い幹部候補生に応募する事をせず、通常の徴兵検査を通し入営した為、二等兵として軍隊生活を送る事となった。

7月、マントー氏反応(現在のツベルクリン反応)を見る注射の痕を意図的に掻き毟り、軍医に結核と誤診させて龍山の陸軍病院に入院。秋に首尾よく除隊となり、半年ぶりに帰京

1939年4月、東大大学院に再入学。

◆ 国語教師からベストセラー作家へ

1940年、東京府立第十中学校(東京都立西高等学校)の国語教師となることに決定。4月から国語教師として第十中に勤務(~1942年)。

1942年春、橋本進吉の世話で日華学院に移り、終戦まで中国人に日本語を教える。

同年11月6日、当時17歳の三上珠江と結婚。赤坂区表町で所帯を持つ。

1944年4月、実践女子専門学校講師として国文法と国語史を担当(~1946年)。傍ら、寺川嘉四男の世話でフィリッピン協会に勤務。フィリピン人やビルマ人やマレー人に日本語を教える。

1945年5月、日華学院が東中野の校舎が爆撃で焼失したため埼玉県下吉田町の寺に疎開。

8月15日、疎開先の東京都西多摩郡羽村(服部四郎の疎開先の隣家)で終戦を迎える。

1946年10月、時枝誠記の世話で東大講師となる(~1948年)。その後も1951年、1954年、1958年、1961年、1962年、1972年、1973年に東大講師を務めた。

1947年3月3日、浦高時代の級友館野守男(アナウンサー、NHK解説委員)の世話でNHK「ラジオ民衆学校」に出演し、日本語アクセントについて話す。同年12月、NHK「ことばの研究室」常任講師。

1950年2月、自ら監修に携わった三省堂の中学国語教科書『中等国語』が全国一の売上を記録。

1953年、三省堂『明解古語辞典』を完成。国立国語研究所を解雇され、4月から名古屋大学助教授となる(~1959年)。

◆ 日本語方言の権威として

1977年4月、池田弥三郎の世話で慶應義塾大学に招かれ、国文科で教える。
1977年11月18日、紫綬褒章受章。この年、日本放送協会放送文化賞。
1978年、東郷学園講師。
1983年3月25日、師本居長世の伝記『十五夜お月さん』(1982年12月刊)で芸術選奨評論部入賞、文部大臣賞受賞。
1983年11月15日には毎日出版文化賞を、11月19日には日本児童文学会賞を受賞。
1984年4月、武蔵野女子大学客員教授(~1989年3月)。同年、国語学会代表幹事となる。
1984年、テレビ東京「有名人カラオケ大会」で「人を恋ふる歌」を独唱し、優秀歌唱賞を受賞。
1986年11月、勲三等旭日中綬章 叙勲。
1988年4月、森田一義アワー 笑っていいとも!(フジテレビ)の金曜レギュラーに就任する(同年9月まで)。
1989年4月、玉川大学客員教授。津田塾日本語教育センター主席講師(のち顧問)。
1997年11月、文化功労者に選ばれる。
2000年10月、『四座講式の研究』で密教学芸賞受賞。同年12月、山梨県大泉村(春彦の別荘の所在地)の名誉村民に選ばれる。
2001年、東京都名誉都民に選ばれる。
2001年6月23日、「長坂メセナの会」の主宰で山梨県長坂町の中央公民館にて金田一春彦作曲の歌を歌う会が開催された。

2004年5月19日午前11時10分、クモ膜下出血のため甲府市の病院で死去した。享年91歳。

特記事項

没後、第46回日本レコード大賞特別功労賞、瑞宝重光章を追贈された。

◆ 金田一 春彦 / 主な著書(単著)

◇ ことばの四季(河出新書)1956
◇ 話しコトバの技術(光風出版)1956 (話しコトバ新書) のち講談社学術文庫
◇ 『日本語』(岩波新書)1957  135万部
◇ 日本古典語典 正続(東峰書院)1959-61
◇ 日本語の生理と心理(至文堂)1962 (日本文学新書)
◇ 邦楽古曲の旋律による国語アクセント史の研究 各論第1(三省堂)1964
◇ ことばの博物誌(文藝春秋)1966
◇ 新日本語論 私の現代語教室(筑摩書房)1966 「日本語教室」ちくま学芸文庫
◇ 『日本語音韻の研究』(東京堂出版)1967
◇ ことばの歳時記 1973- (新潮文庫)
◇ 『邦樂古曲の旋律による國語アクセント史の研究 各論(1)』三省堂、1961
◇ 『国語アクセントの史的研究:原理と方法』塙書房、1974
◇ 『日本の方言:アクセントの変遷とその実相』教育出版、1975-1995年増補
◇ 日本人の言語表現 1975 (講談社現代新書)
◇ 日本語への希望 大修館書店, 1976
◇ ことばの四季 教育出版 1976
◇ 話し言葉の技術 学術文庫 1977.3
◇ 父京助を語る 教育出版 1977.11
◇ 日本語方言の研究 東京堂出版 1977.8
◇ 童謡・唱歌の世界 主婦の友社 1978.11 (Tomo選書)
◇ 垣通しの花 音楽鑑賞教育振興会 1980.10
◇ 日本語の特質 日本放送出版協会 1981.6 (新NHK市民大学叢書)
◇ 金田一春彦・日本語セミナー 1-6 筑摩書房 1982-83
◇ 十五夜お月さん 本居長世人と作品 三省堂 1982.12
◇ ケヤキ横丁の住人 東京書籍 1983.11
◇ 日本語への希望 大修館書店 1990.4
◇ 自然と人生 随筆 三省堂 1991.10
◇ 日本語は京の秋空 スタジオ・シップ 1993.12
◇ 『我が青春の記』北海道新聞社・東京新聞出版局、1994
◇ 平曲考 三省堂 1997.5
◇ 白いボート 作曲集 如月社 1998.9
◇ 『日本語音韻音調史の研究』吉川弘文館、2001
◇ ホンモノの日本語を話していますか? 2001.4 (角川oneテーマ21)
◇ 日本語を反省してみませんか 2002.1 (角川oneテーマ21)
◇ いい日本語を忘れていませんか 使い方と、その語源 2002.10- (講談社+α新書)
◇ 心にしまっておきたい日本語 忘れられない名文・秀句・子どもの歌 2003.2- (ベスト新書)
◇ 金田一先生が語る日本語のこころ 学習研究社 2003.4
◇ 『金田一春彦著作集』全13巻別巻1、玉川大学出版局、2003-06

◆ A Related Words :
金田一春彦の息子/金田一春彦の孫/金田一春彦 誘拐事件/恋すると悲しくなる民族 金田一春彦/金田一春彦 父/金田一春彦 辞典/金田一春彦 アクセント/日本語 金田一春彦/金田一春彦ことばの学校/JR東日本 金田一春彦/金田一 春彦 明解古語辞典/金田一春彦 プロフィール/金田一春彦 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト