追悼の森 =10代目桂文治さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】 著名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】  著名人訃報一覧 2004年 著名人訃報一覧 Ver.2
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

落語家  10代目 桂 文治 さん死去

2004年(平成16年)1月31日 死去 享年80歳

桂文治写真  

落語家  桂 文治(10代目) さん死去

軽妙な江戸前の語り口で古典落語の魅力を伝え、落語芸術協会会長を務めた 桂 文治(かつら ぶんじ)さんが2004年(平成16年)1月31日午後5時17分、急性白血病による腎不全のため東京都内の病院で死去した。80歳だった。

文治流といわれる独特の味わいの爆笑落語は他の追随を許さなかった。1981年(昭和56年)に芸術祭優秀賞、1995年(平成7年)度芸術選奨文部大臣賞を受賞した。葬儀は5日、東京都中野区中央の宝仙寺。喪主は妻の関口敬子さん。葬儀委員長は桂米丸さん。

人物 / 略歴

10代目 桂 文治(かつら ぶんじ、1924年1月14日 ~ 2004年1月31日)

東京都豊島区出身。 本名は関口達雄。 落語家で南画家(雅号:籬風)。

落語芸術協会会長。落語江戸(東京)桂派宗家。血液型はO型。

父は同じく落語家初代柳家蝠丸。出囃子は『武蔵名物』。

◆ 略 歴

1946年6月、2代目桂小文治に師事し、父の名であった柳家小よしを名乗るが、後に師の亭号が桂だったために桂小よしに改名。

1948年10月、2代目桂伸治に改名し二つ目昇進。1958年9月、真打昇進。

1960年代の演芸ブームでテレビ・ラジオに多く出演。フジテレビ「お笑いタッグマッチ」(5代目春風亭柳昇司会の大喜利番組)の回答者や同番組の提供スポンサーでもあった丸美屋食品工業のふりかけ「のりたま」のテレビCMで売れる。

1979年、前年亡くなった9代目桂文治の盟友である8代目林家正蔵(後の林家彦六)の推薦で10代目桂文治を襲名。桂派宗家となる。

1996年、芸術選奨文部大臣賞受賞。
1999年9月、4代目桂米丸の後任で落語芸術協会会長就任。

正調の江戸弁を大切にしていた噺家であった。

得意ネタは、「掛取り」「源平盛衰記」「親子酒」「お血脈」「長短」「蛙茶番」「義眼」「鼻ほしい」「火焔太鼓」「道具屋」「替り目」「ラブレター」「あわて者」「猫と金魚(田河水泡・作)」「二十四孝」などであり、5代目柳家小さんと並んで滑稽噺のスペシャリストであった。

芸風は極めて自由闊達で、晩年に至るまで客席を爆笑の渦に誘ったが、その芸の根底には本人も認めるように戦前の爆笑王の一人であった初代柳家権太楼の影響があるといえる。

2002年11月勲四等旭日小綬章受章。

2004年1月急性白血病に倒れ、同月31日芸協会長の任期満了日に死去した。80歳没。

文治没後の会長職は、既に翌日の昇格が内定していた副会長の桂歌丸が就任した。

特記事項

弟子には桂伸乃介、2代目柳家蝠丸、3代目桂伸治、3代目桂小文治、2代目桂平治(11代目桂文治襲名予定)、桂右團治(芸協初の女性真打)、桂文月、5代目柳家小蝠(文治没後は蝠丸の預かり弟子に)がいる。

◆ 桂文治 / 画家として

◇ 財団法人書壇院 院友・南画部審査員
◇ 回瀾書道会 参与

◆ A Related Words :
十一代桂文治/十代目桂文治/桂文治 写真/九代目桂文治/十一代目桂文治/桂文治 福岡/桂文治 大阪/10代目桂文治/桂文治 画像/桂文治 お練り/桂文治 プロフィール/桂文治 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト