追悼の森 =加藤正夫さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】 著名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】  著名人訃報一覧 2004年 著名人訃報一覧 Ver.36
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

日本棋院理事長  加藤正夫 さん死去

2004年(平成16年)12月30日 死去 享年57歳

加藤正夫写真  加藤正夫訃報

訃報サイト

囲碁棋士、日本棋院理事長  加藤正夫 さん死去

日本棋院理事長 加藤 正夫(かとう まさお)さんが2004年(平成16年)12月30日12時33分、脳梗塞および合併症のため東京都世田谷区内の病院で死去した。57歳だった。

名人2期、本因坊4期、王座11期など数々のタイトルを獲得し、名誉王座の称号を持つ。2004年(平成16年)には日本棋院理事長に就任。日本棋院の改革に取り組むが、志半ばに脳梗塞に倒れた。日本棋院葬を行う。日取りや喪主などは未定。

人物 / 略歴

加藤 正夫(かとう まさお 1947年3月15日 ~ 2004年12月30日)

福岡県朝倉市生まれ。囲碁棋士。

号は「劔正」。2004年に日本棋院理事長に就任。

同じ木谷實門下の石田芳夫・武宮正樹とともに「木谷三羽烏」「黄金トリオ」と呼ばれ、名人2期、本因坊4期、王座11期など数々のタイトルを獲得し、名誉王座の称号を持つ。

若い頃は力ずくで大石を仕留める豪腕から「殺し屋」のニックネームがあったが、棋風とは裏腹に穏和で面倒見の良い人柄で人望が厚かった。

◆ 略 歴

福岡県朝倉郡朝倉町(現朝倉市)にて誕生。

1952年 福岡市中央区六本松に転居。1階は店舗、2階は碁会所を父がはじめる。

1956年 このころ碁を覚える。この頃岡光雄(後にプロ)・上月武志(第1回学生本因坊)・廣畑富雄(九州学生選手権、後に九州大学教授)らの手ほどきを受け上達する。

1959年 木谷實に入門。兄弟弟子たちと切磋琢磨し、徹底的に戦う棋風を身につける。1964年 17歳で入段。同年、二段に昇段。

1967年 20歳7ヶ月(四段)で本因坊リーグ入り(当時最年少記録)。一次予選(現在の予選Cに相当)からの勝ち抜きでリーグ入りしたのは、この時の加藤と名人リーグでの三村智保のみ。また入段から3年5ヶ月でのリーグ入りは史上最短記録。

1968年 本因坊リーグから陥落するも即復帰、5勝2敗で勝ち抜いて林海峰本因坊への挑戦権を獲得。22歳、五段での挑戦は初めてのことで注目を集めたが、2-4で敗れる。 この後各種棋戦で挑戦者あるいはトーナメント決勝まで進むが、タイトル戦で8連敗。「挑戦王」「万年二位」「常敗将軍」と呼ばれるトンネルの時代が続く。

1976年 - 第一期碁聖戦で兄弟子大竹英雄を降して初タイトルを獲得。林海峰から十段位を奪取、以後4連覇。
1977年 - 武宮正樹を4-1で破って第32期本因坊位を奪取し加藤劔正を名乗る。以後3連覇。この年結婚。
1978年 - 棋聖戦で藤沢秀行に挑戦するが3-4で惜敗。天元戦で優勝し、以後4連覇。
1979年 - 本因坊、十段、天元、王座、鶴聖の五冠王に輝く。
1981年 - 趙治勲名人に挑戦。
1982年 - 橋本昌二から王座を奪取し、以後8連覇。
1983年 - 趙治勲から十段位を奪取。勝った3局は全て半目勝ちで、「殺し屋加藤」から「ヨセの加藤」へとモデルチェンジに成功したといわれた。
1986年 - 小林光一名人をから名人位を奪取
1987年 - 名人、十段、王座、碁聖の四冠を達成。
1988年 - 小林光一棋聖に挑戦。
1990年 - 羽根泰正に敗れ王座を失う。これにより、七大タイトルの連続保持記録が途絶える。
1993年 - 藤沢秀行から王座を奪取。
1995年 - 趙治勲本因坊に挑戦。
1997年 - 依田紀基から十段位を奪取。趙治勲本因坊に挑戦。
2002年 - 王銘を破り、55歳3か月で23年ぶりに本因坊位に復位、史上最年長の本因坊となった。

◆ 加藤正夫 / 通算タイトル

◇ 本因坊4期(1977~79、2002)
◇ 名人2期(1986、87)
◇ 十段7期(1976~79、83、87、97)
◇ 王座11期(1979、80、82~89、93)
◇ 天元4期(78~81)
◇ 碁聖3期(1976、77、87)など
タイトル獲得数47。

1976年~1990年まで14年6ヶ月にわたってタイトルを保持し、これは日本囲碁界最長記録。七大タイトルのうち、棋聖を除くすべてのタイトルを獲得した。

生涯戦績1254勝663敗2持碁1無勝負(勝数史上4位)。

2004年12月30日12時33分、脳梗塞および合併症のため東京都世田谷区内の病院で死去した。享年57歳。

特記事項

門下に大森泰志、岡田伸一郎、鈴木伊佐男、梅沢由香里、小山栄美ら。

2005年2月8日、その功績により旭日小綬章を追贈された。

◆ 加藤正夫 / 打碁集

◇ 『現代花形棋士名局選〈4〉加藤正夫』日本棋院 1976年
◇ 『加藤正夫(上)(下)』(現代囲碁大系39,40)講談社 1980年
◇ 『加藤正夫 (現代囲碁名勝負シリーズ)』講談社 1986年
◇ 『加藤正夫 名局細解』(全六巻)誠文堂新光社 1988年
◇ 『名局細解 加藤正夫』誠文堂新光社 2004年
◇ 『怒涛の譜―加藤正夫精局集』日本棋院 2005年

◆ 加藤正夫 / 著 作

◇ 『察元・烈元・因淑』(日本囲碁大系)筑摩書房
◇ 『加藤囲碁道場』(全三巻)日本棋院 1982年
◇ 『加藤正夫の闘いの極意 (NHK囲碁シリーズ) 』1993年
ほか多数

◆ A Related Words :
加藤正夫 ゴルフ/加藤正夫の棋譜/加藤正夫 囲碁/藤沢秀行 加藤正夫/加藤正夫 Amazon/加藤正夫杯 江東区/加藤正夫杯/加藤正夫 日本棋院/加藤正夫 劔正/加藤正夫 プロフィール/加藤正夫 略歴/

Page Top

スマートフォン / PC サイト