追悼の森 =野村芳太郎さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】 著名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】  著名人訃報一覧 2005年 著名人訃報一覧 Ver.15
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

映画監督 野村 芳太郎 さん死去

2005年(平成17年)4月8日 死去 享年85歳

野村芳太郎写真 

映画監督  野村芳太郎 さん死去

映画「 張込み」や「砂の器」などで知られる映画監督の 野村 芳太郎(のむら よしたろう)さんが2005年(平成17年)4月8日午前零時15分、肺炎のため東京都新宿区内の病院で死去した。85歳だった。

1974年(昭和49年)に監督した「砂の器」で、モスクワ国際映画祭の審査員特別賞を受賞した。葬儀、告別式は12日、東京都文京区大塚の護国寺桂昌殿。喪主は長男の芳樹(よしき)さん。

人物 / 略歴

野村 芳太郎(のむら よしたろう、1919年4月23日 ~ 2005年4月8日)

京都府出身。映画監督。

◆ 略 歴

父の野村芳亭(ほうてい)は日本の映画監督の草分け的存在で、松竹蒲田撮影所の所長も務めた。

慶應義塾大学文学部卒業後の1941年、松竹大船撮影所に入社。

第二次世界大戦後の1946年に復員。

黒澤明の松竹作品『醜聞』『白痴』で助監督を務め黒澤から「日本一の助監督」と評価された。

1952年に『鳩』で監督デビュー。

時代劇、メロドラマなど多様な娯楽作品を撮るが、野村芳太郎の名を広めたのは、松本清張の小説を映画化した『張込み』(1958年 主演:大木実)。以降、ショッキングな描写を伴う社会派的色彩の強いサスペンスを数多く撮るようになる。

1974年に監督した『砂の器』で、モスクワ国際映画祭の審査員特別賞を受賞。

1978年には清張と共に製作プロダクション『霧プロ』を設立したが、1984年に解散した。

また、製作者として『八甲田山』、『キネマの天地』、『天城越え』を手掛けた。

2005年4月8日午前零時15分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。享年85歳。法名は、映芳院釋顕真。

特記事項

野村の門下生には山田洋次、森崎東がいる。また、霧プロ時代の弟子に、小林政広、古山敏幸らがいる。

◆ 野村芳太郎 / 主な監督作品

◇ 鳩(1952年)
◇ 鞍馬天狗 青面夜叉(1953年)
◇ 伊豆の踊子(1954年) ※美空ひばり版
◇ 張込み(1958年)
◇ ゼロの焦点(1961年)
◇ 左ききの狙撃者 東京湾(1962年)
◇ 拝啓天皇陛下様(1963年)
◇ 続・拝啓天皇陛下様(1964年)
◇ 五瓣の椿(1964年)
◇ 暖流(1966年)
◇ 女の一生(1967年)
◇ コント55号と水前寺清子の神様の恋人(1968年)
◇ 白昼堂々(1968年)
◇ でっかいでっかい野郎(1969年)
◇ 影の車(1970年)
◇ ダメおやじ(1973年)
◇ しなの川(1973年)
◇ 砂の器(1974年)
◇ 昭和枯れすすき(1975年)
◇ 八つ墓村(1977年)
◇ 事件(1978年)
◇ 鬼畜(1978年)
◇ 配達されない三通の手紙(1979年)
◇ 震える舌(1980年)
◇ わるいやつら(1980年)
◇ 真夜中の招待状(1981年)
◇ 疑惑(1982年)
◇ 迷走地図(1983年)
◇ ねずみ小僧怪盗伝(1984年)
◇ 危険な女たち(1985年)

◆ A Related Words :
野村芳太郎 事件/野村芳太郎 横溝正史/野村芳太郎 砂の器/野村芳太郎 死去/野村芳太郎 張込み/野村芳太郎プ ロフィール/野村芳太郎 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト