追悼の森 =岡本敏子さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2005年 著名人訃報一覧 Ver.19
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

岡本太郎記念館 館長  岡本敏子 さん死去

2005年(平成17年)4月20日 死去 享年79歳

岡本敏子写真  

岡本太郎記念館 館長  岡本敏子 さん死去

芸術家の故岡本太郎氏の養女で、岡本太郎記念館の館長 岡本 敏子(おかもと としこ)さんが2005年(平成17年)4月20日午前10時ごろ、東京都港区南青山の自宅マンションで急性心不全のため死去した。79歳だった。

同記念館横のマンションに一人住まいで、浴室で倒れていたという。同館職員が発見、110番した。病死とみられる。生前からの本人の意志に添い、葬儀は行わない。後日、お別れの会を開く予定。

人物 / 略歴

岡本 敏子(おかもと としこ、1926年(大正15年)1月1日 ~ 2005年(平成17年)4月20日)

千葉県に生まれる。旧姓は平野。

画家の故岡本太郎のパートナーであり養女、実質的な妻でもあった。

◆ 略 歴

東京女子大学文理学部卒業。

出版社勤務を経て岡本太郎の秘書となり、後にその養女となる。

1996年(平成8年)正月早々に岡本太郎が急逝した際、未完の作品が数点のこっていたが、これらの全作品のその後の製作、仕上げにすべて監修として携わった。

また、岡本太郎のアトリエ兼自宅を美術館として改装、公開を行った。その後、岡本太郎記念館の館長になる。

2005年(平成17年)4月、自宅の浴室で心不全のため死去した。享年79歳。

特記事項

敏子が「妻」ではなく「養女」として太郎に迎えられたのは、太郎が結婚というものを望まなかったためということが、二人と親交のあった瀬戸内寂聴から語られている。但し、太郎が結婚を望まなかった理由については明確になっていない。

また、瀬戸内寂聴はテレビ番組の中で、「太郎さんの遺産相続の際「妻」では数分の一が太郎の異母きょうだいに行ってしまう。養女になれば100%敏子さんのものになる。太郎さんの遺作品を管理できるのは敏子さんだけ」とも語っている。

◆ 岡本敏子を演じた女優

◇ 菅野美穂(2006年7月7日・日本テレビでの「明日の神話」除幕特番にて放送)
◇ 常盤貴子(2011年2月26日~4回シリーズ NHK・『TAROの塔』土曜ドラマ)

◆ A Related Words :
岡本敏子 奇跡/岡本太郎 岡本敏子/岡本敏子 子供/岡本太郎と岡本敏子/岡本敏子 吉本ばなな/岡本敏子 瀬戸内/よしもとばなな 岡本敏子/岡本敏子 3回忌/岡本敏子 写真/岡本敏子 先生/岡本敏子 死去/岡本敏子 養女/岡本敏子 岡本太郎記念館/岡本敏子 プロフィール/岡本敏子 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト