追悼の森 =中内功さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】 著名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】  著名人訃報一覧 2005年 著名人訃報一覧 Ver.33
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

ダイエーの創業者  中内 功 さん死去

2005年(平成17年)9月19日 死去 享年83歳

中内功写真  中内功訃報

訃報サイト

ダイエーの創業者  中内 功 さん死去

日本を代表する大手スーパーマーケットの全国チェーン、ダイエーの創業者 中内 功(なかうち いさお)さんが2005年(平成17年)9月19日午前9時30分、脳梗塞(こうそく)のため神戸市内の病院で死去した。83歳だった。

スーパーマーケットの全国展開に乗り出し、徹底的な安売りで「流通革命」に挑戦した。1972年(昭和47年)には創業わずか15年で売り上げは三越を抜いて小売業界トップとなり、スーパーは百貨店に代わり小売業の主役に躍り出た。先月26日、定期検診のため訪れた病院で倒れ、意識不明に陥っていた。

人物 / 略歴

中内 功(なかうち いさお、1922年8月2日 ~ 2005年9月19日)

大阪府西成郡伝法町(現:大阪市此花区伝法)に生まれる。実業家。

ダイエーを創業し、会長、社長、グループCEOを務めた。

日本チェーンストア協会会長、自身が設立した流通科学大学学園長、理事長を歴任した。

戦後の日本におけるスーパーマーケット(GMS)の黎明期から立ち上げに関わり、近年の消費者主体型の流通システムの構築を確立させダイエーを中心とした商業施設の普及拡大、日本の流通革命に大きく貢献した。

◆ 略 歴

大阪府西成郡伝法町(現・大阪市此花区伝法)に父・秀雄、母・リエの長男として生まれる。

神戸三中(現・兵庫県立長田高等学校)を経て、1941年、兵庫県立神戸高等商業学校(新制神戸商科大学の前身、現・兵庫県立大学)を卒業。勉強はできる方ではなく大学受験に失敗。

◆ 戦争体験と奇跡の生還

1943年、幹部生として扱われる仲間を尻目に戦場の一線へ投げ込まれる。所属した大石正義中佐率いる陸軍部隊はフィリピン・ルソン島で玉砕。背中に重傷を負いながらも奇跡的に生還。この戦争体験は、後の人生観にも影響を与えた。

「人の幸せとは、まず、物質的な豊かさを満たすことです」

1945年11月、フィリピンから復員。1948年、元町高架通に新たに開店した「友愛薬局」で、業者を相手に闇商売を行った。

◆ ダイエー設立

1957年4月10日に神戸市長田区を本店とする「大栄薬品工業株式会社」を末弟と設立し、製薬事業に参入。

ただしすぐに撤退し、同年9月23日に、この会社にて大阪市旭区の京阪本線千林駅前(千林商店街内)に、医薬品や食品を安価で薄利多売する小売店『主婦の店ダイエー薬局』(ダイエー1号店。のちに千林駅前店に改称し1974年まで営業)を開店した。

千林での開店の翌年1958年には、早くも、神戸三宮にチェーン化第1号店(店舗としては第2号店)となる三宮店を開店。

既成概念を次々と打ち破り、流通業界に革命をおこした。特に価格破壊は定価を維持しようとするメーカーの勢力の圧力にも屈せず、世の人の喝采を浴びた。

◆ グループ拡大に奔走

1972年には百貨店の三越を抜き、小売業売上高トップにまでのしあげた。

1980年2月16日に日本で初めて小売業界の売上げ高一兆円を達成した。

また、紳士服のロベルト、ファミリーレストランのフォルクス、ハンバーガーチェーンのウェンディーズ・ドムドムハンバーガー、コンビニエンスストアのローソン、百貨店のプランタン銀座など子会社・別事業を次々と展開していった。

一兆円達成から3年後の1983年から三期連続で連結赤字をだしてしまい、ヤマハの社長であった河島博を総指揮官とし、業績をV字に回復させる通称「V革」を行う。

◆ 凋 落

1990年代後半になってバブル景気の崩壊により、ダイエーの経営は傾きはじめた。

90年代後半には、ジャスコを経営するイオン、ローソンのライバルであるセブン-イレブンの当時の親会社イトーヨーカ堂などが業界をリードするようになっており、当時の世間からは「ダイエーには何でもある。でも、欲しいものは何もない」と揶揄されるようになった。

中内自身も晩年、「消費者が見えんようなった」と嘆くこともあった。

◆ 晩 年

2001年に「時代が変わった」としてダイエーを退任。

しかし遅すぎた決断であり、あらゆる部門で問題が露呈していた。最後の株主総会では厳しい質問が続き、2時間36分の大荒れ総会となった。その中で、勇退の辞として過ちを認め謝罪した後、まだ総会が終わっていないにも関わらず壇上を降りて去ってしまう一幕があり、会場はあっけにとられたが、株主から「議長、中内さんがあんまり寂しすぎる!拍手で送ってあげたい」との声があがり、再登壇した中内に満場の拍手が鳴り止まなかった。

その午後、退任する中内と新経営陣の高木邦夫がそろって記者会見を開いた。その席上、中内は完全に経営から退くことを表明。

その後は、自身が私財を投じて設立した流通科学大学を運営する学校法人中内学園学園長に専念。

2000年に流通科学大学では職員が大学籍になり、新神戸オリエンタルシティも、2004年に売却されダイエーの手から離れた。

2005年9月19日午前9時30分、脳梗塞(こうそく)のため神戸市内の病院で死去した。享年83歳。

特記事項

長年、ホークスのオーナーを勤めた中内だが、ダイエーグループの経営から完全に手を引いた時期に、次男の中内正に、自身が所有していたホークス株を1株1円にて譲渡した。その当時、「非上場株式であることを利用し不当に安く見積もった課税逃れではないか」といった批判などが各メディアで報道された。

◆ 中内功 / 家族

◇ 長男の中内潤は、現在は流通科学大学・学校法人中内学園の理事長。
◇ 次男中内正は、福岡ダイエーホークス元オーナーで、後に読売ジャイアンツオーナー顧問を務めた。
◇ 弟の中内力は神戸ポートピアホテルの創業者だった。

◆ A Related Words :
中内功のかばん持ち/中内功 画像/中内功 エピソード/中内功 人食/中内功 テレビ朝日/中内功 晩年/中内功 フィリピン/中内功 名言/中内功 アナウンサー/ダイエー 中内功/中内功 死去/中内 功 長男/中内功 ダイエーホークス/中内功 中内正/中内功 中内力/中内功 ローソン/中内功 プロフィール/中内功 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト