追悼の森 =三浦敬三さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】 著名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】  著名人訃報一覧 2006年 著名人訃報一覧 Ver.1
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

プロスキーヤー  三浦敬三 さん死去

2006年(平成18年)1月5日 死去 享年101歳

三浦敬三写真  

プロスキーヤー  三浦敬三 さん死去

日本のスキー界の草分け的存在であるスキーヤー 三浦 敬三(みうら けいぞう)さんが2006年(平成18年)1月5日19時52分、多臓器不全のため東京都文京区内の病院で死去した。101歳だった。

2004年(平成16年)2月には 99歳でモンブラン山系のヴァレブランシュ氷河からのスキー滑降を成し遂げ、同年9月にはスポーツ振興への貢献により内閣総理大臣表彰を受けた。葬儀は11日、東京都中野区中央の宝仙寺。喪主は長男でプロスキーヤーの雄一郎さん。

人物 / 略歴

三浦 敬三(みうら けいぞう、1904年(明治37年)2月15日 ~ 2006年(平成18年)1月5日)

青森県青森市に生まれる。日本のプロスキーヤー。

息子の三浦雄一郎、孫の三浦豪太(元オリンピックモーグル代表選手)もまた、スキーヤー、登山家であり エベレストの登頂に成功している。

◆ 略 歴

青森県立第三中学校(現 青森県立青森高等学校)、北海道帝国大学(北海道大学)農学部卒業。

北大在学中に八甲田山での山スキーに魅せられ、卒業後、青森営林局に勤務。

八甲田のフィルム記録にスキー滑降で参加した。

青森林友スキー部に所属し、選手、監督、部長を経験した。全日本スキー連盟の技術委員を務めたこともある。

1955年(昭和30年)、51歳で青森営林局を退職し、東京都練馬区に移住。この頃から海外の山々で多くのスキー滑降を行った。

山岳カメラマンとしても、数々の実績を残し、イタリア山岳写真ビエンナーレ展において、ピトリオ・セラ賞とバダカップ賞を受賞する。

還暦を過ぎてから海外での滑降を始め、70歳の時にヒマラヤ、77歳でキリマンジャロを滑降する。88歳の時には、アルプス・オートルートの完全縦走を果たす。

2004年2月には99歳でモンブラン山系のヴァレブランシュ氷河からのスキー滑降を成し遂げ、同年9月にはスポーツ振興への貢献により内閣総理大臣表彰を受けた。100歳では、アメリカのスノーバードで、親子孫曾孫の4世代での滑降を行い、話題を呼ぶ。

その後半生は青森を離れ東京で生活したが、故郷の八甲田山をこよなく愛し、八甲田山の山スキーシーズンであるゴールデンウィーク期間には必ず酸ヶ湯温泉に訪れ、山スキーを楽しんでいた。

2006年1月5日19時52分、多臓器不全のため東京都文京区内の病院で死去した。享年101歳。

特記事項

2004年9月にはスポーツ振興への貢献により内閣総理大臣表彰を受けた。

◆ 三浦敬三 / 著 書

◇ 「98歳、元気の秘密」 祥伝社 2002年
◇ 「百歳、山スキーと山岳写真に生きる」 草思社 2003年
◇ 「101歳の少年」 実業之日本社 2005年

◆ A Related Words :
三浦敬三健康法/三浦敬三 食生活/スキーヤー 三浦敬三/三浦敬三 ドリンク/三浦敬三の健康法/三浦敬三 父/スキー 三浦敬三/三浦敬三 動/画三浦敬三 写真/三浦敬三 エベレスト/三浦敬三 雄一郎/三浦敬三 三浦豪太/三浦敬三 プロフィール/三浦敬三 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト