追悼の森 =4代目柳家小せん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【や~ゆ~よ ・・・】 著名人訃報一覧【や~ゆ~よ ・・・】  著名人訃報一覧 2006年 著名人訃報一覧 Ver.23
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

4代目柳家小せん さん死去

2006年(平成18年)10月10日 死去 享年83歳

柳家小せん写真  

4代目柳家小せん さん死去

落語家 4代目 柳家 小せん(やなぎや こせん)さんが2006年(平成18年)10月10日午後10時23分、肺炎のため東京都足立区内の病院で死去した。83歳だった。

1961年(昭和36年)、真打ち昇進とともに4代目柳家小せんを襲名。ひょうひょうとしたキャラクターと芸風で知られ、テレビの演芸番組などでも活躍した。葬儀、告別式は13日、足立区綾瀬の千代田城北ホール。喪主は妻の飯泉シゲさん。

人物 / 略歴

4代目柳家 小せん(1923年7月24日 ~ 2006年10月10日)

東京都出身(別資料では新潟県出身ともされている)。本名は飯泉真寿男(いいずみ ますお)。落語家。

落語協会所属(理事)。出囃子は『せり』。父は同じく落語家で百面相の2代目柳家小満ん。

◆ 略 歴

1949年4月 - 9代目柳家小三治(後の5代目柳家小さん)に入門。前座名は小満輔。
1951年3月 - 二つ目に昇進し、柳家小きんに改名。
1961年9月 - 真打に昇進し、4代目柳家小せんを襲名。
2003年 - 5代目春風亭柳昇の死去により、当時最年長の落語家となる。
2004年11月24日 - 上野鈴本演芸場で演じた『道灌』が最後の高座になる。
2006年10月10日 - 午後10時23分、肺炎のため東京都足立区内の病院で死去した。享年83歳。

フジテレビ「お笑いタッグマッチ」のボケ役回答者で売れる。

中でも同番組で使用した「ケメ子」は流行語となり、「ケメ子の歌」等の流行歌が作られ、いずれもヒットした。

小せん自身、サイケデリック調ナンセンスソング「私がケメ子よ」の作詞を手掛けていた。

ひょっこりひょうたん島の「デタラメデス」声役でも有名。映画も何本か出演している。

特記事項

第二次世界大戦中は陸軍兵士としてインドネシア等に従軍。レース (手芸)を趣味としていた。

2010年9月に5代目鈴々舎馬風門下の鈴々舎わか馬が5代目柳家小せんを襲名した。

◆ 4代目柳家小せん / 得意としたネタ

◇ 『長屋の花見』
◇ 『道灌』
◇ 『替わり目』
◇ 『町内の若い衆』
◇ 『湯屋番』
など多数。

◆ A Related Words :
柳家小せん 4代目/柳家小せん 鈴々舎わか馬/柳家小せん プロフィール/柳家小せん 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト