追悼の森 =阿久悠さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2007年 著名人訃報一覧 Ver.24
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

作詞家  阿久悠 さん死去

2007年(平成19年)8月1日 死去 享年70歳

阿久悠写真  

作詞家  阿久悠 さん死去

「北の宿から」や「勝手にしやがれ」「UFO」など、昭和の歌謡曲黄金期を代表する作詞家として活躍した 阿久 悠(あく ゆう)さんが2007年(平成19年)8月8月1日午前5時29分、尿管がんのため東京都内の病院で死去した。70歳だった。

ヒット曲は数知れず、20世紀最大の作詞家といっても過言でなく 昭和歌謡黄金期を牽引した偉大な作詞家だった。葬儀は近親者のみで行う。後日、送る会を開く。喪主は妻の深田雄子さん。

人物 / 略歴

阿久 悠(あく ゆう、1937年2月7日 ~ 2007年8月1日)

兵庫県津名郡鮎原村(現:洲本市五色町鮎原)出身。本名は深田 公之(ふかだ ひろゆき)。放送作家。詩人。作詞家。小説家。

阿久悠のペンネームの由来は「悪友」から。長男は作曲家の深田太郎。

◆ 略 歴

両親とも宮崎県の出身。兵庫県立洲本高等学校卒業、明治大学文学部卒業。

広告代理店・宣弘社でコピーライター・CM制作を手がけながら、1964年(昭和39年)から放送作家としても活動。

1966年(昭和41年)に宣弘社を退職し、放送作家、作詞家としての活動を本格化させる。

歌詞の処女作はザ・スパイダースのグループ・サウンズデビュー曲「フリフリ」のB面である「モンキーダンス」。

本格デビューはザ・モップスの「朝まで待てない」。

その後、作詞家として数々のヒット曲を送り出す。生涯、作詞した曲は5,000曲以上。ジャンルは演歌、アイドル歌謡曲、フォークソング、コミックソング、アニメソング、CMソングと幅広い。

1980年代に入りニューミュージックのアーテストが台頭し彼等のつづった叙情よりも感性や実体験の詞が受けるようになり、さらに、後進の作詞家である松本隆や秋元康が台頭すると、以降は小説執筆や演歌の作詞などに比重を移した。

1982年(昭和57年)には『殺人狂時代ユリエ』で第2回横溝正史ミステリ大賞を受賞。
1997年に刊行された長編小説『ラヂオ』はその後ラジオドラマ化され、第38回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞を受賞する。
1997年(平成9年)、30年間にわたる作詞活動に対して、日本文芸振興会主催による第45回菊池寛賞を受賞。
1999年(平成11年)春、紫綬褒章を受章。
2000年(平成12年)10月、掌編小説集『詩小説』にて第7回島清恋愛文学賞を受賞。
2001年(平成13年)に腎臓癌を患い、同年9月12日に癌の摘出手術を受けた。

それ以後は癌治療を受けつつ、病身を押して活動を続けていたが、2007年(平成19年)8月1日午前5時29分、尿管癌のため東京都港区西新橋の東京慈恵会医科大学附属病院で死去。70歳没。戒名は「天翔院詞聖悠久居士」。

同年3月に行われた石川さゆりの「デビュー35周年 感謝の宴」に出席したのが最後の公の場となった。

特記事項

第2回横溝正史ミステリ大賞。第45回菊池寛賞受賞。紫綬褒章。旭日小綬章受章。

◆ 阿久 悠 / 日本レコード大賞 受賞歴

◇ 1971年「また逢う日まで」尾崎紀世彦
◇ 1976年「北の宿から」都はるみ
◇ 1977年「勝手にしやがれ」沢田研二
◇ 1978年「UFO」ピンク・レディー
◇ 1980年「雨の慕情」八代亜紀

◆ 阿久 悠 / 日本レコード大賞 作詩賞 受賞歴

◇ 1973年「ジョニィへの伝言」ペドロ&カプリシャス。「じんじんさせて」山本リンダ
◇ 1975年「乳母車」菅原洋一
◇ 1985年「夏ざかりほの字組」Toshi &Naoko(田原俊彦・研ナオコ)
◇ 1986年「熱き心に」小林旭
◇ 1990年「花(ブーケ)束」八代亜紀
◇ 1994年「花のように鳥のように」桂銀淑
◇ 1996年「螢の提灯」坂本冬美

◆ 阿久 悠 / 日本作詩大賞 受賞歴

◇ 1974年「さらば友よ」森進一
◇ 1976年「北の宿から」都はるみ
◇ 1977年「勝手にしやがれ」沢田研二
◇ 1981年「もしもピアノが弾けたなら」西田敏行
◇ 1982年「契り」五木ひろし
◇ 1984年「北の螢」森進一
◇ 1988年「港の五番町」五木ひろし
◇ 2002年「傘ん中」五木ひろし

◆ 阿久 悠 / 著 書

◇ 瀬戸内少年野球団 ( 文藝春秋 1983年1月)
◇ 瀬戸内少年野球団(続)(文藝春秋 1985年5月)
◇ 家族の神話 (講談社 1984年9月)
◇ グッドバイ―BN童子の青春(集英社 1990年4月)
◇ 家族元年 (文藝春秋 1992年2月)
◇ 恋文 (文化出版局 1997年4月)
◇ 夢を食った男たち - 「スター誕生」と黄金の70年代 (小池書院 1997年7月)
◇ 書き下ろし歌謡曲(岩波新書 1997年8月)
◇ 球心蔵 (河出書房新社 1997年12月)
◇ 愛すべき名歌たち(岩波新書 1999年7月)
◇ 詩小説 (中央公論新社 2000年1月)
◇ 文楽(ぶんがく)?歌謡曲春夏秋冬 (河出書房新社 2000年5月)
◇ ラヂオ (日本放送出版協会 2000年7月)
◇ ガラスの小びん(光村図書 2002年3月)
◇ 生きっぱなしの記 (日本経済新聞社 2004年5月)
◇ 歌謡曲の時代 歌もよう人もよう(新潮社 2004年9月)
◇ 「企み」の仕事術(男のVシリーズ) (ロングセラーズ 2006年7月)
◇ 清らかな厭世 - 言葉を失くした日本人へ (新潮社 2007年10月)

◆ A Related Words :
阿久悠 代表曲/阿久悠 時代おくれ/石野真子 阿久悠/阿久悠 歌詞/阿久悠 名曲/阿久悠 高校野球/阿久悠 年収/阿久悠 ドラマ/阿久悠 甲子園 詩/阿久悠 山口百恵/阿久悠 作詞/阿久悠 作品/阿久悠 名言/阿久悠 アルバム/阿久悠 物語/阿久悠 プロフィール/阿久悠 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト