追悼の森 =谷口千吉さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】  著名人訃報一覧 2007年 著名人訃報一覧 Ver.35
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

映画監督  谷口千吉 さん死去

2007年(平成19年)10月29日 死去 享年95歳

谷口千吉写真  谷口千吉訃報

訃報サイト

映画監督  谷口千吉 さん死去

女優の八千草薫さんの夫で映画監督の 谷口 千吉(たにぐち せんきち)さんが2007年(平成19年)10月29日午前9時39分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため東京都内の病院で死去した。95歳だった。

「銀嶺( ぎんれい)の果て」など アクション、娯楽作品を得意とし 1970年(昭和45年)の日本万国博公式記録映画の総監督を務めた。葬儀、告別式は近親者のみで行う。後日、お別れの会を開く。喪主は妻の八千草薫さん。

人物 / 略歴

谷口 千吉(たにぐち せんきち、1912年2月19日 ~ 2007年10月29日)

東京都出身。映画監督。妻は女優の八千草薫。

◆ 略 歴

東京府立第四中学校(現:東京都立戸山高等学校)卒業。

早稲田大学文学部英文科在学中は、千田是也、東野英治郎と演劇活動を行い左翼系新劇の演出家を目指すも弾圧を受けて中退。

1933年に助監督としてPCL(東宝の前身)に入社する。

1947年、山岳アクション映画『銀嶺の果て』で監督デビュー。これは三船敏郎の俳優デビュー作でもあり、山男の谷口が北アルプスでロケをしたことで、『キネマ旬報』ベスト・テン7位を獲得するなど高い評価を受けている。

「芸術の黒澤、娯楽の谷口」と謳われて、東宝ではアクション路線を担当した。

谷口本人があまり積極的に映画製作を行わなかった事や、私生活での問題などもあり、1950年代後半には会社から3年近く干された事もあった。

1970年の日本万国博公式記録映画の総監督を経て、1975年の『アサンテ サーナ』を最後に監督作品はなく、最後まで表立った活動は見られなかった。

2007年10月29日午前9時39分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため東京都内の病院で死去した。95歳没。

特記事項

私生活では3度の結婚を経験。脚本家の水木洋子(初婚)と女優の若山セツ子(再婚)とはいずれも破局。

1957年に3度目の妻として『乱菊物語』で共に仕事をした八千草を迎え2007年の逝去まで連れ添った。

68歳のときに自動車の運転免許を取得し、85歳まで八千草の送り迎えをするなど夫婦仲は円満であったという。

八千草との間に子供はなく、晩年(90歳ごろより)日常生活に車椅子が必要な状態であったというが二人の夫婦の絆は最後まで変わらなかった。

大学時代から登山に熱中し、日本山岳会会員でもあった。山歩きを趣味とした八千草ともども夫婦でたびたび登山を楽しんでいたという。

◆ 谷口千吉 / 主な監督作品

◇ 銀嶺の果て(1947年)
◇ ジャコ万と鉄(1949年)
◇ 暁の脱走(1950年)
◇ 愛と憎しみの彼方へ(1951年)
◇ 吹けよ春風(1953年)
◇ 赤線基地(1953年)
◇ 潮騒(1954年)
◇ 裸足の青春(1956年)
◇ 乱菊物語(1956年)
◇ 嵐の中の男(1957年)
◇ 国定忠治(1960年)
◇ 男対男(1960年)
◇ 紅の海(1961年)
◇ 紅の空(1962年)
◇ やま猫作戦(1962年)
◇ 大盗賊(1963年)
◇ 独立機関銃隊未だ射撃中(1963年)
◇ 馬鹿と鋏(1965年)
◇ 国際秘密警察 鍵の鍵(1965年)
◇ 国際秘密警察 絶体絶命(1967年)
◇ 奇巌城の冒険(1966年)
◇ カモとねぎ(1968年)
◇ 公式長編記録映画 日本万国博(1971年)
◇ アサンテ サーナ(劇場公開されず)

◆ A Related Words :
八千草薫 谷口千吉/谷口千吉 画像/アサンテ・サーナ 谷口千吉/映画監督 谷口千吉/谷口千吉 八千草薫/谷口千吉 日本万国博/谷口千吉 乱菊物語/谷口千吉 プロフィール/谷口千吉 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト