追悼の森 =稲尾和久さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2007年 著名人訃報一覧 Ver.36
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

野球評論家  稲尾和久 さん死去

2007年(平成19年)11月13日 死去 享年70歳

稲尾和久写真  

野球評論家  稲尾和久 さん死去

元西鉄(現:西武)ライオンズのエースで監督も務めた野球評論家の 稲尾 和久(いなお かずひさ)さんが2007年(平成19年)11月11月13日午前1時21分、悪性腫瘍(しゅよう)のため福岡市内の病院で死去した。70歳だった。

1958年(昭和33年)の日本シリーズでは巨人に3連敗しながら、稲尾の4連投で4連勝。奇跡の逆転日本一の主役を演じ「神様、仏様、稲尾様」と呼ばれた。1961年(昭和33年)にはシーズン最多タイの42勝を挙げた。同年10月30日、体調を崩し入院検査を受けていた。

人物 / 略歴

稲尾 和久(いなお かずひさ、1937年6月10日 ~ 2007年11月13日)

大分県別府市出身。プロ野球選手(投手)。監督。野球解説者、評論家。

通称「鉄腕」。愛称は「サイちゃん」。

◆ 略 歴

1937年、7人兄弟の末っ子に生まれる。

漁師を継がせたいと考えていた父親の意向で、幼い頃から艪を仕込まれ、海に出されていた。

都市対抗野球大会で全国制覇した別府星野組に憧れて野球を始めた。星野組は西本幸雄が監督兼選手として率いた実業団チームであり、優勝後にオープンカーで別府市内をパレードをした。

◆ 西鉄ライオンズ入団

1956年に大分県立別府緑丘高等学校(現:大分県立芸術緑丘高等学校)から西鉄ライオンズに入団した。

高校時代は全く無名の選手で、南海ホークスが獲得に動いていると知って初めて西鉄も獲得に乗り出したという。

入団当初は注目された選手ではなく、監督の三原脩も「稲尾はバッティング投手(打撃投手)として獲得した」と公言していた。

開幕戦(対大映スターズ戦)で11-0と西鉄が大量リードで迎えた6回表から、河村の後を継いで2番手としてプロ初登板し4回を無失点に抑えた。

最終的には1年目から21勝6敗、パ・リーグ記録の防御率1.06という成績を残し最優秀防御率と新人王のタイトルを獲得した。

◆ 神様、仏様、稲尾様

1957年にプロ野球記録となるシーズン20連勝を記録するなど35勝を挙げ、史上最年少でのリーグMVPに選出。1958年には33勝で史上初の2年連続MVPを獲得した。

読売ジャイアンツと対戦した日本シリーズでは、第1戦を稲尾で落とし、第2戦も敗戦。平和台球場に移動しての第3戦、稲尾を再び先発に立てるも敗れて3連敗と追い込まれた。

しかし翌日が降雨で試合が順延となった第4戦、三原監督は稲尾を先発投手に起用し、シリーズ初勝利。

第5戦にも稲尾は4回表からリリーフ登板し、シリーズ史上初となるサヨナラ本塁打を自らのバットで放ち勝利投手となった。

そして後楽園球場での第6・7戦では2日連続完投勝利し、逆転日本一を成し遂げた。

実に7試合中6試合に登板し、第3戦以降は5連投。うち5試合に先発し4完投。優勝時の地元新聞には「神様、仏様、稲尾様」の見出しが踊った。

中西や豊田、大下弘、仰木彬らと共に、3年連続日本一(1956年 ~ 1958年)を達成するなど、「野武士軍団」と呼ばれた西鉄黄金時代の中心選手として活躍した。

1962年8月25日、通算200勝を達成。25歳86日での達成は金田正一に次ぐ年少記録で、プロ入り7年目での達成は史上最速であった。

1963年、この年まで、プロ入りから8年連続で20勝以上を挙げ、「鉄腕」の名をほしいままにした。この8年間の平均登板数は66試合、平均の投球回数は345イニングである。

◆ 現役晩年

それまでの酷使がたたって肩を故障し、1964年はプロ入り後初めて1勝も挙げられないシーズンとなった。

1969年限りで現役を引退(実働14年)。

◆ 引退後

引退翌年から、ライオンズの監督に就任した。32歳での監督就任は専任監督として最年少である。

球団が西日本鉄道から福岡野球株式会社に売却される(太平洋クラブは、ネーミングライツによる冠スポンサー)という中で指揮をとり、3年連続最下位になるなど低迷した。

1974年シーズンオフに太平洋クラブライオンズ監督を退任する。

1975年からRKB毎日放送の解説者となる。主にRKBラジオでの太平洋クラブ・クラウンライター戦の解説を務めた。

1979年に知人の日本航空パイロットからの誘いで「日本航空棒球隊」総監督になり、何度も中国に赴き中国チームとの親善試合、技術指導をしていた。

1981年、中日コーチを辞任しRKB・TBSに復帰。1982年に大阪に移り、1983年まで朝日放送(ABCラジオ)で野球解説者を務めた。

1984年からロッテオリオンズ監督を務める。

埼玉県所沢市に移転したライオンズに替わり、ロッテを数年以内に福岡に移転させる条件で監督要請を受諾したが、移転は行われることなく、1986年限りで退任。

1987年にロッテオリオンズ監督を退任し、完全にユニフォーム生活から引退した。1993年に野球殿堂入り。

2007年10月2日、故郷の別府市に完成した別府市民球場内に「稲尾記念館」が開館した。記念館には稲尾が現役時代に使用したスパイクやトロフィー、写真などの資料が展示されている他、現役時代の稲尾の姿をかたどった銅像も建立されている。

10月30日に手足の痺れを訴え、福岡市内の病院に入院。当初は検査をしても原因が判明しなかったという。11月13日午前1時21分、悪性腫瘍のため死去。70歳没。

特記事項

没後、日本政府は、死去した11月13日付で稲尾に旭日小綬章を授与することを閣議決定した。

◆ 稲尾和久 / 著書

◇ 『臥薪嘗胆の戦士たち』(1985年5月、大阪教育図書)
◇ 『鉄腕一代 超人投手の豪快野球人生』(1993年7月、ベースボール・マガジン社)
◇ 『生まれ変わるピッチング 勝つための野球』(2001年7月、新星出版社)
◇ 『神様、仏様、稲尾様 私の履歴書』(2002年2月、日本経済新聞出版社)

◆ A Related Words :
稲尾和久 生家/稲尾和久 パワプロ/稲尾和久 画像/稲尾和久 死因/稲尾和久物語/稲尾和久 田中将大/稲尾和久 記録/稲尾和久 動画/稲尾和久 球速/稲尾和久 コントロール/稲尾和久 Wiki/稲尾和久 プロフィール/稲尾和久 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト