追悼の森 =ダン池田さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】  著名人訃報一覧 2007年 著名人訃報一覧 Ver.39
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

バンドマスター、指揮者  ダン池田 さん死去

2007年(平成19年)12月25日 死去 享年64歳

ダン池田写真  

バンドマスター、指揮者  ダン池田 さん死去

NHK「紅白歌合戦」などでバックバンドを指揮した人気バンドマスターの ダン 池田(ダン いけだ)さんが2007年(平成19年)12月25日午後7時15分、呼吸不全のため東京都品川区内の病院で死去した。64歳だった。

「故人の遺志で静かに眠らせてあげたかった」との遺族の意向から、訃報は死去から約2カ月後の2008年(平成20年)2月21日に公表された。葬儀は近親者のみで密葬を済ませた。喪主は妻の節子(せつこ)さん。

人物 / 略歴

ダン池田(だん いけだ、1935年4月11日 ~ 2007年12月25日)

旧朝鮮京城(現:ソウル)に生まれた。本名は池田 啓助。バンドマスター、指揮者、タレント。

◆ 略 歴

1935年4月11日、旧朝鮮京城(現ソウル)生まれ、終戦と同時に日本へ引き揚げた日本人である。

留萌高等学校を経て長野県松代高等学校卒業、中央大学経済学部を中退。

中央大学在学中からプロのバンド活動を開始。

1969年、「ダン池田とニューブリード」を結成。フジテレビ系「夜のヒットスタジオ」のカラー放送開始と同時に専属のバンドとして番組に抜擢される。

以後、夜ヒットと同じくフジテレビ系の「オールスター家族対抗歌合戦」、「スターどっきりマル秘報告」、「オールスター水泳大会」、「ズバリ!当てましょう」、NHKの「ひるのプレゼント」など、主にフジテレビ、NHKの音楽番組を中心に活躍した。

「NHK紅白歌合戦」では1972年~1984年まで指揮者を務めた。

◆ スキャンダルによる引退

1985年3月25日に月曜日放送の1時間版の「夜のヒットスタジオ」が最終回を迎えたのを区切りにバンドマスターを降板した。

理由は体調面、金銭面等を原因としている。

同年の11月には、告発本『芸能界本日モ反省ノ色ナシ』(第1弾・第2弾)をはまの出版から上梓。

ヒットスタジオの司会井上順、芳村真理を始め、田原俊彦、松田聖子など共演タレント達の愚痴や悪口、アイドル歌手の動静を綴った内容が話題になり、70万部のベストセラーになった。しかし、一方で暴露本と騒がれ、半ば追放される形で芸能界を引退した。

◆ 引退後

1990年代以降は懐かしの映像で「夜のヒットスタジオ」の映像が流れたり、単発で「あの人は今!?」等の番組に出演したりした以外、ダン池田の映像を見る機会がなくなった。

1997年当時、埼玉県で開業した「ダン池田の店」でマスターをつとめていた。

2007年12月25日午後7時15分、呼吸不全のため東京都品川区内の病院で死去した。72歳没。

特記事項

芸名の「ダン」は、生徒会長を務めていた高校時代、好きな女子と手を繋ぎたいがためにフォークダンスを開催し、「ダンス」と「本名の啓助」をつなげた「ダン助」というあだ名がついたことに由来するという。

「故人の遺志で静かに眠らせてあげたかった」との遺族の意向から、訃報は死去から約2カ月後の2008年2月21日に公表された。

◆ A Related Words :
ダン池田 芸能界本日モ反省ノ色ナシ 内容/ダン池田画像/ダン池田 松田聖子/ダン池田とニューブリード/きよしとこの夜 ダン池田/ダン池田 芸能界/本日モ反省ノ色ナシ/ダン池田 息子/芸能界本日も反省の色なし ダン池田/ダン池田 カラオケ教室/ダン池田 写真/ダン池田 プロフィール/ダン池田 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト