追悼の森 =城山三郎さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】 著名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】  著名人訃報一覧 2007年 著名人訃報一覧 Ver.9
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

作家  城山三郎 さん死去

2007年(平成19年)3月22日 死去 享年79歳

城山三郎写真  

作家  城山三郎 さん死去

経済小説の第一人者で「落日燃ゆ」「毎日が日曜日」などの著書で知られる作家の 城山 三郎(しろやま さぶろう)さんが2007年(平成19年)3月22日午前6時50分、間質性肺炎のため神奈川県茅ケ崎市内の病院で死去した。79歳だった。

1959年(昭和34年)、企業悪を暴いた「総会屋錦城」で直木賞を受賞。企業の内幕と人間模様を描き 経済小説ブームを担った。葬儀は親族のみで行う。後日、お別れの会を開く予定。喪主は長男の有一(ゆういち)さん。

人物 / 略歴

城山 三郎(しろやま さぶろう、1927年(昭和2年)8月18日 ~ 2007年(平成19年)3月22日)

愛知県名古屋市中区生まれ。本名は杉浦 英一(すぎうら えいいち)。小説家。

経済小説の開拓者であり、伝記小説、歴史小説も多く出している。

◆ 略 歴

名古屋市立名古屋商業学校(現:名古屋市立名古屋商業高等学校)を経て1945年(昭和20年)、愛知県立工業専門学校(現:名古屋工業大学)に入学。

理工系学生であったため徴兵猶予になるも大日本帝国海軍に志願入隊。海軍特別幹部練習生として特攻隊である伏龍部隊に配属になり訓練中に終戦を迎えた。

1946年(昭和21年)、東京産業大学(現:一橋大学)予科入学、1952年昭和27年)、改名された一橋大学(山田雄三ゼミナール)を卒業。卒業論文は「ケインズ革命の一考察」。

大学在学中に洗礼を受ける。

父が病気になったため帰郷し、岡崎市にあった愛知学芸大学(現:愛知教育大学)商業科文部教官助手に就任。担当は景気論と経済原論。後に同大学文部教官専任講師に就任。

1963年(昭和38年)6月、日本作家代表団(団長 木下順二)参加による訪中を機に愛知学芸大を退職し、以後、作家業に専念する。

2007年(平成19年)3月22日午前6時50分、間質性肺炎のため、茅ケ崎市の病院で死去。享年79歳。

特記事項

ペンネームの「城山三郎」は、名古屋市千種区の城山八幡宮に引っ越して来たことから付けたと本人は語っている。

◆ 城山三郎 / 受賞歴

◇ 1958年(昭和33年) - 『輸出』で第4回文學界新人賞。
◇ 1959年(昭和34年) - 総会屋錦城』で第40回直木賞。
◇ 1959年(昭和34年) - 『落日燃ゆ』で吉川英治文学賞、毎日出版文化賞。
◇ 1996年(平成8年) - 『もう、きみには頼まない 石坂泰三の世界』で第44回菊池寛賞。
◇ 2002年(平成14年) - 朝日賞。

◆ 城山三郎 / 主な著作

◇ 『メイド・イン・ジャパン』- かつて粗悪品の代名詞だった「Made in Japan」の刻印をめぐる輸出業者の苦悩を描く。
◇ 『総会屋錦城』(新潮文庫)
◇ 『男子の本懐』(新潮文庫)- 金解禁政策に賭けた濱口雄幸と井上準之助を描く。
◇ 『冬の派閥』(新潮文庫)- 幕末、尾張藩での派閥闘争、青松葉事件や、藩士の北海道移住を描いた。
◇ 『勇者は語らず』(新潮文庫)- 本田宗一郎をモデルとした人物を中心に自動車産業を描いた。
◇ 『本田宗一郎との100時間 -- 燃えるだけ燃えよ』(講談社文庫)でも取り上げている。
◇ 『秀吉と武吉 見上げれば海』(新潮文庫)瀬戸内の海賊大将村上武吉の生涯を描いた。
◇ 『官僚たちの夏』(新潮文庫)- 高度成長期における代表的通産官僚であった佐橋滋がモデル。
◇ 『逃亡者』(新潮文庫)
◇ 『乗取り』(新潮文庫)- 横井英樹が起こした「白木屋乗取り事件」がモデル。出版記念のパーティーに横井が乗り込んできた。
◇ 『わしの目は十年先が見える 大原孫三郎の生涯』(新潮文庫)
◇ 『人生の流儀』(新潮文庫)
◇ 『黄金の日日』(新潮文庫)- NHK大河ドラマ原作。
◇ 『大義の末』(新潮文庫)- 自伝小説
◇ 『指揮官たちの特攻 幸福は花びらのごとく』(新潮文庫)- 関行男と、最後の特攻隊員中津留達雄の生涯を描いた。
◇ 『一歩の距離 小説・予科練』(文藝春秋) 小説・予科練』(文藝春秋)
◇ 『忘れ得ぬ翼』(文秋文庫)太平洋戦争末期の飛行機と飛行機乗りたちを描く
◇ 『風雲に乗る』(角川文庫)
◇ 『一発屋大六』(角川文庫)
◇ 『百戦百勝 働き一両・考え五両』(角川文庫)- 山種証券の創業者・山崎種二がモデル。
◇ 『辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件』(角川文庫)
◇ 『華麗なる疾走』(集英社文庫)
◇ 『臨3311に乗れ』(集英社文庫)- 近畿日本ツーリストを描く。
◇ 『外食王の飢え』(講談社文庫)- ロイヤル創業者江頭匡一がモデル。
◇ 『価格破壊』(角川文庫)- ダイエー創業者中内功がモデル。価格破壊という言葉の語源はこの作品といわれている。
◇ 『男たちの経営』(角川文庫)- 花王創業者長瀬富郎を描く。
◇ 『零からの栄光』(角川文庫)- 新明和工業創業者川西竜三を描く。前身の川西航空機や紫電改などについても描かれている。
◇ 『男たちの好日』(新潮文庫)- 森コンツェルン創業者森矗昶がモデル。
◇ 『ビッグボーイの生涯 五島昇その人』(講談社文庫)
◇ 『もう、きみには頼まない 石坂泰三の世界』(文春文庫)
◇ 『粗にして野だが卑ではない 石田禮助の生涯』(文春文庫)
◇ 『落日燃ゆ』(新潮文庫)- 元内閣総理大臣・広田弘毅を描く。
◇ 『男の生き方』(文藝春秋)
◇ 『鼠 鈴木商店焼き討ち事件』(文春文庫)
◇ 『運を天に任すなんて 素描・中山素平』(光文社)
◇ 『雄気堂々』(新潮文庫)- 明治から昭和にかけての大実業家・渋沢栄一がモデル。
◇ 『気張る男』(文集文庫)- 明治期の関西の実業家・松本重太郎がモデル。
◇ 『盲人重役』(角川文庫)- 島原鉄道役員・宮崎康平がモデル。
◇ 『素直な戦士たち』(新潮文庫)
◇ 『うまい話あり』(文春文庫)ガソリンスタンド経営を描く
◇ 『今日は再び来らず』(講談社文庫)- 昭和50年代前半時期の三大予備校がモデルで、河合斌人らがモデル。
◇ 『友情 力あり』(講談社文庫)- 日米学生会議による宮澤喜一、奈良靖彦、苫米地俊博、山室勇臣らの交友。
◇ 『硫黄島に死す』(新潮文庫、1963年)- 『文藝春秋』 に発表。西竹一がモデル。
◇ 『毎日が日曜日』(新潮文庫、1976年)- 商社マンの左遷や定年を描く。そのタイトルは流行語にもなった。
◇ 『日本人への遺言』(講談社)- ノンフィクション作家高山文彦との対談の記録。
◇ 『そうか、もう君はいないのか』(新潮社、2008年)- 遺稿を再編集
◇ 『どうせ、あちらへは手ぶらで行く-「そうか、もう君はいないのか」日録』(新潮社、2009年)
◇ 『城山三郎と久野収の「平和論」』(七つ森書館、2009年)- 共著:久野収、編:佐高信
◇ 『逆境を生きる』(新潮社、2010年)- 講演録

◆ A Related Words :
城山三郎 創価学会/城山三郎 作品/城山三郎 ランキング/城山三郎 おすすめ/城山三郎 落日燃ゆ/城山三郎経済小説大賞/城山三郎 男子の本懐/城山三郎全集/城山三郎 特攻/城山三郎 輸出/城山三郎 容子/作家 城山三郎/城山三郎 長男/城山三郎 ドラマ/城山三郎 プロフィール/城山三郎 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト