追悼の森 =小達スエさん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2008年 著名人訃報一覧 Ver.10
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

故夏目雅子さんの母  小達スエ さん死去

2008年(平成20年)5月10日 死去 享年74歳

小達スエ写真  

故夏目雅子さんの母  小達スエ さん死去

故夏目雅子さんの母、小達 スエ(おだて すえ)さんが2008年(平成20年)5月10日午後8時58分、進行性核上性麻痺(しんこうせいかくじょうせいまひ)のため東京都港区内の病院で死去した。74歳だった。

白血病のため 27歳の若さで死去した娘、故夏目雅子さんの遺志を生かした「夏目雅子ひまわり基金」を設立するなどの活動を続けてきた。葬儀は14日、東京都文京区千駄木の在家日蓮宗浄風会館。喪主は長男の一雄さん。

人物 / 略歴

◆ 小達スエ(おだて すえ)

群馬県出身。旧姓は野村。

◆ 略 歴

料亭「あずま」を経営していた野村一郎、みきの三女として生まれる。

1953年、小達宗一氏と結婚。二男一女を儲ける。

長男の小達一雄は元プロゴルファー、実業家で、1992年、女優の田中好子と結婚。田中好子は2011年4月21日、乳がんのため死去している。

長女の女優、夏目雅子は1985年9月11日、急性脊髄性白血病により27歳の若さで死去した。

二男の小達敏昭はプロゴルファーである。

1980年、夫(47歳)の没後、小達家の家業であった東京、六本木の亀甲ビルなどの貸しビル業経営を引き継ぐ。

故夏目雅子の遺志を受け継ぎ、没8年後の1993年12月「夏目雅子ひまわり基金」を設立した。

また、夏目雅子13回忌を前に著書「ふたりの 雅子」を執筆し、女優になることを反対した母の葛藤と愛を綴った本を出版した。
これは、2007年、夏目雅子生誕50年にTBS系でドラマ化された。

2008年5月10日午後8時58分、進行性核上性まひのため東京都港区の病院で死去した。享年74歳。喪主は長男の一雄さんが務めた。

★ 進行性核上性麻痺とは

歩行障害とともに、四肢の硬直、動作緩慢、平衡障害といった症状が見られ、パーキンソン病と類似の病気と考えられている、嚥下困難や、中等度の痴呆なども加わる。中年以降に発症し4~7年で死亡することが多い。

◆ 小達家 家系

小達家の家系は、もともと徳川将軍家の御典医で、四ッ谷に薬草園を拝領していたという由緒ある家柄であった。明治になって「赤門堂」という薬草問屋を始め 昭和8年に株式会社 亀甲屋と改めた。

戦後、焼け出されて一から出直しとなったが、屋号は同じに雑貨屋として再スタートし、順調に成長。自宅兼店舗だった建物も、平屋から木造二階建て、さらに1967年には店舗は亀甲ビルとなり、高度経済成長とともに発展した。

特記事項

◆ 夏目雅子ひまわり基金

夏目雅子の闘病生活では、白血病の治療薬の副作用による脱毛に本人も家族も悩み、精神的苦痛を味わった。

1回目、2回目の化学療法で、脱毛を恐れて副作用の弱い薬を選び、積極的な治療を行わなったことが、死につながったとの母小達スエの強い後悔の念から、癌患者の闘病生活(特に脱毛の恐怖や、頭髪が抜けた後の患者の頭皮の負傷など)、寛解後の社会復帰を支援したいと、母スエを代表として小達一雄を中心に、彼女の遺産をもとにして癌患者へ無償でかつらを貸し出す組織、『夏目雅子ひまわり基金』が、1993年12月に設立された。

ひまわり基金では、かつらの無償貸し出しと、不要になったかつらをクリーニングや修繕して再利用する活動の他、「ひまわりカップ」というチャリティーゴルフ大会も企画しされた。

ドナーカードの登録や骨髄移植、エイズの正しい知識などの各種の啓発活動も合わせて行っている。

パンフレットや記念品には夏目雅子の他、田中好子なども起用された。

(財)骨髄移植推進財団のCMなど現在も夏目雅子が起用されている。なお、ひまわり基金では現在も活動を支援してくれる賛助会員を募集している。

◆ A Related Words :
小達スエ 画像/小達スエ 告別式/小達スエ Wiki/小達スエ 生年月日/小達スエ 田中好子/小達スエ 群馬/小達スエ 葬儀/夏目雅子 小達スエ/小達スエ ウィキペディア/夏目雅子の母親小達スエ/夏目雅子 進行性核上性麻痺/小達スエ プロフィール/小達スエ 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト