追悼の森 =日野てる子さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】 著名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】  著名人訃報一覧 2008年 著名人訃報一覧 Ver.20
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

ハワイアン歌手  日野てる子 さん死去

2008年(平成20年)9月9日 死去 享年63歳

日野てる子写真  

ハワイアン歌手  日野てる子 さん死去

「夏の日の想い出」などのヒット曲でハワイアンの女王として一世風びした歌手の 日野 てる子(ひの てるこ)さんが2008年(平成20年)9月9日午後11時35分、肺がんのため東京都杉並区内の病院で死去した。63歳だった。

1965年(昭和40年)、「夏の日の想い出」はレコード売り上げ100万枚を超えるヒット曲となった。ほかの代表曲に「南十字の星に泣く」「浜辺は夜だった」などがある。葬儀、告別式は近親者で行う。後日、しのぶ会を開く。喪主は夫の一ノ瀬 義孝(いちのせ よしたか)さん。

人物 / 略歴

日野 てる子(ひの てるこ、1945年7月13日 ~ 2008年9月9日)

愛媛県松山市出身。本名は一ノ瀬 輝子(いちのせ てるこ)。歌手。

所属事務所はハブ・マーシー。

◆ 略 歴

1962年、全日本ハワイアンコンテスト優勝をきっかけに1963年に上京。バッキー白片らに師事する。

1964年、ハワイアン歌手として日本グラモフォンよりデビュー。

代表曲は1965年に発表した「夏の日の想い出」。ハワイアンとは全く違う、スローテンポで哀愁のこもった曲であったが、ミリオンセラーとなった。ちなみにこの曲はもともとは「ワン・レイニーナイト・イン・トーキョー」のB面だった。サザンオールスターズの原由子がアルバム『東京タムレ』でカバーしている。

歌うときは長いストレートの黒髪にハイビスカスの花を1輪飾っており、その姿が彼女のトレードマークのようになった。

NHK紅白歌合戦に3回連続出場している。

1969年、作曲家・編曲家の一ノ瀬義孝と結婚したのを機に1970年で一時引退。1男1女を儲け家庭に専念していたが、子育てが一段落したのを見計らって1978年に歌手として現役に復帰し、活動を続けていた。

2003年12月に肺癌と診断され、以後入退院を繰り返すようになる。その間も活動は続けられたが、2007年12月を最後に休止。

2008年(平成20年)9月9日午後11時35分、肺がんのため東京都杉並区内の病院で死去した。63歳没。

特記事項

没後、第50回日本レコード大賞で特別功労賞が贈られた。

長女の一ノ瀬トニカ、長男の一ノ瀬響は、ともに音楽家として活動している。

◆ 日野てる子 / シングル

◇ 「星かげの浜辺/別れの磯千鳥」 SDR-1007
◇ 「砂の上の影絵/砂丘の花」 SDR-1026
◇ 「泣きぬれる夕陽に/爪をかむ少女」(A面は同名のテレビ映画主題歌) SDR-1042
◇ 「ワン・レイニーナイト・イン・トーキョー/夏の日の想い出」 SDR-1060 1965年発売
◇ 「北国の初恋/南の海が恋しいな」(A面はTBS田園ソング) SDR-1081
◇ 「南国の夜/月の夜は」 SDR-1090
◇ 「小さな竹の橋/カイマナ・ヒラ」 SDR-1091
◇ 「若い朝/そのことは云えない」 SDR-1123 (A面は連続テレビドラマ「寒い朝」主題歌、B面は同名のTBSドラマ主題歌)
◇ 「サビタの湖/ミモザの港」 SDR-1138 (A面はNHKきょうのうた)1965年発売
◇ 「港の丘に泪して/アルペン小唄」 SDR-1160
◇ 「さいはての湖/ふるさとが恋しいとき」 SDR-1187、1966年5月発売
◇ 「青山の灯も消えて/やさしく愛して」(A面は高城丈二とデュエット) SDR-1203、1966年7月発売
◇ 「道/水色の雨にぬれて」 SDR-1222、1966年9月発売
◇ 「霧の中のくちづけ/みんなさようなら」 SDR-1230、1966年11月発売
◇ 「島の別れ唄/瀬戸の子守唄」 SDR-1246、1967年1月発売
◇ 「浜辺は夜だった/恋の渚で」(B面の編曲は一ノ瀬義孝(夫)) SDR-1271、1967年5月発売
◇ 「南十字の星に泣く/海から来る人」(B面は朝日放送ホームソング)SDR-1292、1967年
◇ 「誰かしら/好きだと云って」(AB面共にロス・インディオスと) SDR-1319、1968年2月発売
◇ 「悲しい青空/夜の渚の君とぼく」 SDR-1336、1968年5月発売
◇ 「南の誘惑/云いだせなくて」 SDR-1356、1968年7月発売
◇ 「堂ヶ島慕情/青い汐風」 SDR-1397、1968年12月発売
◇ 「夕日のアベ・マリア」 DR-1619
◇ 「夏の終りに」「ヨットは白い帆をあげて」
◇ 「海ほうずきの想い出」「いつか来た道」
◇ 「サビタの湖」「星影の浜辺」(A面はNHKきょうの歌)
◇ 「海ほうずきの思い出」「南国の夜」
◇ 「しゃんしゃん花嫁」「夏の日の思い出」
◇ 「港の丘に泪して」「北国の初恋」
◇ 「サビタの湖」「若い朝」
◇ 「恋路」「別れ歌」
◇ 「赤い傘にひとり」「海はきらい」
◇ 「花びらの涙」「夢を呼ぶ渚」
◇ 「ユーアンド・ミーアンド・マイラブ」「女ごころ」
◇ 「なつかしの日本平」(ご当地ソング、片面)
◇ 「雨の出船」「シャンシャン花嫁」

◆ 日野てる子 / NHK紅白歌合戦出場歴

◇ 第16回 (1965年12月31日、東京宝塚劇場) 『夏の日の想い出』
◇ 第17回 (1966年12月31日、東京宝塚劇場) 『道』
◇ 第18回 (1967年12月31日、東京宝塚劇場) 『南十字の星に泣く』

◆ A Related Words :
日野てる子 肺がん/日野てる子 画像/日野てる子のヒット曲/夏の日の想い出 日野てる子/日野てる子 月の夜は/ユーチューブ ハワイアン日野てる子/ユーチューブ日野てる子/日野てる子 別れの磯千鳥/日野てる子 爪をかむ少女/日野てる子 南国の夜/日野てる子 プロフィール/日野てる子 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト