追悼の森 =筑紫哲也さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】  著名人訃報一覧 2008年 著名人訃報一覧 Ver.25
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

ジャーナリスト  筑紫哲也 さん死去

2008年(平成20年)11月7日 死去 享年73歳

筑紫哲也写真  

ジャーナリスト  筑紫哲也 さん死去

テレビのニュースキャスターとして長く活躍したジャーナリストの 筑紫 哲也(ちくし てつや)さんが2008年(平成20年)11月7日午後1時50分、肺がんのため東京都内の病院で死去した。73歳だった。

2007年(平成19年)5月に「筑紫哲也NEWS 23」の番組内で肺がんを告白した。その後、鹿児島県内の病院で治療を受けていたが今週に帰京していた。癌は全身に転移、数日前に容体が悪化したという。葬儀は近親者のみで行う。後日お別れの会を開く。喪主は妻の房子(ふさこ)さん。

人物 / 略歴

筑紫 哲也(ちくし てつや、1935年(昭和10年)6月23日 ~ 2008年(平成20年)11月7日)

大分県日田市に生まれる。ニュースキャスター、ジャーナリスト。

朝日新聞社記者、朝日ジャーナル編集長、TBSテレビ『筑紫哲也 NEWS23』メインキャスター、早稲田大学大学院公共経営研究科客員教授(専任扱い)、立命館大学客員教授、市民団体・自由の森大学「学長」等を歴任した。

また、雑誌 『週刊金曜日』編集委員、『潮賞』(雑誌 『潮』)「ノンフィクション部門」選考委員も務めていた。

◆ 略 歴

東京都立小山台高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。

卒業後は朝日新聞社に入社、政治部記者、琉球(現在の沖縄)特派員、ワシントン特派員、外報部次長、編集委員などを歴任した。

政治部時代には内閣総理大臣(当時)三木武夫の番記者を務め、自由民主党ハト派との人脈と親交を広げた。

朝日新聞外報部デスクとして『さて今週は、閑話・徹子と記者クラブ』(1977年(昭和52年)11月6日放送)にゲスト出演した後、1978年(昭和53年)4月から1982年(昭和57年)9月までテレビ朝日『日曜夕刊!こちらデスク』のメインキャスターを務めた。

1984年(昭和59年)から1987年(昭和62年)まで、雑誌『朝日ジャーナル』の編集長を務めた。

ニューヨーク勤務の1989年(平成元年)夏、TBSからの打診を受け朝日新聞社を退社。同年10月に『筑紫哲也 NEWS23』を開始する。

◆ 『筑紫哲也 NEWS23』キャスターとして

1989年(平成元年)10月から、TBSのニュース番組『筑紫哲也 NEWS23』のメインキャスターを務める。特にコラムコーナー「多事争論」が人気を集める。

彼のジャーナリストとしての社会的な発言には、毀誉褒貶・賛否両論あったが、ニュースキャスターとしての手腕はこの番組で確実となり、以降は『ニュースステーション』のキャスター・久米宏と並び民放ニュースキャスターの顔として広く認知された。

1995年(平成7年)の「TBSビデオ問題」(TBSのワイドショー『3時にあいましょう』のスタッフがオウム真理教幹部に坂本堤へのインタビュー映像を事前に視聴させた事実が発覚。

TBSに対して痛烈批判した。「身内に甘い」と評されるテレビ業界にあって、筑紫の一貫した報道姿勢は高く評価された。

◆ 晩 年

2007年(平成19年)5月14日放送の『NEWS23』で初期の肺癌であることを告白。治療に専念するため『NEWS23』への出演を一時休業した。

同年10月8日には休業後初めて番組に復帰。以降はスペシャルアンカーとして数ヶ月おきに番組へ出演。

最晩年には出演時にニット帽をかぶるようになった。

2008年(平成20年)に「テレビジャーナリズムの確立に多大の貢献をした」として日本記者クラブ賞を受賞。

2008年(平成20年)11月7日午後、肺癌のため東京都内の病院で死去した。享年73歳。法名は無量院釋哲也。

特記事項

ハイライトとマルボロの赤を1日3箱吸っていたというヘビースモーカーだった。
肺がんになって禁煙した後も、「一服できないと面白くない」「百害あって一利なしと言うけど、文化は悪徳が高い分、深い。」

「たばこは、人類が発明した偉大な文化であり、たばこの代わりはありませんよ。これを知らずに人生を終わる人を思うと、何とものっぺらぼうで、気の毒な気がしますね」「がんの原因はストレスで、たばこはきっかけにすぎない」と怯まなかった。

◆ 筑紫哲也 / 主な著書

◇ 『筑紫哲也の 乱世を生きよ!―大変な時代を生きるヒント』(日本経済新聞社)ISBN 4532162424
◇ 『筑紫哲也の この「くに」のゆくえ』(日本経済新聞社)
◇ 『沖縄がすべて』(照屋林助との共著。河出書房新社)
◇ 『筑紫哲也の世世世(ゆーゆーゆー) パート3』(沖縄タイムズ社)
◇ 『日本23時―今ここにある危機』(小沢書店)
◇ 『マイ・アメリカン・ノート ポトマックの両岸』(朝日新聞社)
◇ 『メディアの海を漂流して』(朝日文庫)
◇ 『若者たちの神々』1~4(朝日新聞社) - 1984年から1985年の若者たちの“神々(20-40代)”50人との対談集。
◇ 『若者たちの大神』(朝日新聞社) - 1986年から1987年の若者たちの“大神(50代以上)”22人との対談集。
◇ 『新人類図鑑』1・2(朝日文庫) 1986年刊 - 対談時10-20代の若者34人との対談集。
◇ 『元気印の女たち』(すずさわ書房) 1987年刊 - 39人の活躍する女性たちとの対談集。

◆ 筑紫を批判する文献

◇ 別冊宝島Real編集部『筑紫哲也「妄言」の研究-「NEWS23」、その印象操作&偏向報道の作られ方』
◇ 水間政憲『ニュースキャスター筑紫哲也を斬る‐このままテレビの偏向報道を許していいのか もはや中国、北朝鮮の代弁者か』
◇ 三輪和雄『偏なテレビの直し方―日本をダメにした久米宏と筑紫哲也』
◇ 中宮崇『天晴れ! 筑紫哲也NEWS23』

◆ A Related Words :
筑紫哲也 帰化/筑紫哲也 死因/筑紫哲也 韓国/筑紫哲也 肺がん/筑紫哲也 肺がんの種類/筑紫哲也 久米宏/筑紫哲也ニュース23/筑紫哲也 綾瀬はるか/筑紫哲也news23/筑紫哲也ルール/筑紫哲也 かつら/朝日新聞 出身 筑紫哲也/筑紫哲也 復帰/筑紫哲也 肺がん/筑紫哲也 病気/筑紫哲也 がん/筑紫哲也 帽子/筑紫哲也 プロフィール/筑紫哲也 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト