追悼の森 =加藤博一さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】 著名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】  著名人訃報一覧 2008年 著名人訃報一覧 Ver.3
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

元プロ野球選手、解説者  加藤博一 さん死去

2008年(平成20年)1月21日 死去 享年56歳

加藤博一写真  

元プロ野球選手、野球解説者  加藤博一 さん死去

プロ野球 阪神、横浜などで活躍した元プロ野球選手で野球解説者の 加藤 博一(かとう ひろかず)さんが2008年(平成20年)1月21日午後0時54分、肺がんのため横須賀市内の病院で死去した。56歳だった。

2006年(平成18年)に肺がんと診断され、翌年2月に左肺を摘出する手術を受けていた。その後、野球解説者としての仕事に復帰していたが、複数の箇所にがんの転移が見つかり入退院を繰り返していたという。

人物 / 略歴

加藤 博一(かとう ひろかず、1951年10月9日 ~ 2008年1月21日)

佐賀県多久市出身。 プロ野球選手(外野手)、野球解説者、タレント。

◆ 略 歴

多久工業高等学校(現:佐賀県立多久高等学校)から1970年、テスト生で西鉄ライオンズに入団した。

二軍暮らしが続き、公式戦の出場は1972年の3試合にとどまった。この間にスイッチヒッターに転向した。

1976年に阪神タイガースの鈴木照雄と五月女豊(後述する大洋時代に同僚となる)との2対2の交換トレードで片岡新之介と共に阪神タイガースに移籍し、レギュラーに定着。1979年に阪神と因縁のある江川卓に強い男として売り出した。

プロ入り後の初本塁打も甲子園球場初登板試合の江川から打ったものであり、翌年を含めて江川から3本の本塁打を放っている。

1983年に野村収との交換トレードで横浜大洋ホエールズに移籍すると2番打者に定着し、1985年には近藤貞雄監督の下、高木豊、屋鋪要と「スーパーカートリオ」を結成。

3人で3ケタの148盗塁を記録し、個人では48盗塁とリーグトップの39犠打を記録した。1986年には17年目で初のオールスター出場を果たす。この頃に左打ち一本に絞った。

目立った数字は残せなかったものの、そのキャラクターでファンや選手に親しまれ、1990年まで21年間の現役生活を送った。

現役引退後はフジテレビの野球解説者を務めたが、2006年に肺ガンと診断されてからは治療のため入退院を繰り返した。2007年2月には左肺を摘出していた。

その後は回復し、『すぽると!』や『CSプロ野球ニュース』などで活躍していたが、左足大腿骨にガンが転移。その後容態が悪化し、2008年1月21日午後0時54分、肺ガンのため横須賀市内の病院で死去。56歳没。法名は釋博仁。

特記事項

2008年4月12日の横浜対阪神戦(横浜スタジアム)は、「加藤博一氏追悼試合」として開催され、追悼セレモニーなどが執り行われた。

◆ 加藤博一 / タイトル

◇ ウエスタン・リーグ首位打者:1回(1974年)
◇ ウエスタン・リーグ盗塁王:2回(1976年、1977年)

◆ 加藤博一 / 記録

◇ オールスターゲーム出場:1回(1986年)
◇ 通算1000試合出場:1989年10月18日(291人目)

◆ 加藤博一 / 著書

◇ 『生き抜いた21年』(青谷舎,1991年)ISBN 4915822028

◆ A Related Words :
加藤博一 喫煙/びっくりラーメン 加藤博一/加藤博一 長男/加藤博一 告別式/加藤博一 Wikipedia/加藤博一 画像/加藤博一 応援歌/加藤博一 論文/加藤博一杯/加藤博一 ラーメン/加藤博一 たばこ/加藤博一 肺がん/加藤博一 タバコ/加藤博一 プロフィール/加藤博一 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト