追悼の森 =高英男さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】 著名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】  著名人訃報一覧 2009年 著名人訃報一覧 Ver.16
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

シャンソン歌手  高 英男 さん死去

2009年(平成21年)5月4日 死去 享年90歳

高英男写真  

シャンソン歌手  高 英男 さん死去

「雪の降る町を」や「枯葉」などの曲で知られるシャンソン歌手の草分け的存在として知られた 高 英男(こう ひでお)さんが2009年(平成21年)5月4日午前9時40分、肺炎のため千葉市内の病院で死去した。90歳だった。

サハリン(樺太)生まれ。2009年(平成21年)2月から体調を崩して千葉市内の病院に入院し 闘病生活を続けていた。葬儀、告別式は近親者で行う。後日、お別れの会を開く予定。喪主は姪の吉田 隆子さん。

人物 / 略歴

高 英男(こう ひでお、本名:吉田 英男、1918年10月9日 ~ 2009年5月4日)

樺太庁(現:サハリン)出身。歌手。俳優。

日本におけるシャンソン音楽普及の第一人者であり、フランス国内でも活躍した。独自のムードを醸し出す歌手、俳優として知られた。

◆ 略 歴

大正7年(1918年)10月9日、樺太泊居町生まれ。8人兄弟の末っ子。生後すぐ、母方の伯母の嫁ぎ先へ戸籍上だけ養子に。高は実家の姓。大陸名のような名前だが日本人である。実家・養家は共に製紙工場を経営しており、王子製紙の創立者の一人である。

11歳のとき、勉学のために樺太から単身東京へ出され、下谷の従弟のもとに身を寄せる。吉田の家が、浅草でも知られた顔だったため、映画・舞台を自由に見て回れた。

獨協中学校入学、卒業後武蔵野音楽学校へ進学。

昭和11年(1936年)、初舞台。ソロで3曲歌う。またその頃、コーラスグループ「コーロエーコー」に入団。最年少団員だった(なお最年長は東海林太郎)。

武蔵野入学後、一年強で日本大学へ転学。当時既に歌で稼いでいたため、学校側がうるさく言ってきていたのと、徴兵を遅らせるため、当時殆ど無い音楽科がある日大へ移ったというのが真相である。

昭和17年(1942年)、日大卒業。即、徴兵。大学出なので幹部候補生ということで少尉になるも、肺結核に罹り、即除隊。療養の傍ら、慰問に参加。

昭和20年(1945年)暮れにNHKの出演テストに合格、翌年よりNHK音楽番組に引っ張りだこ状態で出演。

昭和26年(1951年)、フランス・パリへ留学。ソルボンヌ大学に学ぶ。

昭和27年(1952年)、帰国。帰朝リサイタルでは、フランスから持ち帰った『愛の讃歌』『ロマンス』『詩人の魂』などを日本人では初めて披露する。

またこの年、作曲家の中田喜直からの指名で『雪の降る町を』を吹き込む。その後も『詩人の魂』『セ・シ・ボン』『パダム・パダム』など、シャンソンを次々吹き込む一方、日本劇場等の舞台にも多く出演する。日劇では昭和56年の閉館まで、トップスター扱いでほぼ毎年出演し、活躍する。

昭和44年末に、心臓の調子が思わしくなくフランスでの契約を更改せず帰国、日本での歌手活動に専念。

昭和47年春に、日本での契約を終えてフリーになっていたこともあり、再びパリへ行き、フランスでの歌手活動を始めるも神経性狭心症で倒れ、無念の帰国。以後約1年半に渡り、千葉県館山で療養生活を送る。昭和48年末から歌の仕事を徐々に再開。心臓の持病の為、この時期から俳優の仕事は一切断り、歌手業に専念。

昭和52年(1977年)から昭和61年(1986年)まで日本歌手協会理事を務める。

昭和57年(1982年)、国立劇場でポピュラー歌手としては初のワンマンショウ開催。なお、国立劇場では昭和62年(1987年)にも大劇場でリサイタルを行っている。

昭和60年(1985年)、63年(1988年)と心筋梗塞で倒れ大手術を受けるも奇跡的に回復し復帰している。またこの頃から平成5年(1993年)頃まで、淡谷のり子とジョイントショーを度々開催。

平成元年(1989年)、紫綬褒章受章。

平成3年(1991年)、日本シャンソン協会設立時には淡谷のり子と共に名誉顧問就任。

平成4年(1992年)、フランス文化勲章シュバリエ章受章。

平成7年(1995年)、勲四等旭日小綬章受章。

平成8年(1996年)、歌手生活六十周年記念リサイタル開催。

生涯を通じ、結核、狭心症、心筋梗塞の病魔に襲われ、晩年は老衰から歩行困難となるなど、健康状態は決して良好では無かったが、その影を全く感じさせない華やかなステージを繰り広げ、晩年も自身の老いを逆手に取るような飄々としたトークで聴衆を沸かせ続けた。 その姿は「まさに歌が命を支えている」と永六輔から評されている。

平成21年(2009年)5月4日午前9時40分、肺炎のため死去。90歳。

2009年2月より体調を崩して千葉市内の病院に入院し、闘病生活を続けていた。

特記事項

経済学者で日本大学第4代総長の呉文炳は従兄弟にあたる。

◆ 高 英男 / 賞歴

◇ 平成元年:紫綬褒章
◇ 平成4年:フランス文化勲章シュバリエ章
◇ 平成7年:勲四等旭日小綬章

◆ 高 英男 / 代表曲

◇ 雪の降る街を
◇ 枯葉
◇ ロマンス
◇ 幸福を売る男
◇ 三人のスリの唄
◇ 一人のスリの唄
◇ セ・シ・ボン
◇ 男と女
◇ パダム・パダム
◇ 詩人の魂
◇ 詩人が死んだ時

◆ A Related Words :
高英男 韓国/中原淳一 高英男/高英男 写真/高英男 画像/高英男 事務所/高英男 館山/高英男 生コン/高英男 Wiki/ロマンス 高英男/シャンソン歌手 高英男/高英男 シャンソン/高英男 雪の降る街を/高英男 枯葉/高英男 死亡/高英男 プロフィール/高英男 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト