追悼の森 =土居健郎さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】  著名人訃報一覧 2009年 著名人訃報一覧 Ver.25
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

精神医学者  土居健郎 さん死去

2009年(平成21年)7月5日 死去 享年89歳

土居健郎写真  

精神医学者  土居健郎 さん死去

「甘えの構造」などの著書で知られる精神医学者の 土居 健郎(どい たけお)さんが2009年(平成21年)7月5日午後3時27分、老衰のため死去した。89歳だった。

1971年(昭和46年)に発表した著書「『甘え』の構造」は、英語などにも翻訳されてベストセラーとなり、「甘え」という概念は文化人類学や社会学、心理学にも影響を与え、用語として定着した。葬儀は親族のみで行い、後日お別れの会を開く。喪主は長男の望(のぞむ)さん。

人物 / 略歴

土居 健郎(どい たけお、1920年3月17日 ~ 2009年7月5日)

東京都生まれ。精神科医、精神分析家。

東京大学名誉教授、聖路加国際病院診療顧問。

東京帝国大学医学部卒業後、米国メニンガー精神医学校、サンフランシスコ精神分析協会に留学。

著書『「甘え」の構造』は日本人の精神構造を解き明かした代表的な日本人論として有名であり、海外でも、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、韓国語、インドネシア語、タイ語で翻訳が出版されている。

◆ 略 歴 / 年譜

◇ 1942年 - 府立高等学校(旧制)を経て、東京帝国大学医学部卒業。陸軍軍医となる。
◇ 1957年 - 聖路加国際病院精神科医長
◇ 1971年 - 東京大学医学部保健学科精神衛生学教室教授
◇ 1979年 - 東京大学医学部医学科精神科教授兼任
◇ 1980年 - 国際基督教大学教授
◇ 1983年 - 国立精神衛生研究所長
◇ 2004年 - 土居健郎記念賞設置
◇ 2009年7月5日 - 老衰により死去した。89歳没。

特記事項

◆ 土居 健郎 / 著書

◇ 『精神療法と精神分析』 金子書房、1961
◇ 『精神分析と精神病理』 医学書院、1965
◇ 『精神分析』 創元社、1967 のち講談社学術文庫
◇ 『漱石の心的世界』 至文堂、1969 「漱石文学における「甘え」の研究」角川文庫
◇ 『「甘え」の構造』 弘文堂、1971
◇ 『「甘え」雑稿』 弘文堂、1975
◇ 『方法としての面接 臨床家のために』 医学書院、1977
◇ 『精神医学と精神分析』 弘文堂、1979
◇ 『表と裏』 弘文堂、1985
◇ 『「甘え」の周辺』 弘文堂、1987
◇ 『「甘え」さまざま』 弘文堂、1989
◇ 『信仰と「甘え」』 春秋社、1990
◇ 『時のしるし』 ティビーエス・ブリタニカ、1990
◇ 『注釈「甘え」の構造』 弘文堂、1993
◇ 『日常語の精神医学』 医学書院、1994
◇ 『「甘え」の思想』 弘文堂、1995
◇ 『聖書と「甘え」』 PHP新書、1997
◇ 『「甘え」理論と精神分析療法』 金剛出版、1997
◇ 『土居健郎選集(全8巻)』 岩波書店、2000
◇ 『続「甘え」の構造』 弘文堂、2001
◇ 『甘え・病い・信仰』 創文社、2001 (長崎純心レクチャーズ)
◇ 『臨床精神医学の方法』 岩崎学術出版社、2009

◆ 土居 健郎 / 翻訳

◇ 『精神分析への手引 理論と実際』 ローレンス・S.キュービー、日本教文社、1952
◇ 『脳と意識的経験の統一』 Sir John Eccles、吉田哲雄共訳、医学書院、1967
◇ 『神経症と創造性』 ローレンス・S.キュビー、みすず書房、1969
◇ 『私の好きな言葉 思想家と詩人の言葉』 ヘルマン・ホイヴェルス、エンデルレ書店、1974
◇ 『時の曲り角』 H.ホイベルス、中央出版社、1976
◇ 『ホイヴェルス神父のことば キリスト教と日本の一つの出会い』 戸川敬一共編、弘文堂、1986
◇ 『癒し人のわざ 医療の新しいあり方を求めて』 エリック・J.キャッセル、大橋秀夫共訳(改訂版)、新曜社、1991
◇ 『ホイヴェルス神父日本人への贈り物』 H.ホイヴェルス、森田明共編、春秋社、1996

◆ A Related Words :
土居健郎 甘えの構造/土居健郎 クリスチャン/土居健郎 甘え/土居健郎の著書/土居健郎 Wiki/土居健郎著/土居健郎 精神医学/土居健郎 プロフィール/土居健郎 経歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト