追悼の森 =北重人さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】 著名人訃報一覧【か~き~く~け~こ】  著名人訃報一覧 2009年 著名人訃報一覧 Ver.35
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

作家  北 重人 さん死去

2009年(平成21年)8月26日 死去 享年61歳

北重人写真  北重人訃報

訃報サイト

作家  北 重人 さん死去

時代小説家の 北 重人(きた しげと)さんが2009年(平成21年)8月26日午後1時12分、胃がんのため千葉県松戸市内の医療施設で死去した。61歳だった。

山形県酒田市出身で、故郷を舞台にした時代小説「汐(しお)のなごり」が今年1月、直木賞候補作となった。昨年、胃がんのため胃を全摘出していた。今夏、肝臓への転移が見つかり入院治療を受けていた。葬儀、告別式は30日、東村山市本町の長坂式典センター。喪主は妻の牧子さん。

人物 / 略歴

北 重人(きた しげと、1948年1月3日 ~ 2009年8月26日)

山形県酒田市生まれ。本名は渡辺 重人(わたなべ しげひと)。小説家。

◆ 略 歴

山形県立酒田東高等学校、千葉大学工学部建築学科卒。

一級建築士資格取得後、株式会社LAU都市施設研究所(現:LAU公共施設研究所)設立。

造園、都市計画のコンサルタント業務の傍ら執筆活動を続けていたが、妻や友人の勧めもあり、短編『陽ざかりの棗(なつめ)』をオール讀物新人賞に応募。最終選考まで残るが、決選投票で山本一力著『蒼龍』に敗れる。

1999年、『超高層に懸かる月と、骨と』で第38回オール讀物推理小説新人賞を受賞。

2001年、『蒼火』が第8回松本清張賞の候補作に。

2004年、思い入れのある『蒼火』を世に出すため執筆した続編『天明、彦十店始末』が、第11回松本清張賞の最終候補になった。

このとき、決選投票で山本兼一著『火天の城』に敗れるが、選考委員の大沢在昌と伊集院静の強い推薦により、出版が決定。異例の作家デビューとなる。
出版時に伊集院静の案で『夏の椿』と改題。前日譚である『蒼火』も2005年には、めでたく出版の運びとなる。

2007年、『蒼火』で第9回大藪春彦賞を受賞。

2009年、 『汐のなごり』で第140回直木賞候補。

2009年8月26日午後1時12分、胃がんのため千葉県松戸市内の医療施設で死去した。享年61歳。

特記事項

◆ 北 重人 / 主な作品リスト

◇ 夏の椿 (2004年)文藝春秋 (2008年)文春文庫
◇ 蒼火 (2005年)文藝春秋 (2008年)文春文庫
◇ 白疾風 (2007年)文藝春秋 (2010年)文春文庫
◇ 月芝居 (2007年)文藝春秋
◇ 汐のなごり (2008年)徳間書店 (2010年)徳間文庫
◇ 鳥かごの詩 (2009年)小学館
◇ 火の闇 飴売り三左事件帖 (2009年)徳間書店
◇ 夜明けの橋 (2009年)新潮社

◆ A Related Words :
北重人 汐のなごり/北重人 直木賞/北重人 プロフィール/北重人 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト