追悼の森 =中川昭一さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】 著名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】  著名人訃報一覧 2009年 著名人訃報一覧 Ver.38
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

元財務相  中川昭一 さん死去

2009年(平成21年)10月4日 死去 享年56歳

中川昭一写真  

元財務相  中川昭一 さん死去

財務大臣や自民党政務調査会長などを歴任した 中川 昭一(なかがわ しょういち)さんが2009年(平成21年)10月4日朝、東京都世田谷区下馬の自宅2階にある書斎兼寝室のベッドでうつぶせの状態で死亡しているのが見つかった。救急隊員が午前8時27分、死亡を確認した。56歳だった。

救急搬送先で死亡が確認されたが、実際の死亡日時は発見前日の10月3日と推測されている。目立った外傷はなくベッド上に嘔吐した跡があり、アルコールの成分も検出された。病院から処方された睡眠薬を服用しており死因は循環器系の持病の可能性があるとみられている。

人物 / 略歴

中川 昭一(なかがわ しょういち、1953年(昭和28年)7月19日 ~ 2009年(平成21年)10月3日)

東京都渋谷区宮代町(現:渋谷区広尾)に生まれる。(父一郎は、新婚間もなく東京に赴任していた。)本籍地は北海道広尾郡広尾町。政治家。

北海道第5区、小選挙区比例代表並立制導入後は北海道第11区から選出され、2009年(平成21年)に落選するまで、連続8期を務めた。

農林水産大臣、経済産業大臣、財務大臣、内閣府特命担当大臣(金融担当)を歴任したほか、党三役では自民党政務調査会長を歴任した。

◆ 略 歴

当時北海道開発庁に勤務していた中川一郎と、その妻 貞子の長男として、東京都渋谷区宮代町(現在の渋谷区広尾)に生まれた。本籍地は、北海道広尾郡広尾町。父一郎は、新婚間もなく東京に赴任していた。

昭一は兎唇の障害を持って誕生したため、幼児期と大学卒業後の2度にわたり、手術を受けている。

◆ 学生時代 / 銀行員時代

新宿区立落合第一小学校から麻布中学校・高等学校に進学した。

現役受験後には慶應義塾大学経済学部へ入学したものの約1年間で退学、高校卒業から2年を経た1974年(昭和49年)、東京大学文科I類に再入学し、同大学法学部政治学科に学んだ。

大学卒業後の1978年(昭和53年)4月、中川は日本興業銀行に入行、その後約5年間に渡って同行に勤めた。

◆ 父の急死 ~ 政界入り

1983年(昭和58年)1月、自由民主党衆議院議員在職中だった父・一郎が急死する。

翌月銀行を退職し、同年12月に行われた第37回衆議院議員総選挙に、自由民主党の公認を得て北海道第5区から立候補した。弔い選挙となったこの選挙には、父・中川一郎の側近として秘書を務めていた鈴木宗男も立候補。2人による後継争いは、マスコミから「骨肉の争い」と書き立てられた。

この選挙で中川はトップ当選し、自由民主党の公認が得られなかった鈴木も下位で初当選した。

就任後は石原慎太郎率いる自由革新同友会(旧中川一郎派)に所属、その後は清和会→ 亀井グループ→ 志帥会と歩み、農水系・保守派の有力議員としての地歩を築くことになる。

◆ 農林水産大臣 初入閣

1998年(平成10年)に小渕内閣が発足すると、中川は農林水産大臣として初入閣し、その後小渕内閣第1次改造内閣まで同職を務めた。

◆ 経済産業大臣 - 小泉改革 / 政調会長 - 安倍内閣

2003年(平成15年)5月に組閣された小泉再改造内閣で経済産業大臣に就任し、同職には2005年(平成17年)10月まで留まった。

2006年(平成18年)の自由民主党総裁選挙では、当時内閣官房長官だった安倍を支持し、安倍総裁誕生の後には同党政調会長に就任した。

翌2007年(平成19年)、8月の安倍改造内閣人事ないし自民党役員人事では重要ポストへの起用が確実視されていたが、結果的には入閣や党重要役員への就任はなかった。

◆ 財務・金融担当大臣 - 麻生内閣

2008年(平成20年)9月、首相・福田康夫は唐突に辞意を表明、2年連続での自由民主党総裁選挙が行われることとなった。

選挙の結果、4人の対立候補を退けて麻生が当選、麻生内閣が組閣され、中川は財務大臣兼内閣府特命担当大臣(金融担当)に就任した。

翌年2月、中川はG7の財務大臣・中央銀行総裁会議出席のためにイタリア・ローマを訪れたが、この会議の後の記者会見における、呂律が回っていない、酩酊しているかのような姿が注目された。

この様子は各メディアで大きく取り上げられ、猛批判を浴びることとなった中川は釈明を行ったが、3日後には大臣職を辞すこととなった。

◆ 議員失職

2009年(平成21年)8月、第45回衆議院議員総選挙が行われ、中川は現職選挙区であった北海道第11区から再選を目指して立候補した。選挙結果は民主党候補の現職議員・石川知裕(翌2010年1月に政治資金規正法違反で逮捕)に敗れての落選であった。

また、比例北海道ブロックにおいて惜敗率3位だった中川は、比例代表区での復活当選も得られず、議員失職した。

翌月中川は、自身のウェブサイトで、「今後新たに決意を持って進んでいきます。発信していきます。『日本が危ない』から」と記したものの、健康は優れず、腰痛や風邪に悩まされるとともに、不眠症のため睡眠薬を服用する状況であったという。

◆ 急 死

同年10月4日、東京都世田谷区の私邸2階の寝室で倒れているところを、郁子夫人によって発見された。

東京消防庁による救急搬送先で死亡が確認されたが、実際の死亡日時は発見前日の10月3日と推測されている。

死因について、その後遺族は弔問客に急性心筋梗塞と説明していたとされるが、実際の死因の特定は行政解剖の結果待ちとなった。

通夜と告別式は2009年(平成21年)10月8日・9日に東京都港区元麻布の麻布山善福寺にて自民党と中川家の合同葬として執り行われ、自民党安倍元首相、麻生前首相、民主党鳩山首相(当時)等多くの政界関係者も参列した。

「天皇陛下より勅使が午前九時半に訪れ、祭粢料(さいしりょう)が届きました」と、アナウンスがあり祭壇中央に、飾られていた。

特記事項

超党派の北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟の会長を務めた。

◆ 中川 昭一 / 受賞 ・ 受章

◇ 2006年(平成18年)5月26日 - フランス農事功労章のコマンドゥール(L’ordre du Merite agricole, Commandeur)受章。
◇ 2009年(平成21年)10月3日 - 正三位に叙され、旭日大綬章を受章。

◆ 中川 昭一 / 著書

◇ 『飛翔する日本』 講談社インターナショナル 2008年 ISBN 4770041047
◇ 『日本を守るために日本人が考えておくべきこと』 PHP研究所 2008年 ISBN 4569701833
◇ 『どうした、日本 -中川昭一と宋文洲の不愉快な対話-』 ダイヤモンド社 2008年 ISBN 4478082685

◆ A Related Words :
中川昭一 死の真相/中川昭一 死因/中川昭一 真理子/中川昭一 泥酔/中川昭一 酒/口唇口蓋裂 中川昭一/中川昭一 辛坊治郎/中川昭一 息子/中川昭一 消された/中川昭一 越前谷知子/中川昭一 夫人/中川昭一 動画/中川昭一 Wiki/中川昭一 政調会長/中川昭一 父/中川昭一 YouTube/中川昭一 プロフィール/中川昭一 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト