追悼の森 =杉浦正雄さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】 著名人訃報一覧【さ~し~す~せ~そ】  著名人訃報一覧 2009年 著名人訃報一覧 Ver.43
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

矢切の渡しの元船頭  杉浦正雄 さん死去

2009年(平成21年)10月19日 死去 享年85歳

杉浦正雄写真  

矢切の渡しの元船頭  杉浦正雄 さん死去

千葉県と東京都の境を流れる江戸川下流で唯一残る渡船「矢切の渡し」の 3代目船頭を担った 杉浦 正雄(すぎうら まさお)さんが2009年(平成21年)10月19日午前9時45分、老衰のため死去した。85歳だった。

江戸時代から続く「矢切の渡し」の伝統を受け継ぎ、2004年(平成16年)の引退まで活躍した。映画「男はつらいよ」の舞台となり、映画にも出演した。1999年(平成11年)、松戸市民栄誉賞を受賞した。葬儀、告別式は22日、昭和セレモニー矢切儀式殿。喪主は妻のミヨ子さん。

人物 / 略歴

杉浦 正雄(すぎうら まさお)1923年(大正12年)生まれ。千葉県松戸市矢切出身在住。

父親の跡を継ぎ、1948年から江戸川下流の松戸市矢切と東京都葛飾区柴又を結ぶ渡し船「矢切の渡し」の船頭を務めた。

また、映画「男はつらいよ」の舞台となり、歌謡曲「矢切の渡し」も話題になった。

2004年に引退し、4代目杉浦勉さん(昭和32年生まれ)に引き継がれた。

◆ 矢切の渡し

= 葛飾、柴又散策 案内文より =

矢切の渡しの歴史は古く、元和2年(1616年)幕府は利根川系河川の街道筋の重要な地点15箇所を定船場として指定。それ以外の地点では河を渡る事を禁止した。それは箱根の関所並に厳しかった。そのひとつが矢切の渡しで、この付近を通る国分道に架かる渡しで、主に近郷の農民が対岸の農耕地へ渡るために利用された。

対岸は戦国時代、小田原北条氏と安房の里見氏の一大合戦を交えた古戦場で、伊藤左千夫の「野菊の墓」の舞台となり、 ヒット曲「矢切の渡し」を生んだ地としても有名である。

都内に残る唯一の渡し船で、今も昔ながらの手漕ぎの和船が対岸の松戸市下矢切との間を往復している。

現在は息子の「杉浦勉さん」(昭和32年生まれ)が櫓を漕ぎ「矢切の渡し」の歴史を今も引き継いでいる。

特記事項

1999年8月、江戸時代から続く矢切の渡し船の伝統を受け継ぎ、船頭として長年にわたり矢切の渡しの保存に尽力し、全国にも名高い観光名所として、松戸市の名を広めたして 松戸市民栄誉賞を授与された。

◆ A Related Words :
杉浦正雄 千葉県松戸市/杉浦正雄 矢切の渡し/杉浦正雄 船頭/杉浦正雄 プロフィール/杉浦正雄 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト