追悼の森 =山本小鉄さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【や~ゆ~よ ・・・】 著名人訃報一覧【や~ゆ~よ ・・・】  著名人訃報一覧 2010年 著名人訃報一覧 Ver.33
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

元プロレスラー  山本小鉄 さん死去

2010年(平成22年)8月28日 死去 享年68歳

山本小鉄写真  

元プロレスラー  山本小鉄 さん死去

元プロレスラーで新日本プロレスの顧問だった 山本 小鉄(やまもと こてつ)さんが2010年(平成22年)8月28日午前6時42分、家族旅行先の軽井沢で意識不明になり低酸素性脳症で死去した。68歳だった。

神奈川県横浜市出身。1963年(昭和38年)、日本プロレスに入門し、星野勘太郎さんとタッグチーム「ヤマハ・ブラザーズ」を結成。日米を舞台に活躍した。1980年(昭和55年)に引退した後は後進の育成に当たり、厳しい指導の「鬼軍曹」として名選手を排出した。

人物 / 略歴

山本 小鉄(やまもと こてつ、1941年10月30日 ~ 2010年8月28日)

神奈川県横浜市南区出身。本名は山本勝(やまもと まさる)。元プロレスラー

新日本プロレス所属。タレントとしても活動、芸能事務所インターテイク所属であった。現役引退後は、解説者・レフェリー、マッチメイカーとして活躍した。

◆ 略 歴

横浜市立横浜商業高等学校卒業。

東海金属工業に勤務しながらYMCAでボディビルに打ち込み、1963年に日本プロレスに入門、力道山最後の弟子となった。同年7月19日に北沢幹之戦でデビューした。

1964年10月31日、宮城県石巻市での日本プロレスでの興行では、ザ・グレート・カブキ(当時のリングネームは高千穂明久)のデビュー戦の相手を務めている。

1967年1月、星野勘太郎とともにアメリカ遠征に出る。

1971年12月、アントニオ猪木が日本プロレスを追放されると猪木に協力し、翌年の新日本プロレス旗揚げを実現させた。

1979年1月、「ヤマハ・ブラザーズ」として国際プロレスに乗り込み、グレート草津・マイティ井上組を破ってIWA世界タッグ王座を獲得した。この時期の異名は人間爆弾であった。

1980年4月4日の引退後は、レフェリー(後に審判部長)を務める傍ら、同団体道場のコーチや新日本プロレス学校の校長を歴任し、鬼コーチ、鬼軍曹と呼ばれながら若手レスラーを育てた。

また新日本プロレス本体では企画宣伝部長を務めたり、関連会社の新日本プロレスサービスの代表取締役社長も務めたこともある。

その後、永田裕志、中西学ら「TJ軍」後見人のほか、J sports ESPNで放送されている「新日本プロレス S.X.W」の解説を務めた。

2010年8月24日、家族旅行先の軽井沢で意識不明になり、8月28日、低酸素性脳症のために死去。68歳没。

特記事項

リングネームは豊登の命名であった。

◆ 山本小鉄 / 著書

◇ 『ザ・ストロング・スタイル』 1983年
◇ 『小鉄・古舘の愛してるぜプロレス』 1984年
◇ 『あっ、ちょっと待ってください』 1984年
◇ 『闘魂プロレス 決定版 小鉄の選んだベストバウト!』 実業之日本社、1985年、ISBN 4-408-39314-2
◇ 『いちばん強いのは誰だ』 講談社、1997年、ISBN 4-06-208890-8
◇ 『人間爆弾発言』 勁文社、2000年、ISBN 4-7669-3628-0
◇ 『プロレス金曜8時の黄金伝説』 講談社、2005年、ISBN 4-06-213059-9
◇ 『山本小鉄の人生大学プロレス学部』 実業之日本社、2008年、ISBN 4-408-45188-6
◇ 『日本魂』 講談社(前田日明との共著) 2009年

◆ A Related Words :
山本小鉄 死因/山本小鉄 前田日明/山本小鉄 クーデター/上田馬之助vs山本小鉄/山本小鉄 エピソード/真壁刀義 山本小鉄/山本小鉄 ビール瓶/山本小鉄 とんねるず/古舘伊知郎 山本小鉄/山本小鉄 画像/山本小鉄 子/山本小鉄 告別式/山本小鉄 プロフィール/山本小鉄 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト