追悼の森 =大沢啓二さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2010年 著名人訃報一覧 Ver.39
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

元日本ハム監督  大沢啓二 さん死去

2010年(平成22年)10月7日 死去 享年78歳

大沢啓二写真  

元日本ハム監督   大沢啓二 さん死去

元プロ野球選手で監督、野球解説者を務めた 大沢 啓二(おおさわ けいじ)さんが2010年(平成22年)10月7日午前7時25分、胆のうがんのため東京都内の病院で死去した。78歳だった。

大沢親分の愛称で親しまれ、晩年はテレビのコメンテーターとして活躍し 独特なコメントで「喝 !」と叫ぶフレーズで人気を呼んでいた。近年は体調を崩していたがテレビで元気な姿を最近までみせていた。

人物 / 略歴

大沢 啓二(おおさわ けいじ、1932年3月14日 ~ 2010年10月7日)

神奈川県藤沢市出身。本名は大沢 昭(おおさわ あきら)。 元プロ野球選手(外野手)、監督、野球解説者。

「大澤」と表記されることもある。旧名は大沢 昌芳(おおさわ まさよし)。愛称は「親分」あるいは「大沢親分」「大沢の親分」。

◆ 略 歴

学生時代は悪童で鳴らし、神奈川県立平塚工業学校(現:神奈川県立平塚工科高等学校)に入学するも、地元で起こした暴力事件が原因で中退。

平塚工業学校を中退後、兄の大沢清の斡旋で清の母校である神奈川県立商工高等学校に編入し、野球を始める。

3年生時の1951年、全国高等学校野球選手権神奈川大会の試合で、審判を他の選手1名とともに蹴りつけてしまう。この結果、神奈川商工高は1年間の出場停止処分を受けた。

後日、大沢が蹴りつけた審判が自宅を訪れ、自分が立教大学硬式野球部関係者であると名乗った上で、「君のような野球がうまくて元気のある選手が立教大学には必要なんだ」とスカウトした。これを受けて、野球部推薦で立教大学文学部へ進学。

東京六大学リーグ通算94試合出場、314打数80安打、打率.255、2本塁打、32打点。ベストナイン2回。2学年下の後輩に、後に「立教三羽烏」と呼ばれる長嶋茂雄、杉浦忠、本屋敷錦吾がいた。

◆ プロ野球 / 現役時代

1956年に南海ホークスに入団。

南海への入団には長嶋・杉浦の両選手獲得のためのパイプとしての期待も込められており、南海は大沢を通じて長嶋に当時の大学初任給をはるかに超える額を栄養費として渡すことになる。

しかし、栄養費としてではなく善意のおごりという形をとっていたため、後に事態を把握した長嶋は反発。長嶋は最終的に読売ジャイアンツに入団(支給された栄養費の全額も返金)、一方長嶋から誘われて南海入りを決めた杉浦は、鶴岡への仁義を通すとしてそのまま南海へ入団した。大沢はこの事件以降長年に渡り長嶋を裏切り者として敵視した。

プロ選手としては頭脳的な守備で鳴らし、とりわけ1959年の日本シリーズ第3戦では、4連投4連勝の杉浦と共に日本一に貢献した。

1965年に東京オリオンズに移籍し、同年限りで現役引退。

◆ プロ野球 / 監督時代

引退後は、1966年から1969年まで東京・ロッテ打撃コーチ、1970年はロッテ二軍監督を務め、1971年7月24日に一軍監督の濃人渉と交代する形で監督に就任。5年の長期契約を結ぶ。

1972年は5位に低迷し、シーズン終了後に5年契約を破棄・解雇される。

1973年から1975年までラジオ関東(現:RFラジオ日本)の解説者を務めた。

1975年(昭和50年)のオフに、日本ハムファイターズ球団社長の三原脩から監督就任の要請を受ける。監督就任にあたって背番号は86に決まる。

1976年から1983年まで監督を務め、1981年には19年ぶりのリーグ優勝を果たす。

1982年、西武ライオンズ監督に広岡達朗が就任し、選手の食事療法まで踏み込む「超管理野球」を標榜すると「草ばっかり食ってヤギさんじゃあるめえし」と噛みつきマスメディアの話題を呼んだ。当時はまだマイナー扱いされていたパ・リーグの人気盛り上げに一役買った功績は大きい。

1984年より日本ハム常務に就任するが、監督の植村義信が6月に辞任したため、植村を推薦した責任を取る形で現場復帰しシーズン終了まで指揮をとった。

1993年から1994年まで再び日本ハムの監督を務める。背番号は前回と同じ86に決まった。

1993年シーズンは西武と激しいデッドヒートを演じ結果2位に敗れたものの、大沢のユーモアあふれるコメントはマスコミで大々的に報じられたこともあって「親分」の語句はこの年の新語・流行語大賞の「大衆語部門・金賞」に選ばれている。

1994年は最下位に終わり、最終戦で試合後ファンの前で土下座して謝った。

◆ 晩 年

1995年よりフリーでのプロ野球評論家、そのかたわら日本プロ野球OBクラブ理事長(2009年(平成21年)3月まで。4月からは名誉理事長に就任)、プロ野球マスターズリーグ委員会議長、「モルツ球団」監督、総監督、正力松太郎賞選考委員などとして活躍していた。

また、TBS系『サンデーモーニング』内のコーナー「週刊御意見番」に張本勲と共にレギュラー出演していた。さらに、ニッポン放送「おはよう! ニッポン全国消防団」(2006年(平成18年)4月スタート)では、消防応援団長の肩書でレギュラー出演していた。

2009年(平成21年)10月から胆嚢癌を発症しており、番組などには病をおして出演していた。

2010年(平成22年)9月26日と10月3日と2回連続で『サンデーモーニング』に出演せず、9月26日にはその理由に触れなかったが、10月3日に本人からの手紙を関口宏が紹介、その中で「体調不良」を明らかにした。

10月7日午前7時25分、胆嚢癌のため逝去。78歳没。戒名は將導院球岳日昭大居士。

特記事項

実兄の大沢清、大沢紀三男は元プロ野球選手。モデル兼タレントの大沢あかねは孫で、前妻との間に生まれた長女の娘である。

孫の大沢あかねに電話を掛けた際、留守電を知らせるメッセージを孫の部屋に侵入した不審者と勘違いしてしまう。留守電には大沢の怒った声が録音されており、孫がビックリしたと語っている。

◆ 大沢 啓二 / 著書

◇ 『男の華』(スタジオ・シップ - 1994年)ISBN 4883152901
◇ 『「人たらし」の管理術 : どんな部下でも動かせる(オレ流)心のつかみ方』(徳間書店 - 1996年)ISBN 4198605491
◇ 『球道無頼 : こんな野球をやってきた』(集英社 - 1996年)ISBN 4087802205
◇ 『大沢親分のちまちま言うな上司! : この肚のすえ方を持っているか』(青春出版社 - 1996年)ISBN 4413070380
◇ 『できるヤツの和忍断 : 大沢親分のビジネス渡世哲学』(双葉社 - 2001年)ISBN 4575292443
◇ 『OBたちの挑戦X』(マガジンハウス - 2001年)ISBN 4838713525
◇ しいやみつのり原作・マンガ、大沢啓二監修『マンガ野球入門 : めざせレギュラー!.1(ピッチング編)』 (山海堂 - 2004年)
◇ 寺島敬治原作・マンガ、大沢啓二監修『マンガ野球入門 : めざせレギュラー! 2(バッティング&フィールディング編)』(山海堂 - 2004年)

◆ A Related Words :
大沢あかね 大沢啓二/大沢啓二 息子/サンデーモーニング 大沢啓二/大沢啓二 愛犬/大沢啓二 体調不良/大沢啓二 葬儀/大沢啓二 所属/大沢啓二 体調/大沢啓二 家族//大沢啓二 大沢あかね/大沢啓二 通夜/大沢啓二 野村克也/大沢啓二 告別式/大沢啓二 家族/大沢啓二 病気/大沢啓二 プロフィール/大沢啓二 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト