追悼の森 =池部良さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2010年 著名人訃報一覧 Ver.40
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

俳優  池部 良 さん死去

2010年(平成22年)10月8日 死去 享年92歳

池部良写真  

俳優  池部 良 さん死去

「青い山脈」など戦後を代表する映画で知られる俳優の 池部 良(いけべ りょう)さんが2010年(平成22年)10月8日午後1時55分、敗血症のため東京都内の病院で死去した。92歳だった。

1960年~70年代の東映仁侠映画「昭和残侠伝」シリーズでは、高倉 健さんが演じる主人公と敵対しながら友情で結ばれる役柄で人気を博した。葬儀、告別式は近親者のみで行う。 後日、お別れの会を開く予定。

人物 / 略歴

池部 良(いけべ りょう、1918年2月11日 ~ 2010年10月8日)

東京市大森区(現:東京都大田区)に生まれる。俳優、随筆家。

芸術家の岡本太郎は従兄にあたる。

◆ 略 歴

風刺、風俗漫画家として一世を風靡した池部鈞(日本芸術院より恩賜賞を受賞)の息子として生まれる。

母は画家、漫画家の岡本一平の妹である。

立教大学文学部英文科に入り、富田彬などから学ぶとともに、映画監督になるのを夢見て在学中の1940年に東宝撮影所のシナリオ研究所に研究生として入る。

1941年、大学卒業と同時にシナリオ研究所を卒業し東宝に入社する。

監督希望だったが助監督の空きがなく、島津保次郎監督に請われて『闘魚』に脇役で出演する。それが好評となり知的でスマートな若手俳優のホープとして目された。

1942年の『緑の大地』のクランク・アップの翌日に陸軍に召集され中国山東省に派遣された。

大学卒ということで幹部候補生試験への受験を勧められるが、任期が長くなる(当時、兵隊のままだと任期は2年とされていた)ため断るが、上官に無理やり受けさせられ白紙で答案を提出したにもかかわらず甲種幹部候補生にされ、きびしい訓練を受け1943年11月見習士官(曹長)に任官後、陸軍少尉となる。

1944年に南方戦線に移動される。5月12日、輸送船が敵潜水艦に撃沈されセレベス海に投げ出され10時間泳いだ後、日本海軍の艦船に救出されインドネシア北東部のハルマヘラ島へ配属された。

食料、弾薬ともに豊富なハルマヘラ島に配属された彼らは1944年9月アメリカ軍のすさまじい艦砲射撃、空爆を受けてジャングルに逃げ込んだ。

その後は上官がすべて他島へ移動してしまったため、少尉ながら衛生隊本隊を任され終戦まで戦い、終戦時の階級は中尉だった。

1946年6月まで抑留され、南方から苦労して日本に帰る。

1948年に女優の羽鳥敏子と結婚したが離婚。その後も青春スターの第一人者として活躍を続けた。

特に『現代人』では池部がそれまでの二枚目スターから演技派俳優として最初に認められるようになった作品であった。

『坊っちゃん』(1953年、岡田茉莉子共演、丸山誠治監督)、『雪国』(1957年、岸惠子共演、豊田四郎監督)、『暗夜行路』(1959年、山本富士子共演、豊田四郎監督)などの多くの文芸作品で翳のある青年を好演し、文芸路線や都会派映画に欠かせない二枚目スターとして君臨した。

1964年に主演した『乾いた花』(篠田正浩監督)でのヤクザ役が評判となる。この頃、18歳離れた女性と再婚した。

1965年、映画俳優(石原裕次郎、里見浩太郎、山城新伍ら)が暴力団のために拳銃を密輸していたことが明るみに出た。

同年2月22日、日本映画俳優協会理事長であった池部は映画俳優と暴力団との完全絶縁を表明した。

同年9月、東宝を離れ池部プロダクションを設立。自ら映画を企画しストーリーを書くようになるが、1967年に1億円の負債を抱え倒産。

一方同年、東映より高倉健主演の『昭和残侠伝』(1965年)の出演を依頼されたが、妻が強く反対し、当初は断っている。しかしプロデューサー俊藤浩滋による再三の申し入れもあり、「入れ墨を入れないこと、毎回殺されること、ポスターでの露出を小さくすること」を条件に出演を承諾した。

1983年より2009年まで、日本映画俳優協会理事長を務める。

1991年、毎日新聞連載の『そよ風ときにはつむじ風』で「日本文芸大賞」を受賞したことから多数の連載を抱えることとなり、以後は文筆業や講演が活動中心となる。

2010年10月8日午後1時55分、敗血症のため東京都内の病院で死去。92歳没。

特記事項

亡くなった際も、雑誌「百歳万歳」「銀座百点」ほか4誌にエッセイを連載中だった。

◆ 池部 良 / 主な出演映画(1970年以降)

◇ 激動の昭和史 沖縄決戦(1971年) - 大田實少将役
◇ 日陰者(1972年)
◇ 直撃! 地獄拳(1974年) - 嵐山(退職した警視総監)
◇ あゝ決戦航空隊(1974年)
◇ 直撃地獄拳 大逆転(1974年)
◇ 再会(1975年)
◇ 君よ憤怒の河を渉れ(1976年)
◇ 惑星大戦争(1977年)
◇ 多羅尾伴内(1978年)
◇ 冬の華(1978年)
◇ 海潮音(1980年)
◇ 駅 STATION(1981年)
◇ 小説吉田学校(1983年)緒方竹虎役
◇ 居酒屋兆治(1983年)
◇ Mishima: A Life In Four Chapters(1985年、日本未公開)
◇ 海へ ~See you~(1988年)
◇ 青い山脈'88(1988年)

◆ 池部 良 / 主な出演テレビドラマ(1980年以降)

◇ さよなら・お竜さん(1980年、MBS / 松竹芸能)
◇ 火曜サスペンス劇場 / 球形の荒野(1981年、NTV / 三船プロ) - 滝良精 役
◇ 骨肉の森(1981年、ANB)
◇ 田中丸家御一同様(1982年、NTV)
◇ 火曜サスペンス劇場 / 水の魔法陣(1982年9月7日、NTV)
◇ 日立テレビシティ / ミステリー Wの悲劇(1983年、TBS)
◇ ザ・サスペンス / 松本清張のゼロの焦点(1983年、TBS) - 室田儀作 役
◇ 京都マル秘指令 ザ新選組(1984年、ABC / 松竹) - “御前”松平
◇ 大河ドラマ(NHK) 山河燃ゆ(1984年) - ケニー松原 役
◇ 大河ドラマ(NHK) 独眼竜政宗(1987年) - 千利休 役
◇ 火曜サスペンス劇場 / 盲点(あな)(1984年、NTV / スタッフアズバーズ)
◇ 私鉄沿線97分署(1984年 - 1986年、ANB) - 山崎司 役
◇ 花嫁人形は眠らない(1986年、TBS)
◇ 松本清張の絢爛たる流離・第2話 銀座の女の完全犯罪(1987年、ANB / 松竹)
◇ アイラブユーからはじめよう(1989年、TBS)
◇ 火曜サスペンス劇場 / 薔薇色の罠(1989年、NTV / 松竹)
◇ 春を待つ家(1990年、CX)
◇ 戦争を知らない君たちへ / 碧空のタンゴ 東京下町、ある職人一家の終戦(2001年、NHK)
◇ 夏の日の恋 ~ Summer Time ~(2002年、NHK)

◆ 池部 良 / 主な著書

◇ そよ風ときにはつむじ風 (毎日新聞社 1990年、新潮文庫 1995年)
◇ 続 そよ風ときにはつむじ風 (毎日新聞社 1992年、新潮文庫 1995年)
◇ 続続 そよ風ときにはつむじ風 (毎日新聞社 1994年、新潮文庫 1998年)
◇ 風まかせの暦 (毎日新聞社、1991年)
◇ 風吹き鴉(毎日新聞社、1997年)
◇ そして夢にはじまった(1-4)(毎日新聞社、1994-96年)
◇ 寝そべる風(マガジンハウス、1989年)
◇ 21人の僕 映画の中の自画像(文化出版局 1991年)
◇ 風、凪んでまた吹いて(講談社 1991年、講談社文庫 1997年)
◇ 山脈(やま)をわたる風(小学館 1993年、小学館文庫 1998年)
◇ 酒あるいは人(平凡社、1993年)
◇ つきましては、女を(扶桑社、1996年)
◇ 食い食い虫(新潮社、1998年)
◇ オレとボク 戦地にて(中公文庫、1995年/新風舎文庫 2003年)
◇ 煮たり焼いたり喋ったり(中公文庫 1995年)
◇ ハルマヘラ・メモリー(中央公論社 1997年、中公文庫 2001年)
◇ 舞い舞い風(中央公論社、1998年)
◇ 匂いおこせよ梅の花(中公文庫 2002年)
◇ 風が吹いたら (文藝春秋 1987年、文春文庫 1994年)
◇ 風クラシック(文藝春秋、1996年)
◇ 言伝て鍋(文藝春秋、2000年)
◇ 心残りは…(文藝春秋 2001年、文春文庫 2004年)
◇ 人魚のニキビ(文藝春秋 2002年)
◇ 風の食いもの(文春文庫 2006年)
◇ 天丼はまぐり鮨ぎょうざ 味なおすそわけ(幻戯書房、2007年)
◇ 窓を開けると(文春文庫 2008年)

◆ A Related Words :
池部良 子供/徹子の部屋 池部良/池部良 家族/池部良 再婚/池部良 高倉健/池部良 お別れの会/池部良 写真/俳優 池部良/岡本太郎 池部良/池部良 天丼/池部良 俳優/池部良 エッセイ/池部良 青い 山脈/ 池部良 プロフィール/池部良 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト