追悼の森 =立松和平さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】  著名人訃報一覧 2010年 著名人訃報一覧 Ver.6
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

作家  立松和平 さん死去

2010年(平成22年)2月8日 死去 享年62歳

立松和平写真  

作家  立松和平 さん死去

映画化された「遠雷」などで知られる作家の 立松 和平(たてまつ わへい)さんが2010年(平成22年)2月8日午後5時37分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。62歳だった。

環境問題に積極的に発言するなど行動派の作家として活躍し、テレビ番組での実直な語り口でも親しまれた。約2週間前にかい離性動脈瘤破裂と診断され緊急手術を受けて入院していたという。葬儀は近親者のみで行う。後日、しのぶ会を開く。

人物 / 略歴

立松 和平(たてまつ わへい、1947年12月15日 ~ 2010年2月8日)

栃木県宇都宮市に生まれる。本名は横松 和夫(よこまつ かずお)。小説家。

筆名は本名の「横松」のもじりで「立松」にした。日本ペンクラブ会員。

◆ 略 歴

栃木県立宇都宮高等学校卒業後、早稲田大学政治経済学部へ進学。

1966年大学入学時は学生運動で騒然としていた。早稲田キャンパス新聞会に入会するが政治的対立のため、除名。文章表現研究会に入会し、現代文学に親しむ。

また日本各地や沖縄、韓国、東南アジアなどを流浪する。また、大学にもどるとデモに参加していた。

那覇のナイトクラブでバイトした経験を処女作「途方にくれて」として執筆し、雑誌『早稲田文学』に投稿。当時、「早稲田文学」の編集長だった有馬頼義が主宰する若手作家のサロン「石の会」に参加し三浦哲郎、高井有一、後藤明生、色川武大らと知り合う。

1970年、集英社の内定を得ていたが『早稲田文学』に「途方にくれて」が掲載されたため就職せず留年。「自転車」で第1回早稲田文学新人賞を受賞する。

翌1971年、結婚。妻は『早稲田文学』編集部に勤務していて和平と知り合った。流浪の生活が2年間続く。土木作業員、運転手、魚市場の荷役、病院の看護助手など職を転々。この頃、伝説的な新宿の喫茶店「風月堂」で中上健次と出会う。

1972年には妊娠した妻を実家に帰し、3ヶ月のインド旅行に出かける。同年、テレビ・ディレクターだった田原総一朗が1969年に企画した山下洋輔がバリケードの中でピアノを演奏したイベントを「今も時だ」として小説化。新潮新人賞候補となり、商業誌デビュー。

1973年、経済的理由から帰郷し宇都宮市役所に就職。栃木を題材にした小説を書き続ける。1979年退職し、文筆活動に専念。

同年に発表した「閉じる家」「村雨」2度、芥川賞候補となる。1980年、『遠雷』で野間文芸新人賞を受賞。1981年にはATGにより『遠雷』が映画化される。

1984年、宇都宮の家にある本を全部売り払い東京に移住。取材でレバノンを訪れる。福島泰樹に薦められて、ボクシングを始める。ボクシング体験は著書『ボクシングは人生の御飯です』にまとめている。また映画『蜜月』(1984年)では脚本を担当。

1985年には、香港-北京ラリーにナビゲーターとして参加。『地上の翼 香港-北京ラリー優勝記』に執筆。1989年12月 ~ 1990年1月には写真家・小川義文がチーム監督をつとめたチームによる、パリ・ダカールラリーに1号車ナビゲーターとして出場。『パリ・ダカ 砂の水平線』に執筆。

1986年からテレビ番組『ニュースステーション』のコーナー「こころと感動の旅」に出演し、その独特のトークで注目される。その旅の内容は『雲を友として こころと感動の旅』にまとめている。

1993年の『光の雨』で「盗作事件」を起こし、社会問題となる。事件以後、テレビ出演等が急減した。

1997年、『毒 - 風聞・田中正造』で毎日出版文化賞受賞。

2002年3月、歌舞伎座上演『道元の月』の台本を手がけ第31回大谷竹次郎賞受賞。

2007年、『道元禅師』で第35回泉鏡花文学賞受賞。

行動派作家として知られ自然環境保護問題にも積極的に取り組み、徳島県で川の学校の講師を務めたこともある。小説のほか紀行文、絵本、戯曲、など純文学作家としては異例なほど著書が多い。また近年は仏教への関心を深めており(インドへの関心は若い頃からのもの)、その方面のエッセイ類も多数ある。

2010年2月8日午後5時37分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。享年62歳。

特記事項

大法輪連載中だった『良寛』と、書き下ろしの小説『白い河 風聞・田中正造』が未完の絶筆となった。

『ニュースステーション』などのテレビ番組に出演した際は方言を交えて喋っていたが、実際には標準語を普通に話すことができた。
友人の高橋三千綱に対して、立松は「テレビに出るときにはわざとああいう話し方するんだ。おれは三千綱と違って何か工夫しないと仕事こねぇから」と説明している。

妻は小山内薫の孫。長女の山中桃子(横松桃子、1977年 ~ )はイラストレーター・絵本画家で、和平の著書に多くの挿絵を描いている。俳優山中聡は桃子の夫。また長男の心平(1972年 ~ )は林 心平の名で文筆活動を始めている。遠戚に藤田嗣治、児玉源太郎らがいる。

◆ 立松和平 / 主な受賞歴

◇ 1970年 - 『自転車』で、第 1回早稲田文学新人賞
◇ 1980年 - 『遠雷』で、野間文芸新人賞
◇ 1985年 - アジア・アフリカ作家会議「若い作家のためのロータス賞」
◇ 1993年 - 『卵洗い』で、第 8回坪田譲治文学賞
◇ 1997年 - 『毒 - 風聞・田中正造』で、毎日出版文化賞。
◇ 2002年 - 歌舞伎『道元の月』の台本で、第31回大谷竹次郎賞。
◇ 2007年 - 小説『道元禅師』で、第35回泉鏡花文学賞。
◇ 2008年 - 小説『道元禅師』で、第 5回親鸞賞。

◆ A Related Words :
立松和平 いのちシリーズ/立松和平 命シリーズ/立松和平 写真/立松和平 海のいのち/立松和平 盗作/立松和平 作品/立松和平 道元禅師/立松和平 お別れの会/立松和平 いのち/山の命 立松和平/立松和平 二荒/立松和平 病気/立松和平 街のいのち/立松和平 絵本/立松和平 プロフィール/立松和平 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト