追悼の森 =辺見じゅん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】 著名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】  著名人訃報一覧 2011年 著名人訃報一覧 Ver.15
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

歌人、作家  辺見じゅん さん死去

2011年(平成23年)9月21日 死去 享年72歳

辺見じゅん写真  大久保琴訃報

訃報サイト

歌人、作家  辺見じゅん さん死去

小説「男たちの大和」などの作品で知られる歌人で作家の 辺見じゅん(へんみ じゅん)さんが2011年(平成23年)9月21日、東京都武蔵野市の自宅で倒れているのが見つかり、死亡が確認された。近年体調を崩していたという。72歳だった。

角川書店創立者の故角川源義氏の長女で、角川春樹事務所会長兼社長の春樹氏と、角川グループホールディングス会長の歴彦氏は弟である。葬儀、告別式は親族で行う。

人物 / 略歴

辺見 じゅん(へんみ じゅん、1939年7月26日 ~ 2011年9月21日)

富山県出身。本名は清水 眞弓(しみず まゆみ)。旧姓は角川、邊見。歌人、ノンフィクション作家。

角川書店創設者・角川源義の娘。角川春樹、角川歴彦兄弟の姉。

◆ 略 歴

早稲田大学仏文学科卒業。幼少より父、角川源義の影響を受け、短歌など文学に親しむ。

昭和59年『男たちの大和』で新田次郎文学賞受賞。昭和63年『闇の祝祭』で現代短歌女流賞受賞。

『収容所から来た遺書』は、平成元年に講談社ノンフィクション賞、平成2年に大宅壮一ノンフィクション賞をそれぞれ受賞。

◆ 辺見 じゅん / 主な著書

◇ 愛の民話(新書館、1974年)
◇ 呪われたシルク・ロード(角川書店、1975年)
◇ はしりかねと八つの村のものがたり(文藝春秋、1977年)
◇ ふるさと幻視行(講談社、1978年)
◇ たおやかな鬼たち(角川書店、1979年)
◇ 海の娼婦はしりかね(角川文庫、1981年)
◇ 探訪北越雪譜の世界(角川書店、1982年)
◇ 男たちの大和(角川書店、1983年)
◇ 愛することと歌うこと ー 女流歌人・俳人の肖像(美術公論社、1986年)
◇ 収容所から来た遺書(文藝春秋、1989年)
◇ 花子のくにの歳時記(小学館、1991年)
◇ 大下弘虹の生涯(新潮社、1992年)
◇ レクイエム・太平洋戦争(PHP研究所、1994年)
◇ 夢、未だ盡きず - 平木信二と吉岡隆徳(文藝春秋、1998年)
◇ 暁の超特急 ー 吉岡隆徳ものがたり(松江今井書店、2001年)
◇ 戦場から届いた遺書(日本放送出版協会 NHK人間講座、2002年)
◇ 決定版 男たちの大和 上下巻(角川春樹事務所ハルキ文庫、2004年)
◇ 小説 男たちの大和(角川春樹事務所、2005年)

特記事項

私小説風から童話、詩歌まで幅広い作品を手がけた。

ノンフィクションにおいては、丹念な聞き取りを元に構成されているとして評価が高い。

私小説風においては、複雑な家庭環境を元に冷静で批判的に家族を捕らえる反面、親子の愛情について細やかに描写されている。

◆ 辺見じゅん / 主な歌集

◇ 雪の座(角川書店 新鋭歌人叢書、1976年)
◇ 水祭りの桟橋(思潮社、1981年)
◇ 闇の祝祭(角川書店、1987年)
◇ 幻花(短歌新聞社 現代女流短歌全集、1996年)
◇ 秘色(砂子屋書房、2001年)
◇ 辺見じゅん歌集(砂子屋書房 現代短歌文庫、2008年)
◇ 天涯の紺(角川学芸出版 角川短歌叢書、2010年)

◆ A Related Words :
辺見じゅんが急死/辺見じゅん 画像/作家 辺見じゅん/辺見じゅん 弦/辺見じゅん 角川春樹/辺見じゅん 偲ぶ会/辺見じゅん 短歌/漫画家 辺見じゅん/辺見じゅんが/辺見じゅんさん/辺見 じゅん プロフィール/辺見 じゅん 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト