追悼の森 =田中好子さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】  著名人訃報一覧 2011年 著名人訃報一覧 Ver.35
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

元キャンディーズ   田中好子 さん死去

2011年(平成23年)4月21日 死去 享年55歳

田中好子写真  

元キャンディーズ   田中好子 さん死去

アイドルグループ「キャンディーズ」のメンバーとして人気を博した女優の 田中 好子(たなか よしこ)さんが2011年(平成23年)4月21日午後7時4分、乳がんのため東京都内の病院で死去した。55歳だった。

1973年(昭和48年)、キャンディーズとして「あなたに夢中」で歌手デビュー。スーちゃんの愛称で親しまれた。解散後は女優として活躍した。1991年(平成3年)に故夏目雅子の実兄で実業家の小達一雄と結婚。1992年(平成4年)に乳がんを発症し手術で左乳房の腫瘍を切除した。幾度か再発を繰り返し、右乳房の腫瘍も切除していた。今年2月には肺や肝臓にがんが転移していることが分かり、21日午前に容体が急変したという。

人物 / 略歴

田中 好子(たなか よしこ、1956年4月8日 ~ 2011年4月21日)

東京都足立区千住に生まれる。本名は小達 好子(おだて よしこ)。旧姓は田中。元キャンディーズのメンバー。

愛称はスーちゃん。

夫はスイート・ベイジル会長など務めた実業家の小達一雄。連子の楯真由子は継娘。義理の妹は夏目雅子。義理の弟は小達敏昭。

◆ 略 歴

実家は田中屋釣具店。

ビートたけしの実家が近くにあり、たけしは子供の頃いたずらをしに行った事がある。その愛らしいルックスに反して、子供の頃は男の子をいじめるような腕白振りでガキ大将的な存在だったという。

小学校4年生で町内の民謡研究会に入り、発表会で「ソーラン節」等を披露。後の才能の片鱗を窺わせる。

1969年(昭和44年)、渡辺プロダクションが経営する東京音楽学院に入学。入学後、スクールメイツのメンバーに選抜される。同期生には伊藤蘭・太田裕美らがいた。

1972年10~12月、日本テレビ系のヒーロー作品『突撃! ヒューマン!!』に新聞記者・星山ルミ子役で出演。

◆ キャンディーズ

1972年(昭和47年)、NHKの歌番組『歌謡グランドショー』のマスコットガールのオーディションに伊藤蘭、藤村美樹とともに合格。この3人組は「キャンディーズ」と命名され、マスコットガール兼アシスタント(椅子・マイク運び・代理音合わせ)として活動。

また、この年の紅白歌合戦で、橋幸夫(曲は「子連れ狼」)のバック・コーラスや、南沙織(曲は「純潔」)のバック・ダンスを務めた。

1973年(昭和48年)9月1日、キャンディーズとして「あなたに夢中」で歌手デビュー(コーラスパートはメゾソプラノ)。ニックネームは「スーちゃん」。キャンディーズのメンバーでは最年少であった。

デビュー曲の「あなたに夢中」から4曲目の「なみだの季節」までは、歌唱力を評価されてキャンディーズ初期のセンター位置のリードボーカルを担当した。

1977年(昭和52年)以降は、歌手としてだけではなく、作詞作曲(共作ふくむ)も行う。作品に「LOVE ME LOVE ME」「ミッドナイト・ハイウェイ」「私の彼を紹介します」「季節の別れ」「一番星さん」「なんとなく」「午前零時の湘南道路」「PLEASE COME AGAIN」「いけない人」「土曜日の夜」がある。

1978年(昭和53年)4月4日、キャンディーズは解散した後、一時引退。

◆ 芸能界復帰、女優業

1980年(昭和55年)、芸能界へ復帰し、ソロシングル1枚を発表。その後は女優業に専念した。

1989年(平成元年)に公開された『黒い雨』で、主役・「高丸矢須子」役を演じ、日本アカデミー賞・ブルーリボン賞・キネマ旬報賞・毎日映画コンクール・報知映画賞などで主演女優賞を受賞。

日本アカデミー賞などでは作品に対しても大賞を受賞し、第42回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上演された。

また、原爆症の表現の為に、入浴シーンで体の変化を表現する為に敢えてヌードになり話題を呼んだ。その頃から、演技派女優の評価をされた。

1991年(平成3年)5月21日、実業家の小達一雄(夏目雅子の実兄で小達は再々婚)と結婚(結婚は夏目が亡くなった後だが、生前から夏目と親交があった)。

田中には、継娘にあたる真由子が居たが、自身に子供は生まれなかった。

特記事項

◆ 19年間の闘病と死

結婚翌年の1992年(平成4年)に乳がんが見付かり、幾度か再発を繰り返したが、いずれも早期発見で秘密裏に治療を受けながら芸能活動を続けていた。

闘病の事実は親族のみに伝えられ、盟友である伊藤蘭と藤村美樹ですら、伝えられたのは死の約3年前で、共演者には一切明かされていなかったという。

2010年(平成22年)10月に十二指腸潰瘍を患い、その治療のため絶食をしたことで体力・免疫力が低下、乳がんが再発した。

2011年(平成23年)2月には、がん細胞組織が急激に増殖するラッシュ状態となり、肺や肝臓にもがんが転移した。

長年の盟友だった伊藤蘭と藤村美樹は、田中が危篤状態になった際、「2人とも家族同然だから」という親族の計らいで病室に呼ばれ、田中が息を引き取るまで、7時間にもわたって田中の名前を呼び続けていたという。

2011年(平成23年)4月21日午後7時4分頃、懸命の治療も甲斐なく国際医療福祉大学三田病院にて逝去。享年55歳。

◆ A Related Words :
田中好子 夫 再婚/まゆゆ 田中好子/伊集院静 田中好子/ちゅらさん 田中好子/国仲涼子 田中好子/田中好子 夫/田中好子 乳がん ステージ/田中好子 乳がん/田中好子 告別式/夏目雅子 田中好子/田中 好子 プロフィール/田中 好子 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト