追悼の森 =西本幸雄さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】 著名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】  著名人訃報一覧 2011年 著名人訃報一覧 Ver.6
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

元プロ野球監督  西本幸雄 さん死去

2011年(平成23年)11月25日 死去 享年91歳

西本幸雄画像  

元プロ野球阪急、近鉄監督  西本幸雄 さん死去

プロ野球阪急、近鉄などの名監督として球史に残る多くのドラマを演出した 西本 幸雄(にしもと ゆきお)さんが2011年(平成23年)11月25日午後8時40分、心不全のため兵庫県宝塚市の自宅で死去した。91歳だった。

通算20シーズンにわたって監督を務め、通算8度のパ・リーグ優勝を果たしながら日本シリーズ制覇の夢はかなわず、「悲運の名将」と呼ばれた。1988年(昭和63年)には野球殿堂入りを果たした。葬儀、告別式は未定。

人物 / 略歴

西本 幸雄(にしもと ゆきお、1920年4月25日 ~ 2011年11月25日)

和歌山県出身。プロ野球選手、監督、野球解説者。

◆ 略 歴

父親は日本勧業銀行(後の第一勧業銀行、現みずほ銀行)に勤務する銀行員であり、裕福な家庭に育つ。

1933年に野球の名門校だった旧制県立和歌山中学校(現・和歌山県立桐蔭高等学校)に進学する。

4年生の秋、5年生7人が引退して5人だけになった野球部に入部し、二塁手、一塁手を務め、時にはリリーフ投手としてマウンドにも立った。

1937年夏の甲子園の紀和大会予選決勝では海草中学校(現・和歌山県立向陽高等学校)と対戦。当時3年生の嶋清一の前に敗れて甲子園出場はならなかった。

1938年に旧制立教大学に進学。当時の立教大学野球部には監督がおらず、のちには実質的な監督役を務めている。

学徒出陣により同年秋に応召。中国で終戦を迎え、復員後は八幡製鉄、全京都、別府星野組と社会人チームを渡り歩く。

星野組時代の1949年には監督、一塁手、3番打者として都市対抗野球に出場、優勝に輝いた。

1950年、毎日オリオンズに入団。

プロ入り時には既に30歳であり、選手としてのピークは過ぎていたが、1番(または2番)・一塁手の定位置を確保し、毎日のパ・リーグ優勝と日本一(日本シリーズ優勝)に貢献した。

◆ 引退後

1955年現役を引退し、1956年から毎日の2軍監督を努める。

1959年には1軍コーチに昇格し、1960年に別当薫に代わって監督に就任。

1年目にしてチームをリーグ優勝に導いたが、日本シリーズ第2戦での戦術(1死満塁のチャンスにスクイズプレイを仕掛けたがダブルプレー)を巡り永田雅一オーナーと対立し、責任を取る形で辞任した。

1962年、阪急ブレーブスにコーチとして招かれ、翌年監督に就任。

1967年初優勝。1973年までの11年間で5度のリーグ優勝に導き、常勝球団へと育て上げた。同年限りで勇退。

1974年より近鉄バファローズ監督。

ここでも1979年に球団初のリーグ優勝を果たした(2シーズン制時代の1975年に後期優勝)。

1981年勇退。その後、関西テレビと スポーツニッポンで野球解説をしている。

20年間の監督生活で8度のリーグ優勝を果たしながら、日本シリーズでは1度も日本一に就けず「悲運の名将」と言われた。
3つのチームを優勝に導いた監督は2011年現在、西本と三原脩のみ。

2003年9月15日、高齢ということもあり同局の解説業から勇退した。

2011年11月25日午後8時40分、心不全のため兵庫県宝塚市の自宅で死去した。享年91歳。

特記事項

1988年野球殿堂入り。

監督勇退後は長らくプロ野球ニュース(フジテレビ系)の解説者を務めたが、東京(フジテレビ)のスタジオに出向くことは比較的少なく、特に高齢となった1990年代後半からは大阪・関西テレビからの中継が多かった。

晩年はめったに公の場に登場する機会はなく、兵庫県宝塚市にて隠居生活を送っていた。

2008年7月8日に夫人を亡くしたことを、2011年元日よりスポーツニッポン紙上で連載を始めた自身の回想録『我が道』にて明らかにした。

◆ A Related Words :
落合 西本幸雄/西本幸雄 名言/西本幸雄 自宅/西本幸雄 住所/西本幸雄ベースボールスクール/西本幸雄 野村克也/西本幸雄 動画/西本幸雄 CM/さらば闘将西本幸雄/西本幸雄 画像/西本幸雄 プロフィール/西本幸雄 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト