追悼の森 =ホイットニーさん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】 著名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】  著名人訃報一覧 2012年 著名人訃報一覧 Ver.12
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

歌手、女優  ホイットニー ヒューストン さん死去

2012年(平成24年)2月11日 死去 享年48歳

ホイットニー ヒューストン写真  

歌手、女優  ホイットニー ヒューストン さん死去

グラミー賞を通算6度受賞した米の人気女性シンガー、ホイットニー ヒューストンさんが カリフォルニア州ビバリーヒルズにあるビバリーヒルトン・ホテル4階客室の浴槽の中に倒れているところを発見された。

救急隊が蘇生処置を施したが、2012年(平成24年)2月11日午後3時55分(現地時間)、死亡が確認された。48歳だった。グラミー賞の授賞式を翌日に控え、同ホテルに滞在していた。溺死の可能性が高く司法解剖が行われる予定だ。

人物 / 略歴

ホイットニー・エリザベス・ヒューストン(英: Whitney Elizabeth Houston、1963年8月9日 ~ 2012年2月11日)

アメリカ合衆国の歌手、女優、元ファッションモデル。身長173cm。

◆ 略 歴

11歳の時にジュニア・ゴスペル・クワイアに入り、ニュージャージー教会で歌い始めた。

ニューヨーク市地域のナイトクラブで、母親とパフォーマンスをしていたところをアリスタ・レコードの社長クライヴ・デイヴィスにスカウトされた。

1985年、デビュー・アルバム「ホイットニー・ヒューストン」を発表。アルバムは女性歌手のデビュー・アルバムのベストセラーになる大ヒットとなった。

1987年に発表した2枚目のスタジオ・アルバム「ホイットニー」は、ビルボード 200 チャートに初登場1位を記録する(女性歌手では初)。

1992年に、初主演映画「ボディガード」が公開される。映画のサウンドトラックは、1994年のグラミー賞最優秀アルバム賞を受賞するなど、高い評価を受けた。

アルバムからのリカット・シングル「オールウェイズ・ラヴ・ユー」は自身最大のヒットとなった。

ホイットニーは世界で最も売れている歌手の1人である。累計セールスはアルバムは1億4,000万枚以上、シングルは5,000万枚以上で、アメリカ合衆国のRIAAより「アメリカ合衆国で(女性アーティスト史上)4番目に売れている歌手」と評価されている。

「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」に於いて第34位。

◆ 生 涯 (出生 / 幼少期)

ニュージャージー州ニューアークで、父ジョン・ヒューストンと歌手の母シシー・ヒューストンの3番目の子供として生まれた。

母シシーは、60年代に活躍したスイート・インスピレーションズのリード・ボーカルで、後にはエルヴィス・プレスリーやアレサ・フランクリンのツアーにバック・コーラスとしても参加している。アレサ・フランクリンは、ホイットニーの名付け親であり代母である。

幼い頃に教会の聖歌隊に加わり、ゴスペルを学ぶ。11才の時には聖歌隊のソリストとして活躍。これより少し前にピアノも習い始めた。

ホイットニーが10代の時に両親が離婚、母シシーが養育権を得た。ホイットニーはカトリック系の女子校に通った。

◆ デビュー・絶頂期

デビュー・絶頂期 10代の頃にモデルとして活動したり、チャカ・カーンらのバックボーカルを務めるなどして頭角を現した。

1983年に敏腕プロデューサーのクライヴ・デイヴィスの目にとまり、アリスタ・レコードと契約した。翌年にはテディ・ペンダーグラスとのデュエット曲がヒットした。

1985年にデビューアルバム「ホイットニー・ヒューストン」をリリースし、いきなり爆発的人気を獲得した。2作目のシングル「セービング・オール・マイ・ラヴ・フォー・ユー」から7曲連続で全米シングルチャート1位の記録を打ち立てた。

1991年の第25回スーパーボウルでアメリカ合衆国の国歌を披露。これは後に語り継がれる名演となり、シングルとしても発売された。

1992年、ケビン・コスナーと共演した初主演映画「ボディガード」が公開され、成功を収めた。彼女の新曲6曲を収録したサウンドトラックは全世界で4,200万枚を売り上げ、日本でも当時洋楽史上最高の280万枚を売り上げる驚異的なヒットとなった。

「オールウェイズ・ラヴ・ユー」は全米シングルチャートで14週連続No.1を記録する自身最大のヒット曲になった。

同年R&B歌手、ボビー・ブラウンと結婚。翌年には一人娘ボビー・クリスティナ・ヒューストン・ブラウンを出産した。

その後も主演映画「ため息つかせて」(1995年)、「天使の贈り物」(1996年)が公開される。「ボディガード」には遠く及ばないものの成功を収め、サウンドトラックもヒットした。

◆ 低迷 / 復活 ~ 晩年

2000年にベストアルバムを発売したが、時期を同じくしてハワイの空港で大麻所持で拘束された。激しく体重の落ちた姿が度々見られるなど健康を害し、その後テレビ番組で大麻やコカイン等の常用、セックス中毒であったことを告白している。

夫が暴行などで度々逮捕され、離婚説が幾度も報じられるなどのトラブルもあり、週刊誌やテレビ等で私生活を取上げられる事が多かった。

2004年から翌年にかけてリハビリ生活を続けた。2006年9月13日、ボビー・ブラウンとの結婚生活に終止符を打つべく離婚申請書を裁判所に提出し、同年10月に離婚が成立した。

2010年2月の東京公演を皮切りに11年ぶりのワールドツアーも実施した。 しかし英国でのコンサートで息が切れたり、パリ公演では呼吸器の感染症で入院するなど、トラブルが相次ぎ、2011年7月にアルコール・薬物依存からの復帰プログラムを再開し、2012年1月には破産寸前であると報じられるなど、さまざまな問題が続いていた。

◆ 突然の死

2012年2月11日に、カリフォルニア州ビバリーヒルズにあるビバリーヒルトン・ホテル(英語版)4階客室の浴槽の中に倒れていたところを発見され、救急隊が20分間にわたって蘇生処置を施したが、同日午後3時55分(現地時間)に死亡が確認された。48歳没。

ホイットニーは、グラミー賞の授賞式を翌日に控え、クライヴ・デイヴィスが主催する恒例の前夜パーティに参加するために、同ホテルに滞在していた。

特記事項

死亡に至る前の数日間、ひどく疲れた様子だったという報道もあるが、死因は明らかにされていない。

2012年8月に公開される映画「スパークル」が演劇作品としての遺作となった

◆ ホイットニー ヒューストン / 出演映画

◇ボディガード (映画)(1992年)
◇ため息つかせて(1995年)
◇天使の贈り物(1995年)
◇シンデレラ(1997年、TV)

◆ A Related Words :
ホイットニー ヒューストン プロフィール/ホイットニー ヒューストン略歴/ホイットニーヒューストン 死因/ホイットニーヒューストン 現在/YouTube ホイットニーヒューストン/ホイットニーヒューストン ボディガード/ホイットニーヒューストン 代表曲/ホイットニーヒューストン 歌/ホイットニーヒューストン 曲/ホイットニーヒューストン 画像/ユーチューブ ホイットニーヒューストン/ホイットニーヒューストン ボディーガード

Page Top

スマートフォン / PC サイト