追悼の森 =青葉笙子さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2012年 著名人訃報一覧 Ver.26
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

歌手  青葉笙子 さん死去

2012年(平成24年)2月28日 死去 享年93歳

青葉笙子写真  

歌手  青葉笙子 さん死去

歌手の 青葉 笙子(あおば しょうこ)さんが2012年(平成24年)2月28日午後8時26分、肺炎のため山梨県大月市内の病院で死去した。93歳だった。

1936年(昭和11年)に歌手デビューを果たした。戦前の人気歌手 上原敏とのデュエット曲「鴛鴦(おしどり)道中」が大ヒットし注目を集めた。高齢となった最近まで活動を続けていた。葬儀、告別式は3月2日、山梨県大月市初狩町のアピオセレモニーホール大月斎場で。喪主は長女の山西啓子(やまにし けいこ)さん。

人物 / 略歴

青葉 笙子(あおば しょうこ、1918年(大正7年)3月21日 ~ 2012年2月28日)

宮城県仙台市出身。本名は小野寺貞子(おのでら ていこ)。歌手。

◆ 略 歴

宮城県仙台市の裕福な家庭に生まれる。幼い頃に母を亡くし、祖父母に育てられる。

1936年(昭和11年)、歌謡コンクールに応募し、優勝した。

優勝した青葉は小野寺貞子の本名で、コロムビアの廉価盤であったリーガルレコードから同年7月に「月の枯尾花」でデビューした。

ちなみに小野寺時代の「愛してよ」は昭和初期に流行した「思い直して頂戴な」の替歌である。

1937年(昭和12年)コロナから再デビューする。地元仙台の青葉城にちなんで「青葉笙子」の芸名を命名された。

そしてこの年の2月に発売された「関の追分」がまずまずのヒットとなった。この曲は翌年、ポリドールで吹き込み直して再発売されたほど人気を博した。

流行歌手としてデビューした青葉笙子は、音楽の基礎を身に付けるため東洋音楽学校(現東京音楽大学)に進学した。在学中は関種子に師事し、声楽を学ぶ。しかし、後に仕事が忙しくなったため、中退している。

コロナでは看板歌手として「さすらい日記」「小夜の中山」「御神火夜曲」などをレコーディングするが、コロナの経営が1年で悪化し、1937年(昭和12年)暮れにはポリドールに吸収合併され、青葉笙子も他の専属アーティストと同様にポリドールに移籍する。

移籍後間もなく、「鴛鴦道中」を人気歌手上原敏の相手役として歌い、大ヒットとなる。

1938年(昭和13年)には、「上海だより」のアンサーソングとして作られた「銃後だより」が好調なヒットとなり、他にも「夢の蘇州」「元禄ぶし」「椿咲く島」などのヒットが続き、スター歌手の仲間入りを果たした。

『鴛鴦コンビ』として人気を博した上原敏とのコンビで、たびたび中国大陸に将兵慰問にも訪れている。

1939年(昭和14年)以降も、「砂丘を越えて」「二人の大地」「千曲流れて」「故郷慕えど」「夢の北京」などのヒットを続けた。

1941年(昭和16年)、華族であった平松時善子爵と結婚するにあたり、芸能界からの完全な引退を決意する。

「佐渡の故郷」のレコーディングを最後にポリドールを退社して、家庭の人となった。

終戦後、臣籍降下により華族制度が廃止されると、青葉は生活のため実家を旅館に改装し、1947年(昭和22年)に古巣のポリドールにカムバックし、歌手に復帰した。

一旦引退してしまっている間に新たな女性歌手が次々と登場していたためヒットに結びつく作品はなかった。

1950年(昭和25年)、「七色の花」が映画主題歌として唄われて話題を呼び、1951年(昭和26年)には再開したタイヘイレコードに移籍した。

1952年(昭和27年)には「黒いトランク」「夜汽車の窓で」が久しぶりにヒット作品となった。

1956年(昭和31年)、鈴村一郎と唄った「ひょっとこ踊り」を最後に再び引退し実業家を本業とする。またその間、平松時善とは協議離婚し、子供は青葉が引き取り養育した。

平成に入ってからも、東京上原敏の会会長として活動。

自らの歌手生活を集大成した「昭和の流れの中に 青葉笙子・歌の回顧録」(柘植書房新社)を出版する活躍を続けていたが脳梗塞に倒れ、後遺症で往年の美声を失う悲劇にあう。

2012年2月28日午後8時26分、肺炎のため山梨県大月市内の病院で死去した。享年93歳。

特記事項

2008年には自身も所属する日本歌手協会のイベント「歌謡祭」の特別ゲストとして出演するなど、高齢となった最近まで活動を続けていた。

◆ 青葉笙子 / 代表曲

◇ 「鴛鴦道中」1938年(昭和13年) 共演:上原敏
◇ 「関の追分」1937年(昭和12年)、1938年(昭和13年)
◇ 「銃後だより」1938年(昭和13年)
◇ 「二人の大地」1939年(昭和14年) 共演:上原敏
◇ 「夢の北京」1939年(昭和14年)
◇ 「鴛鴦春姿」1940年(昭和15年) 共演:上原敏
◇ 「兄妹」1940年(昭和15年) 共演:田端義夫
◇ 「戦場撫子」1940年(昭和15年)
◇ 「黒いトランク」1952年(昭和27年)
◇ 「夜汽車の窓で」1952年(昭和27年)

◆ A Related Words :
青葉笙子 画像/青葉笙子 鴛鴦道中/青葉笙子 プロフィール/青葉笙子 略歴/青葉笙子 死去/青葉笙子 歌手

Page Top

スマートフォン / PC サイト