追悼の森 =榎本喜八さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2012年 著名人訃報一覧 Ver.34
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

元プロ野球選手  榎本喜八 さん死去

22012年(平成24年)3月14日 死去 享年75歳

榎本喜八写真  

元プロ野球選手  榎本喜八 さん死去

プロ野球ロッテなどで通算2314安打を放ち、「ヒットマシン」の異名をとった 榎本 喜八(えのもと きはち)さんが2012年(平成24年)3月14日午前2時4分、大腸がんのため東京都新宿区内の病院で死去した。75歳だった。

1955年(昭和30年)、早実高から毎日(現:ロッテ)に入団。高卒1年目からレギュラーとして活躍し 同年、新人王を獲得した。現役時代はオリオンズの中心選手として長きにわたって活躍し「ミスターオリオンズ」と呼ばれた。

人物 / 略歴

榎本 喜八(えのもと きはち、1936年12月5日 ~ 2012年3月14日)

東京都中野区上鷺宮出身。元プロ野球選手(一塁手)。

現役時代はオリオンズの中心選手として長きに渡って活躍し、「ミスターオリオンズ」と呼ばれた。

◆ 略 歴 (プロ入り前)

1936年、百姓の家庭に生まれる。

祖父は新八、父は八雄、弟は省八、先祖は八十八、八佐衛門など、榎本家には男の子には全て「八」の字を付ける習慣があり、喜八という名前が付けられた。

1941年、5歳の時に太平洋戦争が勃発。集団疎開に出発する日、33歳の母親が病死する。

戦争に出征した父親は、終戦後もシベリアに抑留されたまま、しばらく帰ってこなかった。

そのため、祖母と幼い弟と3人暮らしをしていた幼少時代の榎本は、極貧に苦しむこととなった。

戦時下の1943年3月、近所の友人の姉に連れられて職業野球を後楽園球場へ観戦に行った事が、野球を始めたきっかけであった。

1952年、早稲田実業高等学校に入学。強打者として頭角を現し、2年生の春には4番打者を務める。

早実高校は、強打の榎本が出塁して後続が返すという得点スタイルを確立。同年夏の大会では、自身3度目の甲子園出場を果たした。準々決勝で敗れたが、早実高校は戦後初の夏ベスト8に入った。

1955年、荒川の積極的な売り込みにより、毎日オリオンズの入団テストが無理矢理組み込まれる。

テストに合格したことにより、毎日オリオンズに入団を果たす。契約金は25万円で、時代を考慮しても非常に低い金額であった。

◆ プロ入り後 / オリオンズ時代

1955年、オープン戦で大活躍し、開幕戦から5番打者を打つなど、高卒1年目からレギュラーとして活躍。6月7日以降には3番打者に定着した。同年は新人王を獲得する。

1960年には3番打者に戻り、打率.344で首位打者を獲得する活躍を見せ、リーグ5位の66打点も残し、チームの優勝に貢献。山内一弘・田宮謙次郎・葛城隆雄らと共に「大毎ミサイル打線」の一翼を担った。同年のオフに結婚。

◆ 奇 行

1965年の中盤頃から奇怪な行動を見せ始めるようになり、同年シーズンの成績も低迷。1966年頃には、それまで以上に打撃の錬磨にのめり込むようになる。

同年以降は自分でもコントロールできないほど感情が爆発するという精神的発作に見舞われるようにもなり、自分の打撃に満足できないと帰宅後にバットで物を壊すようになった。更に契約更改で訪れた球団事務所にて、椅子に座って瞑想に耽り、7時間動かないなどの奇行も見られた。

自分の打撃に没頭する榎本の姿はチームメイトから奇異なものを見るような眼で眺められるようになり、その奇行がチーム内の陰で笑い話にされるようになった。

1971年8月7日の対西鉄戦では、大沢啓二監督の起用法に不満をぶつけ、大沢がいた医務室のドアをバットで叩き割る事件を起こした。これが元で二軍落ちし、その後に自宅で猟銃を持って立てこもるという騒ぎを起こしている。

奇行については、「榎本は精神的に『錯乱』しているのではないか」と指摘する者もいたという。また、沢木耕太郎は自著『敗れざる者たち』(1979年)の中で、2000本安打を達成する前後から「既に榎本の精神は『錯乱』し始めていた」という旨を記している。

1972年、西鉄にトレードで移籍し、同年に現役引退。

榎本自身も「人間は集中が高まると、時として奇行としか思えないような行動を起こすこともある」と認めている。

◆ 引退後

上記のような経緯もあり、西鉄退団後は野球関係の仕事は一切していない。日本プロ野球名球会が創設された当初は会員として名前が挙がっていたが、1度も参加していないため、脱会扱いとされている。

2012年3月14日午前2時4分、大腸がんのため東京都新宿区内の病院で死去した。享年75歳。

特記事項

◆ 榎本喜八 / 獲得タイトル

◇ 首位打者:2回(1960年、1966年)
◇ 最高出塁率:1回(1966年)※タイトル設立前の1960年も記録。
◇ 最多安打:4回(1960年 - 1962年、1966年)※当時連盟表彰なし。

◆ A Related Words :
榎本喜八 落合/榎本喜八 息子/榎本喜八 奇行/前田智徳 榎本喜八/榎本喜八 野村/榎本喜八 動画/榎本喜八 2ch/榎本喜八 Wiki/榎本喜八伝/榎本喜八 パワプロ/榎本喜八 プロフィール/榎本喜八 略歴/榎本喜八 パワプロ/榎本喜八 number/榎本喜八 股関節

Page Top

スマートフォン / PC サイト