追悼の森 =山田五十鈴さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【や~ゆ~よ ・・・】 著名人訃報一覧【や~ゆ~よ ・・・】  著名人訃報一覧 2012年 著名人訃報一覧 Ver.45
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

女優 山田 五十鈴 さん死去

2012年(平成24年)7月9日 死去 享年95歳

山田五十鈴写真 

女優  山田五十鈴 さん死去

女優の 山田 五十鈴(やまだ いすず)さんが2012年(平成24年)7月9日午後7時55分、多臓器不全のため東京都稲城市の病院で死去した。95歳だった。

1930年(昭和5年)、日活に入社し 溝口健二、黒澤明ら巨匠の映画に数多く出演。また、テレビドラマ「必殺仕事人」シリーズでも人気を集めた。戦前、戦後にかけ70年以上にわたり映画、舞台で活躍し、女優として初の文化勲章を受章した。2002年(平成14年)6月に体調を崩し舞台を降板。以後は東京都内の自宅や療養施設などで静養生活を送っていた。

人物 / 略歴

山田 五十鈴(やまだ いすず、1917年2月5日 ~ 2012年7月9日)

大阪府大阪市中央区(旧大阪市南区千年町)出身。本名は山田 美津。女優。

ニックネームは「ベルさん」。

◆ 略 歴

1917年(大正6年)に新派劇俳優の山田九州男の娘として誕生した。

1930年(昭和5年)に日活に入社し『剣を越えて』で大河内傳次郎の相手役としてデビュー。

以降伊藤大輔監督の『素浪人忠弥』『興亡新撰組』、伊丹万作監督の『国士無双』など多くの日活時代劇作品に出演し人気を高める。

1936年(昭和11年)に溝口健二監督の『浪華悲歌』『祇園の姉妹』への出演により第一線女優としての地位を確立し、 東宝へ移籍してからは、長谷川一夫との共演作に数多く出演した。

1952年(昭和27年)に『現代人』『箱根風雲録』の演技が評価され、ブルーリボン賞主演女優賞、毎日映画コンクール女優主演賞を受賞、1955年(昭和30年)には『たけくらべ』でブルーリボン賞助演女優賞を受賞する。

また翌1956年(昭和31年)には、『母子像』などで2度目となるブルーリボン賞主演女優賞、毎日映画コンクール女優主演賞、『流れる』等でキネマ旬報女優賞を受賞。1957年(昭和32年)『蜘蛛巣城』『どん底』『下町』で2度目のキネマ旬報女優賞を受賞。これらの活躍から、名実ともに映画界を代表する大女優となった。

1963年(昭和38年)東宝演劇部の専属となる。これ以降、NHK大河ドラマ『赤穂浪士』(1964年)や、朝日放送『必殺からくり人』(1976年)といったテレビ時代劇にも出演した。特に必殺シリーズには以後85年の必殺仕事人Vまで約10年間断続的に出演、彼女のTV出演作の代表シリーズとなっている。

1963年(昭和38年)『香華』『丼池』『明智光秀』でテアトロン賞を受賞し、1974年(昭和49年)『たぬき』で芸術祭大賞、毎日芸術賞を受賞、1977年に『愛染め高尾』、1983年には『太夫さん』で芸術祭大賞を受賞している。1993年(平成5年)に文化功労者表彰、さらに2000年(平成12年)に女優としては初めての文化勲章を受章した。

後年は京都の自宅を引き払い、「安全が保障されている上、お手伝いさんもいらない」という理由から、東京・帝国ホテルの一室で生活を送っていた。

2002年に数度に渡って体調を崩したことで舞台の休演・降板が相次ぎ、この年を最後に公の場には姿を見せていない。

女優・瑳峨三智子は、前夫で俳優・月田一郎との間に生まれた一人娘である。が、瑳峨は自分を棄てた山田を憎み、撮影所で会ったときも母のことを「山田さん」と呼んでいたとされる。そのわだかまりは、瑳峨が山田より先に死を迎えるその日までついに消えなかった。

2012年7月9日午後7時55分、多臓器不全のため東京都稲城市の病院で死去した。享年95歳。

特記事項

女優として初めての文化勲章を受章した(ただし、受章辞退者を含めれば杉村春子が初)。

1950年(昭和25年)には加藤 嘉と再婚したが、3年で離婚している。

◆ 山田五十鈴 / 受賞・受章歴

◇ 1955年 : ブルーリボン賞・助演女優賞 『たけくらべ』
◇ 1956年 : ブルーリボン賞・主演女優賞 『母子像』
◇ 1956年 : 毎日映画コンクール・主演女優賞 『母子像』
◇ 1956年 : キネマ旬報女優賞 『猫と庄造と二人のをんな』『流れる』
◇ 1957年 : キネマ旬報女優賞 『蜘蛛巣城』『どん底』『下町』
◇ 1958年 : 芸術選奨 『蜘蛛巣城』
◇ 1963年 : テアトロン賞 『香華』『丼池』『明智光秀』
◇ 1974年 : 芸術祭大賞 『たぬき』
◇ 1977年 : 芸術祭大賞 『愛染め高尾』
◇ 1982年 : 菊田一夫演劇賞大賞 『たぬき 前・後編』
◇ 1983年 : 芸術祭大賞 『太夫さん』
◇ 1984年 : 芸術選奨 『太夫さん』
◇ 1993年 : 文化功労者
◇ 2000年 : 文化勲章

◆ 山田五十鈴 / 出演CM

◇ 朝日新聞
◇ カネボウ化粧品
◇ 公共広告機構(現:ACジャパン) たった2羽からの提言 1990年(ナレーター)

◆ A Related Words :
山田五十鈴 たぬき/山田五十鈴の20代の写真/山田五十鈴 帝国ホテル/山田五十鈴 耳/太地喜和子と山田五十鈴/山田五十鈴 画像/山田五十鈴 遺産/山田五十鈴 ネグレクト/太地喜和子 山田五十鈴/山田五十鈴 中条きよし/山田五十鈴 プロフィール/山田五十鈴 略歴/山田五十鈴 舞台

Page Top

スマートフォン / PC サイト