追悼の森 =三宅久之さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】 著名人訃報一覧【ま~み~む~め~も】  著名人訃報一覧 2012年 著名人訃報一覧 Ver.65
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

政治評論家  三宅久之 さん死去

2012年(平成24年)11月15日 死去 享年82歳

三宅久之写真  

政治評論家  三宅久之 さん死去

政治評論家の 三宅 久之(みやけ ひさゆき)さんが2012年(平成24年)11月15日午前、搬送先の東京都内の病院で死去した。82歳だった。

同日朝に東京都目黒区内の自宅で倒れ 救急搬送されていた。1953年(昭和28年)に毎日新聞社に入社し、静岡支局長、特別報道部長などを歴任し、1976年(昭和51年)に退社後はフリーの政治評論家として活躍した。テレビ番組「ビートたけしのTVタックル」や、「たかじんのそこまで言って委員会」などでの評論で注目を集めた。

人物 / 略歴

三宅 久之(みやけ ひさゆき、1930年(昭和5年)1月10日 ~ 2012年(平成24年)11月15日)

東京都杉並区阿佐谷に生まれる。政治評論家。元毎日新聞記者。コメンテーター。

◆ 略 歴

1930年(昭和5年)、現在の東京都杉並区阿佐谷南一丁目、杉並区役所のすぐ隣の家で生まれた。

太平洋戦争が始まった翌年、東京府立十九中(現都立国立高校)に入学。

1949年早稲田大学第一文学部独文科に入学。大学では演劇に没頭する。

大学卒業後の1953年(昭和28年)に毎日新聞社に入社した。政治部記者から始まり、政治部副部長、静岡支局長、特別報道部長を歴任する。

1976年(昭和51年)に毎日新聞社を退社した後、フリーの政治評論家となる。

1978年(昭和53年)10月から~1985年(昭和60年)3月まで、テレビ朝日『ANNニュースレーダー』のキャスターを務める。その後、同局の『やじうまワイド』や『新・アフタヌーンショー』などにコメンテーターとして出演するようになった。

昭和から平成になってからはテレビ朝日『ビートたけしのTVタックル』に出演するようになり、三宅の知名度が向上した。

2000年代からは読売テレビの『たかじんのそこまで言って委員会』などの討論系バラエティ番組にレギュラー出演している。

2012年(平成24年)3月末日で、講演活動、ビートたけしのTVタックルのレギュラー出演、ニュース番組を含める全てのテレビ出演、週刊誌や雑誌の取材や執筆などの全ての評論家活動から引退することを表明した。

ただし、『たかじんのそこまで言って委員会』については、司会のやしきたかじんが復帰するまでという条件で延期する形式で出演していたが、同年6月から休養に入り、代わりに自身が開設したアメーバブログの『三宅久之の小言幸兵衛』で評論する事として、続いて三宅久之個人の公式Facebook(フェイスブック)も開設した。

糖尿病の影響で自分は決して長寿にならないと公言しており、80歳過ぎから心肺機能が低下して車椅子と携帯酸素の使用が増加していた。

2012年11月15日午前、搬送先の東京都内の病院で死去した。享年82歳。

特記事項

◆ 三宅久之 / 著書

◇ 宰相を争う男たち(時事通信社)
◇ ドキュメント竹下政権の崩壊 誤算から瓦解への100日(編著:テレビ朝日)
◇ 三宅久之のやじうま政治学・政治ジャーナリスト四十余年の臨床診断(ぴいぷる社)
◇ 闘争 ― 渡辺恒雄の経営術(共著:ぺんぎん書房)
◇ 日本の問題点をずばり読み解く.この国をダメにするもの良くするもの(青春出版社)
◇ 14歳からの日本の選挙。 1票が国を動かす選挙の仕組みと政権交代。 45分でわかる!(マガジンハウス)
◇ 政権力 一国のリーダーたる器とは (青春新書・青春出版社)
◇ ニュースが伝えない政治と官僚 (青春新書)
◇ 三宅久之の書けなかった特ダネ 昭和~平成政治、25の真実 (青春新書)

◆ A Related Words :
三宅久之 名言/青山繁晴 三宅久之/安倍晋三 三宅久之/たかじんのそこまで言って委員会 三宅久之/三宅久之 息子/三宅久之 田嶋陽子/三宅久之 たけし/三宅久之 動画/三宅久之 追悼/三宅久之 ブログ 小言/三宅久之 プロフィール/三宅久之 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト