追悼の森 =田端義夫さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】  著名人訃報一覧 2013年 著名人訃報一覧 Ver.21
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

歌手  田端義夫 さん死去

2013年(平成25年)4月25日 死去 享年94歳

田端義夫写真  

歌手  田端 義夫 さん死去

数多くのヒット曲を歌い「バタやん」の愛称で親しまれた歌手の 田端 義夫(たばた よしお)さんが2013年(平成25年)4月25日午前11時45分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。94歳だった。

1939年(昭和14年)、「島の船唄」でデビュー。その後、「大利根月夜」や「別れ船」などのヒット曲を連発した。「オッス」という威勢のいいあいさつと ギターを抱えた独特のスタイルで人気を集め、「バタヤン」の愛称で親しまれた。

人物 / 略歴

田端 義夫(たばた よしお、1919年1月1日 ~ 2013年4月25日)

三重県松阪市に生まれる。本名は田畑 義夫(読み同じ)。

愛称はバタヤン。社団法人日本歌手協会名誉会長。

第二次世界大戦前から21世紀初頭まで現役歌手として活躍した。水平に構えて持つ、アメリカのナショナル・ギター社製エレキギターと威勢のよい挨拶がトレードマークであった。

◆ 略 歴

大正8年(1919年)三重県松阪市生まれ。

3歳の時に父を亡くし、大正14年(1925年)に一家とともに大阪に出て行く。小学校3年の半ばで中退。

トラコーマにかかり徐々に右目の視力を失う。

名古屋の薬屋やパン屋、鉄工所などで丁稚奉公。その間に見たディック・ミネのギターを持ちながら歌うステージに感動し、みずから音の出ないギターを作っては河原で歌い、次第に流行歌の世界に傾倒していく(ベニヤ板の板切れで作った音の出ないギターを”イター”と呼んでいたという)。

昭和13年(1938年)、ポリドールレコードの新人歌手北廉太郎の宣伝のため「伊豆の故郷」を課題曲とした新愛知新聞社主催のアマチュア歌謡コンクールに出場することを姉から勧められ、優勝する。ポリドールの勧めで上京し、鈴木幾三郎社長宅の書生となる。

昭和14年、同じく新進作曲家の倉若晴生の手による「島の船唄」でデビュー。

デビュー曲が当時レコード販売会社の組合で制定していた《ぐらも・くらぶ賞》を受賞するという快挙に恵まれ、その後も「里恋峠」長津義司昨曲「大利根月夜」、「別れ船」「梅と兵隊」とヒットを続け、同じ会社のスター東海林太郎、上原敏と並ぶヒット歌手の地位を築いたのである。

終戦後、レコード販売を止めていたポリドールを辞し、昭和21年(1946年)にテイチクに移籍。累計180万枚を売り上げた「かえり船」のヒットを出す。戦前の流れを組むマドロス歌謡で人気を博し、「かよい船」「たより船」長津義司作曲「玄海ブルース」と昭和20年代を代表するスター歌手として岡晴夫、近江俊郎らとともに戦後三羽烏と呼ばれた。

スクリーンにおける活躍は早く、昭和15年(1940年)に松竹映画「弥次喜多六十四州唄栗毛」に旅人役として出演したのを皮切りに、戦後は、大映映画「淑女とサーカス」「肉体の門」、新東宝映画「底抜け青春音頭」「アジャパー天国」など、喜劇映画を中心に多くの出演作品を残している。

昭和37年(1962年)、「島育ち」を、会社の反対を押し切ってレコーディング。田端の地道な活動が功を奏し、「島育ち」は40万枚を超える大ヒット。昭和38年にはNHK紅白歌合戦に初出場した。

その後も精力的に歌手活動を続け、「十九の春」「昭和三代記」「百年の愛」と平成になってからも新曲を出し続けた。

平成元年には勲四等瑞宝章を受章した。平成7年には林伊佐緒に代わり、日本歌手協会の5代目会長に就任。平成16年からは名誉会長の座にある。

2007年には、1980年代までのレコーディングマスターや、未発表曲を元にしたアルバムがGEMより発売。手書きの歌詞カードなど田端の思い入れの込められた作品で、現役ぶりをアピールした。

かねてより「90歳までは歌う」と公言しており、2009年の元旦(田端の満90歳の誕生日)に歌手生活70周年を兼ねた記念アルバムがテイチクより発売。語りおろしメッセージを収録し、健在であることを示した。

2013年4月25日午前11時45分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。94歳没。

特記事項

生前にレコーディングした楽曲の総数は約1200曲に達した。

◆ 田端義夫 / 代表曲

◇ 「島の船唄」(昭和13年)
◇ 「大利根月夜」(昭和14年)
◇ 「里恋峠」(昭和14年)
◇ 「月下の歩哨線」(昭和14年)
◇ 「別れ船」(昭和15年)
◇ 「旅出の唄」(昭和15年)
◇ 「梅と兵隊」(昭和16年)
◇ 「石狩の春」(昭和16年)
◇ 「岬のひととき」(昭和16年)
◇ 「木曽の山唄」(昭和18年)
◇ 「母のたより」(昭和18年)
◇ 「かえり船」(昭和21年)
◇ 「ズンドコ節(街の伊達男)」(昭和22年)
◇ 「玄海ブルース」(昭和24年)
◇ 「涙の夜曲」(昭和24年)
◇ 「たより船」(昭和25年)
◇ 「夜船の女」(昭和25年)
◇ 「ロマンス航路」(昭和25年)
◇ 「ふるさとの灯台」(昭和27年)
◇ 「利根の火祭り」(昭和27年)
◇ 「浅間の鴉」(昭和28年)
◇ 「舞妓物語」(昭和29年)
◇ 「おちょろ船」(昭和29年)
◇ 「君待船」(昭和29年)
◇ 「親子舟唄」(昭和30年)
◇ 「ふるさとの灯台」(昭和32年)
◇ 「別れの浜千鳥」(昭和32年)
◇ 「島育ち」(昭和37年)
◇ 「拝啓カアチャン様」朝日放送系テレビ映画主題歌(昭和39年)
◇ 「十九の春」(昭和50年)

◆ 田端義夫 / 出演CM

◇ 元旦ビューティ工業

◆ 田端義夫 / 著 書

◇ オース!オース!オース!―バタヤンの人生航路(1991年3月、日本放送出版協会)ISBN 4-14-005167-1

◆ A Related Words :
田端義夫 追悼番組 NHK 再放送/田端義夫 山口組/田端義夫 長女/田端義夫 かえり船/田端義夫 十九の春/田端義夫 ギター/田端義夫 歌詞/田端義夫 島育ち/ユーチューブ 田端義夫/田端義夫ふるさとの灯台/田端義夫 家族/田端義夫男召されて/田端義夫 結婚/田端義夫 プロフィール/田端義夫 略歴/田端義夫 死去

Page Top

スマートフォン / PC サイト