追悼の森 =中坊公平さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】 著名人訃報一覧【な~に~ぬ~ね~の】  著名人訃報一覧 2013年 著名人訃報一覧 Ver.26
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

元日弁連会長  中坊公平 さん死去

2013年(平成25年)5月3日 死去 享年83歳

中坊公平写真  

元日弁連会長  中坊 公平 さん死去

「平成の鬼平」の異名を取った元日本弁護士連合会会長の 中坊 公平(なかぼう こうへい)さんが2013年(平成25年)5月3日午前8時5分、心不全のため京都市内の病院で死去した。83歳だった。

森永ヒ素ミルク被害者弁護団長や、巨額の消費者被害を出した豊田商事の破産管財人を務めた。また、破綻した金融機関の債権回収に当たる整理回収機構(RCC)の初代社長を務めた。

人物 / 略歴

中坊 公平(なかぼう こうへい、1929年8月2日 ~ 2013年5月3日)

京都府京都市出身。元弁護士(廃業前は大阪弁護士会に所属)。

元日弁連会長。新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)特別顧問。

「平成の鬼平」と呼ばれたが、住宅金融債権管理機構の債権回収で不適切な回収が行われたことが公になり、この責任をとる形で弁護士を廃業。

◆ 略 歴

実家は京都の老舗旅館「聖護院御殿荘」。同府綴喜郡井手町育ち。

1942年 同志社中学入学。

1948年 同志社大学(新制)入学。1949年 同志社大学を退学し同志社外事専門学校編入。

京都大学法学部に入学。1952年 初の司法試験を受験するも不合格。

1953年 京都大学卒業、2度目の司法試験不合格。

◆ 新人弁護士時代

1954年 3回目24歳にして司法試験合格、翌年に司法修習生(9期)となるも給料はすべて自分の小遣い、父親を騙して無心と放蕩三昧の日々を送る。

1957年 2年間の司法修習生活を終え「イソ弁」(居候弁護士の意)に。遊び癖が抜けず遊蕩三昧、月末は困窮していた。

1959年2月 婚約時からあまり良い顔をしてなかった両親と嫁の仲がそぐわず、結婚を機会に家から離れ、冷蔵庫無し、TV無し、二間、台所、トイレ、洗濯機付の新居で新婚生活スタート。

◆ 森永ヒ素ミルク中毒事件

1973年 森永ヒ素ミルク中毒事件の弁護団長を引き受ける。

その後裁判は毎月2日、終日開廷というハイペースで進み、会議、調査、資料作成打ち合わせに忙殺された中坊は入眠困難、味覚障害などの体調及び精神面での障害を起こす。

同年12月、執行部が原告団に提訴取り下げを通告、突然の出来事に中坊はショックで駅のホームから飛び降りそうになる。

◆ 豊田商事事件

1985年 ペーパー商法で破産した豊田商事の管財人に就任。

同社の外務員が国に一度納めた源泉徴収済みの所得税を返還させるため、一人で大蔵省へ通いつめたり、実情を知りながら同社の資金に群がっていた企業を説得したり、元社員らの住居を訪ね支払われた給与の返還を求めたり、結果、被害総額の一割を回収、被害者へ還付する。当時の活動は「プロジェクトX ~挑戦者たち~ ・ 悪から金を取り返せ」として採り上げられた。

◆ 日弁連会長

1990年 日本弁護士連合会会長に就任。龍谷大学で客員教授として教鞭をとる。

◆ 豊島産業廃棄物問題

1993年 豊島産業廃棄物問題について、地元住民と共に解決への活動を開始する。

◆ 整理回収機構

1996年 住宅金融債権管理機構の社長、1999年には整理回収機構の社長に就任。

その間、ニュースステーション等の報道番組に出演し難解な法律、金融問題を解説していた。しかし生来計算が苦手だった中坊は債権処理に携わってくれた銀行マンに「申し訳ないけど、銀行に勤めたとしても課長になれたかどうかも怪しい」と言われる。

1998年12月7日、住宅金融債権管理機構代表であった中坊は、安田好弘弁護士を強制執行妨害罪で警視庁捜査二課に告発、安田弁護士は逮捕され、最高裁で罰金50万円の有罪判決が確定。(安田好弘#強制執行妨害事件(安田事件))

1999年7月27日 司法制度改革審議会の委員に就任(2001年7月26日まで)。

2000年3月7日 小渕恵三首相から内閣特別顧問に任命された。しかし4月に内閣が総辞職するにともない、内閣特別顧問を辞任した。

2000年 住宅金融債権管理機構の社長であった時に、同機構において一部で病気静養中の人間の私財を差し押さえるなど不適切な債権回収が行われていたことが明らかになる。2003年 その責任を取る形で弁護士の登録取消届を提出。

2002年5月、司法改革国民会議が発足、運営委員に加わった。

2002年10月、朝日住建の債権回収について詐欺行為があったと刑事告発され、機構社長を辞任。

◆ 弁護士引退後

2003年10月10日、所属する大阪弁護士会に登録抹消届と退会届を提出し弁護士を廃業。

2005年11月11日に登録取消届が受理され、正式に廃業が決まった。

2013年5月3日午前8時5分、心不全のため京都市内の病院で死去した。83歳没。

特記事項

◆ 中坊公平 / 主な受賞歴

1998年、豊島産廃不法投棄事件への取り組みに対して日韓国際環境賞を受賞。

◆ 中坊公平 / 著書 ・ 書籍

◇ 『中坊公平・私の事件簿』 2000年、集英社
◇ 『金ではなく鉄として』 2002年、岩波書店
◇ 『現場に神宿る』 2006年、現代人文社
◇ 『住専を忘れるな~中坊公平が語る正義の回収~』 岩波ブックレット
◇ 『中坊公平という現場』 五月書房
◇ 『道理に生きる』 PHP研究所
◇ 『罪なくして罰せず』 朝日新聞社
◇ 『中坊公平の「人間力」』
◇ 『野戦の指揮官・中坊公平』 日本放送協会∥著 日本放送出版協会
◇ 『中坊公平への手紙』 佐高信∥著 毎日新聞社
◇ 『中坊公平の修羅に入る』 高尾義彦∥著 毎日新聞社
◇ 『中坊公平の闘い』 藤井良広∥著 日本経済新聞社

◆ A Related Words :
中坊公平 息子/中坊公平 名言/中坊公平 画像/中坊公平 家族/中坊公平さんを偲ぶ会/中坊公平 偲ぶ会/中坊公平の功罪/中坊公平 住所/中坊公平 ウィキペディア/中坊公平 ニュース/中坊 公平 孫/中坊 公平 弁護士/中坊 公平 旅館/中坊公平 プロフィール/中坊公平 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト