追悼の森 =五十嵐広三さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2013年 著名人訃報一覧 Ver.27
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

政治家、実業家  五十嵐広三 さん死去

2013年(平成25年)5月7日 死去 享年87歳

五十嵐広三写真  五十嵐広三訃報

訃報サイト

政治家、実業家  五十嵐 広三 さん死去

村山内閣で官房長官を務めた元社会党衆院議員の 五十嵐 広三(いがらし こうぞう)さんが2013年(平成25年)5月7日午前5時18分、肺炎のため札幌市内の病院で死去した。87歳だった。

1963年(昭和38年)社会党から旭川市長に当選し、3期を務めた。1980年(昭和55年)衆議院議員に初当選(通算5期)。1993年(平成5年)細川連立内閣の建設相、1994年(平成6年)村山連立内閣の官房長官などを歴任し、1996年(平成8年)に政界を引退していた。

人物 / 略歴

五十嵐 広三(いがらし こうぞう、1926年3月15日 ~ 2013年5月7日)

北海道旭川市に生まれる。実業家、政治家。勲等は勲一等。

企業組合ほっかい民芸舎理事長、北海道民芸品株式会社代表取締役社長、北海道旭川市長、衆議院議員(5期)、建設大臣(第59代)、内閣官房長官(第58代)、株式会社ほくみん代表取締役会長などを歴任した。

◆ 略 歴

1943年に北海道庁立旭川商業学校を卒業後、愛別村立愛山国民学校の助教として勤務した。

その後、陸軍第7師団に入営し訓練を受けていたが、1945年に太平洋戦争が終結した。

1953年に民芸品販売店を開き、ほっかい民芸舎の理事長、北海道民芸品の社長などを歴任した。以来、実業家として、雑穀商、民芸会社、地方新聞社などを手広く経営した。

◆ 地方政界にて

1963年、37歳で日本社会党から旭川市長選挙に立候補して当選。当時の全国最年少首長となる。

アイディア市長として全国に知られ、3期12年の市長在任中には日本初の恒久的な歩行者天国「平和通買物公園」の開設(1972年)、旭山動物園の開業(1967年)などを実現した。地元の財界とも協力し、北海道東海大学や旭川医科大学の誘致に成功した。また、中原悌二郎賞や小熊秀雄賞を創設した。

旭川市長辞職後に、1975年、1979年の2度にわたり北海道知事選挙に革新統一として立候補するも、いずれも保守系現職の堂垣内尚弘に敗れた。

◆ 国政にて

1980年、第36回衆議院議員総選挙に日本社会党より出馬し、北海道第2区にて初当選を果たす。以後通算当選5回。

1991年、日本社会党委員長の田邊誠を首班とする「社会党シャドーキャビネット」においては、自治・環境委員会の委員長に就任した。1992年からは自治委員会の委員長となり、日本社会党委員長が田邊から山花貞夫に交代して以降も、引き続き再任された。

1993年、細川内閣において建設大臣として初入閣を果たした。歴代大臣として初めて長良川河口堰事業の見直しに着手する。

1994年、村山内閣の内閣官房長官として再び入閣を果たし、自社さ連立政権を支える。戦後処理問題や地方分権の推進に取り組んだ。

1996年、政界を引退。1997年、勲一等瑞宝章を受章。翌年、旭川市名誉市民に推挙された。

晩年は再び実業家として、自身が創業した民芸会社「ほくみん」の会長を務めていた。

2013年5月7日、午前5時過ぎに肺炎のため札幌市内の病院にて死去。87歳没。

◆ 略年譜

1926年 - 北海道旭川市にて誕生。
1943年 - 北海道庁立旭川商業学校卒業。
1953年 - 五十嵐広三商店創業。
1960年 - 北海道民芸品社長。
1963年 - 旭川市長選挙当選。
1975年 - 北海道知事選挙落選。
1979年 - 北海道知事選挙落選。
1980年 - 第36回衆議院議員総選挙当選(北海道第2区)。
1983年 - 第37回衆議院議員総選挙当選(北海道第2区)。
1986年 - 第38回衆議院議員総選挙当選(北海道第2区)。
1990年 - 第39回衆議院議員総選挙当選(北海道第2区)。
1991年 - 日本社会党自治・環境委員会委員長。
1992年 - 日本社会党自治委員会委員長。
1993年 - 日本社会党自治委員会委員長。
1993年 - 第40回衆議院議員総選挙当選(北海道第2区)。
1993年 - 建設大臣(細川内閣)。
1994年 - 内閣官房長官(村山内閣)。
2004年 - ほくみん会長。
2013年 - 北海道札幌市にて死去。

特記事項

◆ 栄 典

1997年 - 勲一等瑞宝章。

◆ 主な著作

◇ 『市民運動の証言 ドキュメント旭川』 1970年10月 鶴書房
◇ 『人間都市復権 都市新時代を先導する旭川方式』(高橋芳郎との共編著) 1973年 大成出版社
◇ 『北斗七星 随筆集』 1974年11月 五十嵐広三の本を出版する会
◇ 『掘る・耕す・創る 北海道にひらく自治の実践と論理』 1978年10月 楡書房
◇ 『官邸の螺旋階段 市民派官房長官奮闘記』 1997年8月 ぎょうせい ISBN 4-324-05244-1
◇ 『まちづくり・国づくり』(西尾六七との共著) (北海道町村会企画調査部企画編集・地方自治土曜講座ブックレットNO.9) 1997年2月 北海道町村会企画調査部 ISBN 4-87555-304-8

◆ A Related Words :
五十嵐広三 病院/五十嵐広三 画像/五十嵐広三 官房長官/五十嵐広三 市民葬/五十嵐広三 ほくみん/五十嵐広三 写真/五十嵐広三 家族/五十嵐広三 北海道新聞/五十嵐広三 偲ぶ会/五十嵐広三 お別れ会/五十嵐広三元官房長官/五十嵐広三 訃報/五十嵐広三 プロフィール/五十嵐広三 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト