追悼の森 =相澤秀禎さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2013年 著名人訃報一覧 Ver.31
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

サンミュージックの創業者  相澤秀禎 さん死去

2013年(平成25年)5月23日 死去 享年83歳

相澤秀禎写真  

サンミュージック創業者  相澤秀禎 さん死去

大手芸能事務所 サン ミュージックプロダクションの創業者で、代表取締役会長の 相澤 秀禎(あいざわ ひでよし)さんが2013年(平成25年)5月23日午後10時27分、すい臓がんのため東京都新宿区内の病院で死去した。83歳だった。

1961年(昭和36年)、「龍美プロ」を立ち上げて日本クラウンより西郷輝彦をデビューさせた。その後、サンミュージックプロダクションに改称し、森田健作を始め、野村将希、桜田淳子、松田聖子、香坂みゆき、早見優、岡田有希子、酒井法子、安達祐実など多くのタレントをスカウト 育成し、デビューさせた。「女性アイドルと言えばサンミュージック」といわれるまでの評価を確立させた。昨年11月の検査で膵臓と肝臓内の数ヵ所に腫瘍が見つかっていたという。

人物 / 略歴

相澤 秀禎(あいざわ ひでよし、1930年1月20日 ~ 2013年5月23日)

神奈川県横須賀市出身。本名は相澤芳郎。実業家、芸能プロモーター。

サンミュージックプロダクションの創業者で初代社長。

◆ 略 歴

実家は金物商。中学生の時に第二次世界大戦終戦を迎え、横須賀に進駐軍が駐留した際にカントリー・ミュージックに触れるようになる。

法政大学在学中にバンド・ウエストキャラバンを結成。プロのスティール・ギター奏者として自ら演奏活動を行う傍ら歌手のマネジメントにも携わり、佐々木功、佐川満男の発掘を行う。

1961年、「龍美プロ」を立ち上げて日本クラウンより西郷輝彦をデビューさせた。

1968年、鈴木栄治をスカウトし、森田健作としてデビューさせるにあたり龍美プロをサンミュージックプロダクションと改称し設立。

その後、森田健作を始め、野村将希、桜田淳子、松田聖子、香坂みゆき、早見優、岡田有希子、酒井法子、安達祐実といったタレントをスカウト・育成し、デビューさせた。

桜田、松田、早見、岡田、酒井の存在で「女性アイドルと言えばサンミュージック」という評価を確立させている。

また1973年には、以前からマネージメントしたいとラブコールを送っていた都はるみの移籍も実現させている。

2004年12月、創業以来36年間務めてきた社長の座を長男の相澤正久に譲り、自らは会長に就任。自身のブログでは生涯マネージャーを標榜し、その生前には全国の事務所オーディションに自ら足を運んで有望な若者を発掘することに意欲を燃やし続けていた。

かつての商売敵であり、ピンクレディー育ての親として知られる貫泰夫・T&Cミュージック社長も自らのブログのなかで「相澤さんの所ほどアットホームな事務所はないだろう」と述べているように女性タレントの面倒見のよさで知られ、松田・岡田・酒井をデビュー当時に自宅に引き取り公私にわたり面倒を見た。

また、1970年代当時渡辺プロダクションが年功序列の給与制を敷き吉本興業等が完全歩合制を敷く中で、基本給にプラスして歩合給も支給していた。

◆ 晩年

2009年9月、酒井法子が覚せい剤取締法違反(所持)の罪で起訴された件を受け、管理責任を取って会長を辞任、代表権のない相談役に退くも2010年10月には会長に復帰している。

晩年は脾臓と肝臓に腫瘍が見つかり、通院を繰り返していた。

2013年5月23日の22時27分に、膵臓癌のため入院先の東京都内の病院で死去した。83歳没。戒名は「幸響院讃譽秀偉浄楽清居士」。

特記事項

稲増龍夫著「アイドル工学」のインタビューの中で、「ただテレビに出たいだけというような志の低い子は採用しない」と述べるなどタレント育成に厳しい一面も見せていた。

◆ 相澤秀禎 / 著書

◇ 松田聖子のバランスシート(1983年、光文社)

◆ A Related Words :
相澤秀禎 息子/相澤秀禎 告別式/相澤秀禎 葬儀/相澤秀禎 岡田/相澤秀禎 ブログ/相澤秀禎 松田聖子 確執/相澤秀禎 下宿/相澤秀禎 写真/相澤秀禎 サンミュージック会長/サンミュージック 相澤秀禎/相澤秀禎 プロフィール/相澤秀禎 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト