追悼の森 =大鵬幸喜さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】 著名人訃報一覧【た~ち~つ~て~と】  著名人訃報一覧 2013年 著名人訃報一覧 Ver.4
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

大相撲の第48代横綱
大鵬 幸喜 さん死去

2013年(平成25年)1月19日 死去 享年72歳

大鵬幸喜写真 

大相撲の第48代横綱  大鵬幸喜 さん死去

大相撲で史上最多の幕内優勝32回を記録した元横綱大鵬の 納谷 幸喜(なや こうき)さんが2013年(平成25年)1月19日午後3時15分、心室頻拍のため東京都内の病院で死去した。72歳だった。

1956年(昭和31年)に二所ノ関部屋にスカウトされ角界入り。同年、秋場所で初土俵を踏んだ。1961年(昭和36年)秋場所後に21歳で第48代横綱に昇進した。以降、同じく名横綱の柏戸と「柏鵬時代」と呼ばれる黄金期を築き、「巨人、大鵬、卵焼き」の流行語まで生まれるほどの人気を誇った。

人物 / 略歴

大鵬 幸喜(たいほう こうき、1940年(昭和15年)5月29日 ~ 2013年(平成25年)1月19日)

北海道川上郡弟子屈町川湯温泉(出生地は樺太敷香郡敷香町)出身。本名は納谷 幸喜(なや こうき)。元大相撲力士。

◆ 誕生 ~ 入門

1940年(昭和15年)に、ロシア革命後に樺太へ亡命したウクライナ人のコサック騎兵隊将校、マルキャン・ボリシコの三男として、樺太の敷香町(現・ロシアサハリン州ポロナイスク)に生まれた。

北海道での生活は母子家庭だったことから大変貧しく、母親の再婚によって住吉姓に改姓した。

再婚相手とは大鵬が10歳の時に離婚したため、大鵬は納谷姓に戻った。

1956年(昭和31年)に二所ノ関一行が訓子府へ巡業に来た時に紹介され、高校を中途退学して入門した。

◆ 初土俵 ~ 横綱時代

1960年(昭和35年)1月場所で新入幕を果たす。

また、新入幕から6場所目での初優勝は年6場所制以降では当時の最速記録(後に佐田の山晋松が3場所目で12勝3敗の成績で初優勝を記録している)

新入幕で初めて敗れた柏戸剛と競い合い、終戦直後の復興から高度経済成長期の相撲黄金時代を支え、1961年(昭和36年)に揃って横綱に推挙、「柏鵬(はくほう)時代」と言われる黄金時代を築いた。

1971年(昭和46年)1月場所には32回目の優勝を果たし、同年3月場所でも12勝と健在ぶりを示したが、同年5月場所で栃富士勝健に敗れた際に尻から落ちたことで体力の限界を感じ、さらに5日目には新鋭だった貴ノ花利彰に同じく尻から落ちる敗戦を喫すると、現役引退を表明した。

◆ 現役引退後

引退後は大鵬部屋を創立し、関脇巨砲丈士・幕内嗣子鵬慶昌たちを育成した。

定年後、部屋は娘婿の貴闘力忠茂(現役時代は二子山部屋所属)に譲ったが、部屋名は「大鵬」が一代年寄であったので、もともと所有していた「大嶽」部屋とした。

しかし、貴闘力は賭博問題で2010年(平成22年)7月4日に解雇となってしまい、その後は大鵬の直弟子の大竜忠博(最高位は十両)が部屋を継ぐことになった。

2013年1月19日午後3時15分、心室頻拍のため東京都内の病院で死去した。享年72歳。

特記事項

一時期、母親の再婚によって住吉 幸喜(すみよし こうき)と名乗っていたこともあった。

◆ 大鵬 幸喜 / 主な成績

◇ 幕内成績:746勝144敗136休 勝率.838(勝率では取り直し制度導入以降1位)
◇ 横綱成績:622勝103敗136休 勝率.858(同3位)

◆ A Related Words :
大鵬幸喜 長女/大鵬幸喜 三女/大鵬幸喜の家族/大鵬幸喜 国民栄誉賞/大鵬幸喜の母/大鵬幸喜死去/大鵬幸喜 追悼/大鵬幸喜葬儀/人間大鵬幸喜/大鵬幸喜の子供/大鵬幸喜死因/大鵬幸喜の病名/大鵬幸喜 プロフィール/大鵬幸喜 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト