追悼の森 =天田昭次さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2013年 著名人訃報一覧 Ver.41
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

人間国宝の刀匠  天田昭次 さん死去

2013年(平成25年)6月26日 死去 享年85歳

天田昭次写真  天田昭次訃報

訃報サイト

人間国宝の刀匠  天田昭次 さん死去

人間国宝の刀匠 天田 昭次(あまた あきつぐ)さんが2013年(平成25年)6月26日午前8時3分、肺炎のため新潟県新発田市の県立新発田病院で死去した。85歳だった。

本名は天田誠一(あまた せいいち)。刀剣作家として、独自に研究した「自家製鉄」を用いて鎌倉時代の鍛法(たんぽう)伝承に努め、刀づくりに一生涯をかけた。長年の努力が結実し、1997年(平成9年)、重要無形文化財保持者(人間 国宝)という最高名誉を極めた。

人物 / 略歴

天田 昭次(あまた あきつぐ、1927年(昭和2年)8月4日~ 2013年(平成25年)6月26日)

新潟県北蒲原郡本田村(現:新発田市)に生まれる。刀匠。

重要無形文化財保持者(人間 国宝)。全日本刀匠会理事長。勲四等旭日章受章。新発田市名誉市民。

◆ 略 歴

刀匠天田貞吉の長男として生まれ、小学校卒業と同時に上京し、日本刀鍛錬伝習所に学ぶ。

1951年(昭和26年)に作刀第1号となる日米講和条約記念刀を製作した。

戦後、鎌倉時代後期の相州伝の研究を始め、国内で砂鉄を求め、自家製鉄の取り組みを開始。1977年、1985年、1996年の3度、現代刀界で最も権威のある新作刀展覧会で最高賞の正宗賞を受けた。また、豊浦町の閉町記念刀や新発田城復元完成記念太刀を製作し、地域貢献にも努めた。

全日本刀匠会理事長も務め、1997年に人間国宝に認定された。1999年、勲四等旭日章受章。2003年には新発田市の名誉市民となった。

特記事項

秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第一男子、悠仁親王(ひさひとしんのう)の誕生当日、2006年(平成18年)9月6日、賜剣の儀が行われ、祖父である今上天皇から守り刀(天田昭次 作)が贈られた。

◆ A Related Words :
天田昭次 値段/天田昭次 作品/天田昭次 遺作展/天田昭次 価格/人間国宝 天田昭次/天田昭次 お別れ会/天田昭次 Wiki/刀匠天田昭次/天田昭次 日本刀/天田昭次 人間国宝/天田昭次 プロフィール/天田昭次 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト