追悼の森 =吉田昌郎さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【や~ゆ~よ】 著名人訃報一覧【や~ゆ~よ】  著名人訃報一覧 2013年 著名人訃報一覧 Ver.46
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

元福島第一原子力発電所所長  吉田昌郎 さん死去

2013年(平成25年)7月9日 死去 享年58歳

吉田昌郎写真  

東京電力株式会社 元福島第一原子力発電所所長  吉田 昌郎 さん死去

東京電力福島第1原子量発電所の元所長で、事故の復旧作業を陣頭指揮した 吉田 昌郎(よしだ まさお)さんが2013年(平成25年)7月9日午前11時32分、食道がんのため東京都新宿区の慶應義塾大学病院で死去した。58歳だった。

所長在任中の2011年(平成23年)3月、東日本大震災直後、その影響で発生した福島第一原子力発電所事故の収束作業を指揮したことで知られる。人間ドックで食道癌が発見され、2011年11月24日に入院した。その後、12月1日付で病気療養のために所長職を退任していた。

人物 / 略歴

吉田 昌郎(よしだ まさお、1955年2月17日 ~ 2013年7月9日)

大阪府出身。東京電力株式会社元執行役員福島第一原子力発電所所長。

所長在任中の2011年3月、東日本大震災直後、その影響で発生した福島第一原子力発電所事故の収束作業を指揮したことで知られる。

◆ 略 歴

大阪教育大学附属天王寺中学校、大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎を経て、1977年に東京工業大学工学部を卒業。

1979年、同大大学院で原子核工学を専攻。

通商産業省からも内定を貰っていたが、大学の先輩の勧めで東京電力に入社。

社内の評価は「豪快」「親分肌」、部下思いのため現場の信望は厚く性格はおおらかといわれている。偉ぶることのない性格で、部下の社員のみならず、下請け企業の作業員からも人望があった。

各地の原子力発電所の現場作業を転々とし、本店勤務は数えるほどだった。福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所両原発の発電部保守課、ユニット管理課などを経て、福島第一原子力発電所1、2、3、4号ユニット所長を務めた。

2007年4月1日付で、本店に原子力技術・品質安全部を改組して新たに設置された原子力設備管理部の部長につき、その後執行役員兼務となる。

2008年には、東京電力社内で、福島第一原子力発電所に想定を大きく超える津波が来る可能性を示す評価結果が得られた際、吉田が部長を務める原子力設備管理部は「そのような津波が来るはずはない」と主張。上層部も了承したため建屋や重要機器への浸水を防ぐ対策が講じられなかった。

2010年6月から執行役員・福島第一原子力発電所所長。4度目の福島第一原子力発電所勤務であった。

2011年3月に東日本大震災とそれに伴う福島第一原子力発電所事故が起こり、現場で対応に当たった。

内閣府原子力災害対策本部の理解を得られていないため海水注入作業を一時中断せよとの東京電力本店からの命令を無視し、独断で海水注入を続けさせたことで、6月に上司の武藤栄副社長が解任論を唱えたり、班目春樹原子力安全委員会委員長からも「中断がなかったのなら、私はいったい何だったのか。」などと不信の声が上がった。

これに対し菅直人内閣総理大臣が「事業者の判断で対応することは法律上、認められている。結果としても注入を続けたこと自体は決して間違いではなかった。」と解任は不要との見解を示し、武藤副社長らの解任論を抑えた。

一方、ニュースキャスターの辛坊治郎は、このような原子力災害対策特別措置法に基づく意思決定ルートに反する行為を認めると責任者が不明になる、と批判している。

所長として、体調不良を押して4号機燃料プールの補強工事を行っていたが、人間ドックで食道癌が発見され、2011年11月24日に入院した。

その後、2011年12月1日付で病気療養のために所長職を退任し、本店の原子力・立地本部事務委嘱の執行役員に変更となった。

入退院を繰り返し、抗癌剤治療を経て、2012年に食道切除術を受けた。その後、東京電力福島原子力発電所事故調査委員会の調査などを受けていたが、2012年7月30日、東京電力は26日に吉田が外出先で脳出血のため倒れ緊急入院し、緊急手術が行われたと発表した。容態については「重篤だが意識はあり、生命に別条はない。」とした。

治療の傍ら、事故の回想録の執筆を行なっていたが、2013年7月8日の深夜に容態が悪化、翌7月9日、食道癌のため慶應義塾大学病院で死去。58歳没。

特記事項

高校時代は剣道部と写真部、大学時代はボート部に所属。

◆ 吉田 昌郎 / 年譜

◇ 1955年 - 大阪府生まれ。
◇ 1970年 - 大阪教育大学附属天王寺中学校卒業(21期)。
◇ 1973年 - 大阪教育大学教育学部附属高等学校天王寺校舎卒業(15期)。
◇ 1977年 - 東京工業大学工学部機械物理工学科卒業。
◇ 1979年 - 東京工業大学大学院理工学研究科原子核工学専攻修士課程修了。
◇ 1979年 - 東京電力入社。
◇ 2007年 - 東京電力執行役員 原子力・立地本部原子力設備管理部長(初代)。
◇ 2010年 - 東京電力執行役員 原子力・立地本部福島第一原子力発電所所長 兼 立地地域部福島第一原子力調査所所長。
◇ 2011年 - 東京電力執行役員 原子力・立地本部福島第一安定化センター福島第一原子力発電所長 兼 立地地域部福島第一原子力調査所所長。
◇ 2011年11月24日 - 食道癌の治療のため入院。
◇ 2011年12月1日 - 東京電力執行役員・原子力・立地本部事務委嘱(病気療養のため)。
◇ 2012年2月 - 食道切除術を受ける。
◇ 2012年7月26日 - 脳出血で倒れ緊急入院・手術。
◇ 2013年7月9日 - 食道癌のため慶應義塾大学病院で死去。

◆ A Related Words :
吉田昌郎 死因/吉田昌郎 息子/吉田昌郎 創価学会/吉田昌郎 子供/吉田昌郎 弔電/吉田昌郎 犯罪者/吉田昌郎 2ch/吉田昌郎 家族/吉田昌郎 Wiki/吉田昌郎 500日/吉田昌郎 プロフィール/吉田昌郎 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト