追悼の森 =石坂まさをさん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2013年 著名人訃報一覧 Ver.54
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

作詞家、作曲家  石坂まさを さん死去

2013年(平成25年)3月9日 死去 享年71歳

石坂まさを写真  石坂まさを訃報

訃報サイト

作詞家、作曲家  石坂 まさを さん死去

演歌歌手、藤圭子の「圭子の夢は夜ひらく」など多くのヒット曲を手掛けた作詞家 石坂 まさを(いしざか まさを)さんが2013年(平成25年)3月9日午後11時23分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。71歳だった。

1970年(昭和45年)、28歳の時、歌手の藤圭子さんの「 圭子の夢は夜ひらく」を作詞し、ミリオンセラーとなり話題となった。その後も、人生をテーマとした作詞活動に情熱を注ぎ 演歌の世界でヒットを連発した。癌(がん)を患っており、最近1カ月の容体は一進一退だったという。

人物 / 略歴

石坂 まさを(いしざか まさを、1941年5月18日 ~ 2013年3月9日)

東京都新宿区出身。本名は澤ノ井 龍二。作詞家、作曲家。

◆ 略 歴

母子家庭に育ち少年時代は寂しがりやであった。職業を転々とするうちに作詞家を志す。

女手一つで育ててくれた母、千江への思慕は深く、初期のペンネームである「沢ノ井千江児」も、母の名を由来としているのは、知る人ぞ知る処である。

28歳のとき、藤圭子をプロデュースしミリオンセラーとなり話題となる。その後も、プロデューサー兼作詞家というスタンスで作詞活動を行い、演歌の世界でヒットを連発する。

その一方で少年期から病弱であり、肺結核を患ったり、糖尿病が原因の網膜剥離による左目失明といった苦難にあう。それでも秋吉恵美のアルバム「心歌」のプロデュースなど、人生をテーマとした作詞活動に情熱を注いだ。

2013年3月9日、長年の闘病生活の末にこの世を去った。71歳没。

特記事項

藤圭子の名付け親として知られ、1969年にデビュー曲「新宿の女」を手掛けた。その後、「十五、十六、十七と、私の人生暗かった」の歌詞で有名な「圭子の夢は夜ひらく」が大ヒット。二人の出世作となった。

◆ 石坂 まさを / 主な楽曲

◇ 秋吉恵美「心ヒロシマ」(作詞・作曲)「心友」「心歌」(作詞)
◇ 鮎川いずみ「冬の花」(作詞)
◇ 石坂まさを「心たんぽぽ」(作詞)
◇ 石坂みき「このはなさくや姫」(作詞)
◇ 市原悦子「ねねしな灯台」(作詞)
◇ 五木ひろし「おしどり」「べにばな」「ゆめかぜ」「弾き語り」(作詞)
◇ 内田あかり「浮世絵の街」(作詞)
◇ 江本孟紀「恋する御堂筋」(作詞)
◇ 大石円「恋のしのび雨」(作詞)
◇ 岡野勝二 &張麗華「石坂まさを一人旅して」(作詞)「全国我が町音頭3354(テープ51巻)」(作詞)
◇ 小川順子「夜の訪問者」(作詞)
◇ 克美しげる「雪山に消えたあいつ」(作詞【沢ノ井千江児名義】)
◇ 桂京子「お待たせしました」(作詞)
◇ 桂三枝「四季の恋人」(作詞)
◇ 加藤登紀子「漂泊の海へ」(作詞)
◇ 角川博「涙ぐらし」(作詞・作曲)「許してください」(作詞)
◇ 川中美幸「あなたに命がけ」(作詞)
◇ 銀次「女町エレジー」(作詞)
◇ 玄哲也「夕焼けは俺の故郷」(作詞)
◇ 郷ひろみ「花のように鳥のように」(作詞)
◇ 小林旭「北へ」「ギター抱えたひとり旅」(作詞)
◇ ザ・アキラ「ザ・アキラブルース」(作詞)
◇ 西城秀樹「漂流者たち」(作詞・作曲)
◇ 酒井法子「おとぎの国のBirthday」(作詞)
◇ 桜たまこ「東京娘」「おじさんルンバ」(作詞)
◇ 山川ユキ「新宿ダダ」(作詞・作曲)
◇ 三条正人 東京ロマンチカ「明日からあなたは」(作詞)
◇ 枝園清一「心家なき子」(作詞)
◇ ジュディ・オング「愛は命」(作詞)
◇ 平辰「心寿」(作詞)
◇ ちくらひろし「南国旅情」(作詞)
◇ 千葉マリア「忘れじ京都」(作詞)
◇ ディック・ミネ&淡谷のり子「モダンエイジ」(作詞)
◇ 敏いとうとハッピー&ブルー「倖わせそうな女」(作詞)
◇ 中村美律子「笑売」(作詞)
◇ 中森明菜(大西美帆名義)「CARIBBEAN」(作詞)
◇ 中山和美「心宿」(作詞)
◇ 名雪裕子「心母」(作詞)
◇ 西川峰子「十九の夢」(作詞)
◇ パンプキン「そよ風の騎士」「恋はおまかせ」(作詞)
◇ 藤圭子「新宿の女」(作詞・作曲)「圭子の夢は夜ひらく」「女のブルース」「みちのく小唄」「命預けます」(作詞)
◇ 藤田まこと「心ぐらし」「人生風車」(作詞)
◇ ペトロ&カプリシャス「通りすぎた季節」(作詞)
◇ 細川たかし「北の旅愁」(作詞)
◇ 堀内孝雄「のどか」(作詞)
◇ 内山田洋とクール・ファイブ「雨のしのび逢い」(作詞)
◇ 増位山太志郎「いたわりあい」(作詞)
◇ 松原曾平「大阪恵比寿」(作詞)
◇ 三笠優子「浪花の夢」(作詞)
◇ 美空ひばり「さすらい東京」(作詞)
◇ 南沙織「哀しみの家」「シャワーの中で」「夢をかえして」(作詞)
◇ 『人恋しくて』(1975.12.5)収録。
◇ MOJO「若き旅人」「俺は釣りキチ三平だ」(作詞)
◇ 望月浩「君にしびれて」(作詞)
◇ 八木成一「やきとりブルース」(作詞)
◇ 柳澤順子「あなたに片想い」「我が町に愛を」(作詞・作曲)
◇ 矢野裕子「夕枯れの街から」(作詞)
◇ 橋本実加子「ツイン・ホリデー」(作詞)
◇ 「日本全国わが町音頭」(1987年発表当時の全国市町村を題材に作詞。全編あわせて3355番)
◇ 渡部やえ「ハイよろこんで七福神」(作詞・作曲)

◆ A Related Words :
石坂まさを 藤圭子/石坂まさを きずな/石坂まさを 偲ぶ会/石坂まさを 画像/石坂まさを お別れの会/石坂まさをさん/石坂まさを事務所/石坂まさを しのぶ会/石坂まさを 息子/石坂まさを 告別式/石坂まさを プロフィール/石坂まさを 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト