追悼の森 =やなせたかし さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【や~ゆ~よ】 著名人訃報一覧【や~ゆ~よ】  著名人訃報一覧 2013年 著名人訃報一覧 Ver.64
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

漫画家  やなせたかし さん死去

2013年(平成25年)10月13日 死去 享年94歳

やなせたかし写真  

漫画家  やなせたかし さん死去

漫画界の最長老で、国民的な人気アニメ「アンパンマン」などの作品で知られた漫画家の やなせ たかし(本名:柳瀬嵩)さんが2013年(平成25年)10月13日午前3時8分、心不全のため東京都文京区の順天堂大学医学部附属順天堂医院で死去した。94歳だった。

1988年(昭和63年)、人気絵本シリーズ「アンパンマン」が「それいけ!アンパンマン」(日本テレビ系)としてアニメ放送が開始された。正義の味方アンパンマンに加え、多くのユニークなキャラクターが繰り広げる物語は 幅広い年齢層に受け入れられた。また、2009年(平成21年)にはキャラクター数がギネス世界記録に認定されている。今年8月下旬 から体調を崩し入院していた。

人物 / 略歴

やなせ たかし、1919年(大正8年)2月6日 ~ 2013年(平成25年)10月13日)

東京府北豊島郡滝野川町(現:東京都北区)に生まれる。高知県香美郡在所村(現:香美市)出身。本名は柳瀬 嵩(読み同じ)。

漫画家、絵本作家、イラストレーター、歌手、詩人。

日本漫画家協会理事長、日本漫画家協会会長を歴任。有限会社やなせスタジオ社長。

過去にはデザイナー、編集者、舞台美術家、演出家、司会者、コピーライター、作曲家、シナリオライターなど多分野で活躍した経歴があり、作曲家としてはミシェル・カマという筆名を使う。

編集者としては、サンリオから刊行されていた雑誌『詩とメルヘン』の編集長を長年務めた(1973年 ~ 2003年)。現在は季刊雑誌『詩とファンタジー』に責任編集という形で関わっている。

◆ 略 歴

自伝によると、在所の実家は伊勢平氏の末裔で300年続く旧家であったという。父は上海の東亜同文書院を卒業後、講談社で編集者を務めていた。

1924年(大正13年)に父がアモイで死去した。やなせは母や弟とともに高知市に暮らすようになる。

後免野田組合小学校(現:南国市立後免野田小学校)を経て、高知県立高知城東中学校(現:高知県立高知追手前高等学校)に進む。

少年時代は『少年倶楽部』を愛読し、中学生の頃から絵に関心を抱いて官立旧制東京高等工芸学校図案科(現:千葉大学工学部デザイン学科)に進学した。当時の同期生に風間完がいる。官立東京高等工芸学校卒業後、田辺製薬(現:田辺三菱製薬)宣伝部に職を得る。

1941年(昭和16年)に徴兵されて、野戦重砲兵として日中戦争に出征する。乙種幹部候補生に合格して、主に高等司令部において中国人・中国兵向けのプロパガンダ宣伝ビラ(伝単)の制作を担当した。

終戦後はクズ拾いを経て高知新聞記者になり、後に夫人となる小松暢と出会う。

1947年(昭和22年)に小松を追う形で上京して、三越宣伝部のグラフィックデザイナーになり、三越在社中に漫画集団に所属、副業で漫画家をしていた。1953年(昭和28年)3月に三越を辞めて、34歳で専業漫画家となった。漫画で得る収入が三越の給料を三倍ほど上回ったことで独立を決意したという。

独立はしたものの漫画家としてはなかなか芽が出ず、漫画やイラストの仕事よりも舞台装置の製作や放送作家、作詞家としての仕事の方が多かった。

作詞家としては、いずみたく作曲のポピュラー・ソング『手のひらを太陽に』の仕事が有名。性教育用語「ワレメちゃん」を、『ウルトラQ』脚本家北沢杏子とともに考案したことでも知られる。

1966年(昭和41年)に山梨シルクセンター(現・サンリオ)の辻信太郎社長の薦めで出した詩集『愛する歌』で詩人としてデビューをした。以後、大人向けの詩集や絵本を次々に刊行して、1973年(昭和48年)には雑誌『詩とメルヘン』を立ち上げた。同年出版した子供向け絵本『あんぱんまん』が転機となり、現在は主に子供向けの童話や絵本で知られる。

1990年(平成2年) - 『アンパンマン』で日本漫画家協会賞大賞(第19回、1990年度)を受賞。
1991年(平成3年) - 勲四等瑞宝章を受章。
1995年(平成7年) - 『アンパンマン』で日本漫画家協会賞文部大臣賞(第24回、1995年度)を受賞。

香美市立やなせたかし記念館「アンパンマンミュージアム」が1996年(平成8年)7月に、同「詩とメルヘン絵本館」が1998年(平成10年)8月に、それぞれ出身地である高知県香美市で開館された。

2008年(平成20年)、東京国際アニメフェア2008 第4回功労賞を表彰受賞。

2011年(平成23年)頃より眼の調子が思わしくなくなる。2012年(平成24年)6月22日の日本漫画家協会賞の贈賞式では元気な様子を見せたが、高齢と体調不良を理由に日本漫画家協会の理事長を辞任すると発表し、同協会の会長に就任。

2013年10月13日午前3時8分、心不全のため東京都文京区の順天堂大学医学部附属順天堂医院で死去した。94歳。

特記事項

「アンパンマン」の生みの親として知られ、「アンパンマン」の人気が上がって売れっ子になった時はすでに70歳間近になっており、漫画家としては大変に遅咲きであった。

「アンパンマン」の出版社フレーベル館によると、2年ほど前に膀胱(ぼうこう)がんを患い肝臓にも転移。たびたび検査入院などをしていたという。

◆ やなせ たかし / 主な作品(童話・絵本)

◇ 十二の真珠
◇ アンパンマンシリーズ
◇ おむすびまん
◇ ニャニがニャンだー ニャンダーかめん(ピョンピョンおたすけかめん)
◇ リトル・ボオ
◇ やさしいライオン(1975年、フレーベル館)
◇ ルルン=ナンダーのほし(1976年、講談社)
◇ チリンのすず(1978年、フレーベル館)
◇ ちいさなジャンボ
◇ バラの花とジョー
◇ ガンバリルおじさんとホオちゃん
◇ ライオンららら(挿絵担当、立原えりか 小学館)
◇ ハルのふえ(2009年、小学館)
◇ は、は、は、歯のおはなし 歯科詩集(2013年、かまくら春秋社)

◆ やなせ たかし / 作詞

◇ 手のひらを太陽に(作曲:いずみたく、日本の歌百選)
◇ 星の炎に(作曲:いずみたく)(テレビアニメ『宇宙エース』主題歌)
◇ 勇気のうた(作曲:藤家虹二)
◇ おかあさんの顔(作曲:藤家虹二)
◇ ラッパと少年(作曲:寺島尚彦)
◇ しっぽはぐぐんと(作曲:山下毅雄/歌:大山のぶ代/台詞:雨森雅司)
◇ アイアイ・ミコちゃん(作曲:山下毅雄/歌:天地総子/台詞:大山のぶ代、松尾佳子)
◇ しあわせよカタツムリにのって(作曲:信長貴富)
◇ 天使のパンツ(作曲者:天井正、編曲者:小森昭宏)
◇ 夕やけに拍手(第42回NHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲)
◇ 花と草と風と(作曲:蒔田尚昊)
◇ 海と涙と私と(作曲:木下牧子、泉周二)
◇ ひばり(作曲:木下牧子)
◇ ユレル(作曲:木下牧子、泉周二)
◇ ロマンチストの豚(作曲:木下牧子、泉周二)
◇ さびしいカシの木(作曲:木下牧子、泉周二)
◇ 新宿区立新宿養護学校 校歌「ひまわりの歌」(作曲:山崎唯)
◇ 誰かがちいさなベルをおす
◇ しろいうま(作曲・編曲:タテタカコ)
◇ うなぎ小唄(作曲:ミッシェル・カマ)
◇ 星の木の下で(作曲:ミッシェル・カマ、編曲:タテタカコ)
◇ ナマコの行進曲(マーチ)(作曲:いずみたく)
◇ 東京都世田谷区立松丘幼稚園 園歌「ぼくらのうた」(作曲:いずみたく)
◇ ばら色のクジラ(混声3部合唱曲)(作曲:平吉 毅州)
◇ クラブ君の冒険(作曲:橋場清)
◇ ぼくらは仲間(作曲:鈴木憲夫)

◆ やなせ たかし / それいけ!アンパンマン

◇ アンパンマンのマーチ
◇ 勇気りんりん
◇ 勇気の花がひらくとき
◇ 生きてるパンをつくろう
◇ いくぞ!ばいきんまん
◇ アンパンマンたいそう

◆ やなせ たかし / 自伝・エッセイなど

◇ アンパンマンの遺書(1995年、岩波書店)
◇ 人間なんておかしいね 人生の言葉(こころ)(1996年、勁文社 / 2002年、たちばな出版より再版)
◇ 痛快!第二の青春 アンパンマンとぼく(2003年、講談社)
◇ 人生なんて夢だけど(2005年、フレーベル館)ISBN 457703008X
◇ 人生いつしかたそがれてわずかに残るうすあかり(2007年9月、白泉社)
◇ 絶望の隣は希望です!(2011年9月、小学館)
◇ オイドル絵っせい 人生、90歳からおもしろい!(2012年、新潮社)※高知新聞の夕刊でも連載

◆ A Related Words :
やなせたかし 死去/やなせたかし 遺産/やなせたかし 家族/やなせたかし 遺言/やなせたかし 詩/やなせたかし 名言/やなせたかし 作詞/やなせたかし ご当地キャラ/やなせたかし クリスチャン/やなせたかし 子供/やなせたかし 創価学会/やなせたかし 弟/やなせたかし記念館/やなせたかし 年収/やなせたかし 印税/やなせたかし 麒麟/やなせたかし アンパンマン 歌詞/やなせたかし 年齢/やなせたかし プロフィール/やなせたかし 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト