追悼の森 =天野祐吉さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】 著名人訃報一覧【あ~い~う~え~お】  著名人訃報一覧 2013年 著名人訃報一覧 Ver.65
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

コラムニスト  天野祐吉 さん死去

2013年(平成25年)10月20日 死去 享年80歳

天野祐吉写真  

コラムニスト  天野祐吉 さん死去

切れ味鋭い社会時評で知られたコラムニストの 天野 祐吉(あまの ゆうきち)さんが 2013年10月20日午前10時38分、間質性肺炎のため東京都目黒区内の病院で死去した。80歳だった。

雑誌「広告批評」元編集長を務め、広告批評の先駆けとして広告批評というジャンルを確立し、広く社会問題について発言してきた。また、テレビのコメンテーターとして活躍した。今月15日に高熱のため救急搬送されていた。

人物 / 略歴

天野 祐吉(あまの ゆうきち、1933年4月27日 ~ 2013年10月20日)

東京市足立区(現東京都足立区)出身。コラムニスト。

雑誌『広告批評』主宰者、マドラ出版社主でもある。

◆ 略 歴

松山一高併設中学(入学時は旧制松山中学、現:松山東高)を経て、松山南高卒業、明治学院大学中退。

創元社、博報堂を経て独立、雑誌「広告批評」を創刊。広告に対する批評で知られる。

2002年11月から2007年3月まで、中学・高校時代を過ごした愛媛県松山市にある松山市立子規記念博物館館長を務め、2007年4月より名誉館長に就任している。

2013年10月20日午前10時38分、間質性肺炎のため死去した。80歳没。

特記事項

「CM天気図 晴れのち雨編」では暑き時にTVの前にうずくまってファミコンをやったり、サッポロビールの商品を片手に「ロマンシング サ・ガ2」をやっているほどTVゲーム好きである。しかしコンプガチャに対しては子供に高額な金額を使わせるシステムに批判を訴えていた。

2004年度のNHK放送文化賞。

◆ 天野祐吉 / 主な連載

◇ CM天気図 - 朝日新聞
◇ 今月の広告時評 - 広告批評

◆ 天野祐吉 / テレビ・ラジオ出演

◇ 報道ステーション(コメンテーター) - テレビ朝日
◇ ラジオほっとタイム - NHKラジオ第1放送
◇ 筑紫哲也 NEWS23(「今年のCMベスト10」に出演) - TBS
◇ 山口県ふるさとCM大賞(審査委員長) - テレビ山口
◇ 日めくりタイムトラベル - NHKBS
◇ ラジオ深夜便「天野祐吉の隠居大学」(NHKラジオ第1放送・FM放送 原則として毎月最終日曜深夜=月曜未明)

◆ 天野祐吉 / 著書(単著)

◇ 『効いた広告 広告が描く人間の一生』秋田書店 1970
◇ 『わたりぼうこ』梶山俊夫絵 ポプラ社 おはなし創作えほん 1974
◇ 『サントリー 時代を広告する世界を広告する』日本実業出版社 1977
◇ 『広告の本 人生はそれを模倣する』筑摩書房 1983 ちくまぶっくす のち文庫
◇ 『もっと面白い広告』大和書房 1984 のちちくま文庫
◇ 『広告の言葉「キーワード」』電通 1985
◇ 『巷談コピー南北朝』朝日出版社 1985 週刊本
◇ 『テレビは嘘が嫌い』ティビーエス・ブリタニカ 1986 のちちくま文庫
◇ 『私のCMウオッチング』朝日新聞社 1986 「天野祐吉のCMウオッチング」文庫
◇ 『広告みたいな話』新潮社 1987 のち文庫
◇ 『もっとマジメにやれ ジャック・アマノン氏の世相観察』日本経済新聞社 1987 のちちくま文庫
◇ 『私のCMウオッチング 1986~1988』朝日新聞社 1988
◇ 『バカだなァ』筑摩書房 1989 のち文庫
◇ 『嘘八百! 広告ノ神髄トハ何ゾヤ? 1884~1943』1990 文春文庫ビジュアル版 『嘘八百 明治大正昭和変態広告大全』ちくま文庫
◇ 『私のCMウオッチング 1988~1990』朝日新聞社 1990
◇ 『天野祐吉の話半分 前半分/後半分』人文書院 1991
◇ 『ゴクラクトンボ』梶山俊夫画 筑摩書房 1991
◇ 『ぼくのおじいちゃんのかお』沼田早苗写真 福音館書店1992 幼児絵本シリーズ
◇ 『また、嘘八百!! 広告ノ神髄トハ何ゾヤ? 明治篇』1992 文春文庫 ビジュアル版
◇ 『天野祐吉のおかしみの社会学』マドラ出版 1993 夜中の学校
◇ 『天野祐吉のCM天気図』朝日新聞社 1993
◇ 『またまた、嘘八百!!! 広告ノ神髄トハ何ゾヤ? 大正篇』1993 文春文庫 ビジュアル版
◇ 『嘘八百、これでもか!!!! 広告の神髄トハ何ゾヤ? 昭和戦前篇』1994 文春文庫 ビジュアル版
◇ 『ニッポンななめ読み』1994 丸善ライブラリー
◇ 『見える見える』筑摩書房 1994
◇ 『天野祐吉のCM天気図 晴のち雨編』朝日新聞社 1995
◇ 『嘘ばっかし』ミハラチカ画 福音館書店 1998
◇ 『くじらのだいすけ』梶山俊夫絵 福音館書店 1998 こどものともコレクション
◇ 『さようなら経済大国』旬報社 1998 抱樸舎文庫
◇ 『拝啓・手紙です』辻本洋太朗絵 福音館書店 1998 たくさんのふしぎ傑作集
◇ 『広告論講義』岩波書店 2002
◇ 『天野祐吉のことばの原っぱ』まどか出版 2003
◇ 『私説広告五千年史』2003 新潮選書
◇ 『絵くんとことばくん』大槻あかね絵 福音館書店 2006 たくさんのふしぎ傑作集
◇ 『のぞく』後藤田三朗写真 大社玲子絵 福音館書店 2006 日本傑作絵本シリーズ
◇ 『広告も変わったねぇ。 「ぼくと広告批評」と「広告の転形期」についてお話しします。』インプレスジャパン 2008
◇ 『ぬくぬく』梶山俊夫画 福音館書店 2009 こどものともコレクション

◆ A Related Words :
天野祐吉 夫人/天野祐吉 再婚/天野祐吉 朝日新聞/天野祐吉 家族/天野祐吉隠居大学/コラム 天野祐吉/天野祐吉 こしあん つぶあん/cm大賞 天野祐吉/天野祐吉 安野光雅/天野祐吉のことばの原っぱ/天野祐吉 死去/天野祐吉 プロフィール/天野祐吉 略歴

Page Top

スマートフォン / PC サイト