追悼の森 =山下徳夫さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【や~ゆ~よ】 著名人訃報一覧【や~ゆ~よ】  著名人訃報一覧 2014年 著名人訃報一覧 Ver.1
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

元衆議院議員 山下徳夫 さん死去

2014年(平成26年)1月1日 死去 享年94歳

山下徳夫写真  山下徳夫訃報

訃報サイト

元衆議院議員 山下徳夫 さん死去

佐賀県選出の元自民党衆院議員で、運輸、厚生大臣などを務めた 山下 徳夫(やました とくお)さんが 2014年(平成26年)1月1日午前1時30分、老衰のため佐賀県伊万里市松島町の自宅で死去した。94歳だった。

1969年(昭和44年)、旧佐賀県全県区から第32回衆議院議員総選挙に立候補し、初当選を果たした。以降、10期を務め、第2次中曽根内閣で運輸相として初入閣し、国鉄民営化や日航ジャンボ機墜落事故(1985年)の対応に当たった。また、第1次海部内閣では官房長官、宮沢内閣で厚相を務めた。2000年(平成12年)に政界を引退し、自民党佐賀県連で顧問を務めた。

人物 / 略歴

山下 徳夫(やました とくお、1919年(大正8年)10月7日 ~ 2014年(平成26年)1月1日)

佐賀県伊万里市出身。政治家、元衆議院議員(自由民主党)。

◆ 略 歴

福岡中学校(現:福岡県立福岡高等学校)卒業後、明治大学専門部法科を経て、1944年、専修大学法学部卒業。

佐賀県議会議員、議長を経て、1969年、旧佐賀県全県区から第32回衆議院議員総選挙に立候補し、初当選。

当選同期に小沢一郎、羽田孜、梶山静六、奥田敬和、林義郎、渡部恒三、綿貫民輔、塩崎潤、森喜朗、村田敬次郎、松永光、江藤隆美、中山正暉、浜田幸一など。

連続当選10回。自民党内では最小派閥の三木→河本派に所属。

第2次中曽根内閣では運輸大臣として初入閣。運輸相在任中の1985年8月12日には日本航空123便墜落事故が起きた。

この日山下は、三光汽船が翌日会社更生法を申請することを受けて佐賀から急遽帰京するため、福岡発羽田行き日本航空366便 (JA8119) に搭乗し17時すぎ羽田に到着したが、この機体は1時間後に折り返し大阪行123便となり墜落した。

第3次中曽根内閣では総務庁長官に就任。

第1次海部内閣で内閣官房長官に就任するも、女性スキャンダルが発覚して在職期間16日間で辞任。

その後、宮澤内閣の厚生大臣に就任。

2000年に政界引退。自民党佐賀県連で顧問を務める。また、1988年より2003年まで学校法人専修大学理事長も務めた。

2014年1月1日、老衰のため死去。94歳没。

特記事項

最小派閥ながら閣僚ポストに恵まれたのは、金丸信と親交が深く、経世会との連絡役を務めていたからという側面もあった。

◆ 山下徳夫 / 略年譜

◇ 1969年12月 - 衆議院議員選挙に初当選
◇ 1974年12月 - 厚生政務次官(三木内閣)
◇ 1976年9月 - 通商産業政務次官(三木改造内閣)
◇ 1984年11月 - 運輸大臣(第2次中曽根内閣)
◇ 1987年1月 - 総務庁長官(第3次中曽根内閣)
◇ 1988年11月 - 学校法人専修大学理事長
◇ 1989年8月 - 内閣官房長官(第1次海部内閣)
◇ 1990年2月 - 衆議院議院運営委員長
◇ 1991年11月 - 厚生大臣(宮澤喜一内閣)
◇ 2000年6月 - 政界引退
◇ 2014年1月1日 - 老衰のため死去。94歳没

◆ A Related Words :
山下徳夫 スキャンダル/山下徳夫 女性スキャンダル/山下徳夫 画像/山下徳夫 専修大学/山下徳夫 Wiki/山下徳夫 写真/山下徳夫 女性/山下徳夫 女性問題/山下徳夫 選挙違反/山下徳夫 秘書/山下徳夫 略歴/山下徳夫 プロフィール/山下徳夫 死去/訃報 山下徳夫

Page Top

スマートフォン / PC サイト