追悼の森 =吉野 弘さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【や~ゆ~よ】 著名人訃報一覧【や~ゆ~よ】  著名人訃報一覧 2014年 著名人訃報一覧 Ver.11
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

詩人 吉野 弘 さん死去

2014年(平成26年)1月15日 死去 享年87歳

吉野弘写真  

詩人 吉野弘 さん死去

「祝婚歌」や、国語の教科書にも掲載された「夕焼け」などの詩で 多くの人に親しまれた詩人の 吉野 弘(よしの ひろし)さんが、2014年(平成26年)1月15日午後9時48分、肺炎のため静岡県富士市内の自宅で死去した。87歳だった。

「夕焼け」など、 日常生活の中にひそんだ感情の機微を平明な言葉を使って描いた叙情詩で知られる。「二人が睦(むつ)まじくいるためには/愚かでいるほうがいい/立派すぎないほうがいい」で始まる「祝婚歌」は結婚式のスピーチでよく読まれてきた。1972年(昭和47年)、「感傷旅行」で読売文学賞の詩歌俳句賞を受賞。1990年(平成2年)、「自然渋滞」で詩歌文学館賞を受賞。国語の教科書に掲載された作品も多い。

人物 / 略歴

吉野 弘(よしの ひろし、1926年(大正15年)1月16日 ~ 2014年(平成26年)1月15日)

山形県酒田市に生まれる。 日本の詩人。

◆ 略 歴

1942年12月、山形県立酒田商業学校を戦時繰り上げ卒業した。

卒業後の1943年1月、帝国石油に就職した。

1944年に徴兵検査に合格するが、入隊5日前に終戦を迎えた。

戦後は労働組合運動に専念していたが、1949年に過労で倒れ、肺結核のため3年間の療養生活を経験。療養中に詩作を始めた。

1953年、川崎洋や茨木のり子の詩誌「櫂」に同人として参加した。谷川俊太郎、大岡信らと親睦を深めている。

1957年に私家版詩集『消息』を刊行して注目をあつめ、1959年には詩集『幻・方法』を上梓した。

1962年に退職してコピーライターとなった。

1972年、『感傷旅行』で第23回読売文学賞の詩歌俳句賞を受賞。
1990年、『自然渋滞』で第5回詩歌文学館賞を受賞。

1994年、『吉野弘全詩集』(青土社刊、ISBN 4-7917-2094-6)を刊行。

代表作には結婚披露宴のスピーチで引用され広く知られる「祝婚歌」をはじめ、国語の教科書にも掲載された「夕焼け」、「I was born」、「虹の足」などがある。詩作の作風は独特の転回視座を有しているのが特徴である。

また、母校をはじめとする校歌や社歌の作詞活動に取り組み、髙田三郎の合唱組曲「心の四季」でも知られている(この曲のために吉野は新作を書き下ろすとともに、既発表詩のいくつかを改めている)。

随筆や評論も手掛け、詩の魅力や詩作法・技術論から詩的感動の原点とは何かという問題にまで論を進めた評論『現代詩入門』(青土社刊、ISBN 978-4-7917-6352-8)が著名である。新聞、雑誌において詩壇の選考者を担っている。

埼玉県狭山市に在住したのち、晩年は静岡県富士市に暮らした。職業は「雑文業」と称することもあった。

2014年1月15日21時48分、肺炎のため静岡県富士市の自宅で死去した。87歳没。

特記事項

若いころ高村光太郎の「道程」を読んで感銘を受ける。

吉野を敬愛するロック・ミュージシャンの浜田省吾が『CLUB SNOWBOUND』(1985年)というアルバムに、「雪の日に」の全文を掲載すべく、浜田自身が吉野弘に承諾を得る為に手紙を書いたところ、吉野直筆の「わざわざご丁寧にありがとう」という旨の御礼の返信をもらい感激したことを、浜田がコンサートで明かしている。

ちなみに、浜田の代表曲「悲しみは雪のように」は「雪の日に」にインスパイアされて出来た曲だとも言っている。

◆ 吉野 弘 / 著書(詩集)

◇ 消息
◇ 幻・方法 飯塚書店、1959
◇ 10ワットの太陽(詩画集)思潮社、1964
◇ 吉野弘詩集 思潮社、1968
◇ 感傷旅行 葡萄社、1971
◇ 北入曽 青土社、1977
◇ 風が吹くと サンリオ、1977
◇ 吉野弘詩集 青土社 1981
◇ 新選吉野弘詩集 思潮社 1982
◇ 叙景
◇ 陽を浴びて 花神社、1983
◇ 自然渋滞 花神社、1989
◇ 贈るうた 花神社 1992
◇ 夢焼け 花神社、1992
◇ 吉野弘全詩集 青土社 1994
◇ 続吉野弘詩集 思潮社 1994
◇ 続続吉野弘詩集 思潮社 1994
◇ 生命は(詩画集)ザイロ、北洋社、1996
◇ 風の記憶 おしゃべりポエム SPOON編集部 1998
◇ 木が風に そしえて写真詩集 八木祥光写真 そしえて 1998
◇ 吉野弘詩集 ハルキ文庫 1999
◇ 二人が睦まじくいるためには 童話屋 2003
◇ 素直な疑問符 葉祥明絵 理論社 2004

◆ 吉野 弘 / 随筆・その他

◇ 日本の愛の詩 ベストセラーズ 1972
◇ 詩への通路 思潮社、1980
◇ 現代詩入門 青土社 1980
◇ 遊動視点 くらしとことば 思潮社、1981
◇ 詩の楽しみ 作詩教室、岩波ジュニア新書、1982
◇ 花木人語 随筆集 みちのく豆本の会 1987
◇ 酔生夢詩 青土社、1995
◇ 詩のすすめ 詩と言葉の通路 思潮社、2005

◆ 吉野 弘 / 作詞

◇ 混声/女声合唱組曲『心の四季』(作曲:髙田三郎)
◇ 合唱組曲『風光歌』
◇ 合唱組曲『樹木抒情』
◇ 合唱曲『走る海』(廣瀬量平 第47回NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部課題曲)
◇ 秋田県秋田市立御野場中学校校歌
◇ 山形県立上山明新館高等学校校歌
◇ 山形県酒田市立琢成小学校校歌
◇ 山形県酒田市立泉小学校校歌
◇ 山形県遊佐町立遊佐中学校校歌
◇ 埼玉県立所沢中央高等学校校歌
◇ 埼玉県狭山市立入間野中学校校歌(作曲:黒澤吉徳)
◇ 千葉県習志野市立第五中学校校歌
◇ 新潟県新潟市立亀田西中学校校歌
◇ 兵庫県豊岡市立豊岡めぐみ幼稚園園歌
◇ 第47回国民体育大会(べにばな国体)賛歌
◇ 大沼労働組合20周年記念ユニオンソング(作曲:服部公一)
◇ 山友産業株式会社社歌(作曲:林光)

◆ A Related Words :
吉野弘 祝婚歌/吉野弘 生命は/吉野弘 詩/i was born 吉野弘/吉野弘 奈々子/夕焼け 吉野弘/吉野弘 奈々子へ/吉野弘 雪の日に/奈々子に 吉野弘/吉野弘 詩人/吉野弘 略歴/吉野弘 プロフィール/吉野弘 死去/訃報 吉野弘

Page Top

スマートフォン / PC サイト