追悼の森 =原 貢さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】 著名人訃報一覧【は~ひ~ふ~へ~ほ】  著名人訃報一覧 2014年 著名人訃報一覧 Ver.38
nagomi画像
Smart Phone
スマートフォンサイト訃報

野球指導者 原 貢 さん死去

2014年(平成26年)5月29日 死去 享年79歳

原貢写真  

アマチュア野球指導者 原 貢さん死去

学生野球の強豪、東海大学や東海大相模高校(神奈川)の元監督で、プロ野球巨人軍・原辰徳監督の実父として知られる 原 貢(はら みつぐ)さんが 2014年(平成26年)5月29日午後10時40分、心不全のため神奈川県相模原市内の病院で死去した。79歳だった。

23歳で福岡県立三池工業高等学校(福岡県大牟田市)の監督に就任。卓越した指導力でチームをまとめ、1965年(昭和40年)の全国高校選手権で初出場優勝の快挙を遂げた。その後、1970年(昭和45年)夏には東海大相模高(神奈川県)の監督として、2度目の全国制覇を達成。また、長男の辰徳の東海大進学とともに東海大で監督を務め、退任後は総監督として指導に携わった。今月4日、大動脈解離と心筋梗塞を併発して入院治療を続けていた。

人物 / 略歴

原 貢(はら みつぐ、1935年(昭和10年)3月30日 ~ 2014年(平成26年)5月29日)

佐賀県鳥栖市出身。アマチュア野球指導者。

長男は元プロ野球選手で現読売ジャイアンツ監督の原辰徳。孫(娘の子)は読売ジャイアンツ投手の菅野智之。

◆ 略 歴

鳥栖工業高等学校を経て、立命館大学中退。

ノンプロの東洋高圧大牟田(現:三井化学)を経て、福岡県立三池工業高等学校野球部監督に就任。無名校を初出場にして高校野球全国大会優勝へと導き、三池工フィーバーを起こす。

その後、東海大学の創設者・総長松前重義の招きで東海大学付属相模高等学校野球部監督に就任。

東海大相模の名を全国に轟かせ、神奈川高校野球界の勢力図を塗り替える。

1974年(昭和49年)には長男・辰徳が東海大相模に入学し、「親子鷹」としても話題となる。練習では何度も辰徳に対して鉄拳を浴びせ、ほかの選手の襟を正すための生け贄にした。

1977年(昭和52年)、辰徳の進学と共に77年東海大学硬式野球部監督に就任。首都大学リーグ7連覇を達成。

1981年に辰徳が巨人入りしたのを機に東海大相模監督に復帰した。1984年から東海大系列校の総監督。

1990年春から東海大監督に復帰しリーグ優勝6度し、1996年に勇退した。以降は東海大学系列校野球部総監督だった。

孫の菅野智之が、2011年のドラフトで巨人の単独指名を受けるとみられていたが、日本ハムが強行指名し交渉権を獲得したことについて「日本ハムからあいさつが一言もなかった。これは人権蹂躙」「あいさつもなしに指名するなんて“だまし討ち”」と憤った。これらの発言に対しては批判もあった。

2014年5月4日に心筋梗塞のため、神奈川県内の病院に入院。

5月29日、死去したことが31日に発表された。

特記事項

野球部の練習休みで辰徳が自宅に帰ってきた際には、夕食で辰徳におかずを勧めるなど、温厚な父親の顔を見せていた。辰徳曰く「悪い言葉で言えば二重人格、よく言えば切り替えの名人」。

◆ 甲子園での成績

◇ 三池工:出場1回・5勝0敗・優勝1回(春:出場なし/夏:出場1回・5勝0敗・優勝1回)
◇ 東海大相模:出場8回・12勝7敗・優勝1回・準優勝1回(春:出場2回・3勝2敗・準優勝1回/夏:出場6回・9勝5敗・優勝1回)
◇ 通算:出場9回・17勝7敗・優勝2回・準優勝1回

◆ A Related Words :
原貢 退院/原貢 その後/原貢 入院先/原貢 容態/原貢 病状/原貢 北里/原貢 死去/原貢 入院/原貢 病院/原貢 現在/原貢 略歴/原貢 プロフィール/訃報 原貢

Page Top

スマートフォン / PC サイト