追悼の森 =山口 洋子さん死去=

I was thunderstruck at the news of his death

Top Page    有名人訃報一覧【や~ゆ~よ】 著名人訃報一覧【や~ゆ~よ】  著名人訃報一覧 2014年 著名人訃報一覧 Ver.68
nagomi画像
Mobile View
スマートフォンサイト訃報

作家、作詞家 山口 洋子 さん死去

2014年(平成26年)9月6日 死去 享年77歳

山口洋子写真  

作家、作詞家 山口洋子 さん死去

直木賞作家で作詞家としても知られた 山口 洋子(やまぐち ようこ)さんが 2014年(平成26年)9月6日午前1時6分、呼吸不全のため東京都目黒区内の病院で死去した。77歳だった。

1957年(昭和32年)、ニューフェイス4期生として東映へ入社。その後、女優をあきらめ、東京・銀座でクラブ「姫」を開店。各界著名人を顧客として抱え、経営に手腕を発揮した。その傍ら作詞を始め、「噂の女」、「よこはま・たそがれ」、「うそ」、「千曲川」など多数のヒット作を連発。また、著作活動も始め、1985年(昭和60年)、「演歌の虫」「老梅」で第92回直木賞を受賞。多彩な顔を持つ才女として知られた。昨年はじめに誤嚥(ごえん)性肺炎にかかり入院生活が続いていたという。

人物 / 略歴

山口 洋子(やまぐち ようこ、1937年5月10日 ~ 2014年9月6日)

愛知県名古屋市出身。作家、作詞家。

◆ 略 歴

京都女子高等学校中退。

1957年(昭和32年)、東映ニューフェイス4期生に選ばれる。

同期には水木襄・佐久間良子・室田日出男・曽根晴美・花園ひろみ・山城新伍がいた。

その後、女優をあきらめた山口は、東京・銀座でクラブ「姫」を開店。各界著名人を顧客として抱え、経営に手腕を発揮した。

1968年(昭和43年)頃から作詞活動を開始、「噂の女」、「よこはま・たそがれ」、「ふるさと」、「夜空」、「うそ」、「千曲川」、「アメリカ橋」などの多数のヒット作を連発した。

特に、作曲家平尾昌晃とのコンビはこの時代を代表するゴールデンコンビである。

1980年代からは小説の創作活動も始め、1985年(昭和60年)には『演歌の虫』、『老梅』で直木賞を受賞。

2014年9月6日、呼吸不全のため死去。77歳没。

特記事項

1960年代後半から1970年代前半にかけて、作曲家平尾昌章とのコンビはこの時代を代表するゴールデンコンビであった。

◆ 著作(文学賞関連作品)

◇ 貢ぐ女(1983年)第89回直木賞候補
◇ プライベート・ライヴ(1984年)吉川英治文学賞新人賞受賞作品
◇ 弥次郎兵衛(1984年)第91回直木賞候補
◇ 演歌の虫(1985年)第93回直木賞受賞作品
◇ 老梅(1985年)第93回直木賞受賞作品

◆ 山口洋子 / 作詞作品

◇ 噂の女/内山田洋とクール・ファイブ(1970年)
◇ よこはま・たそがれ/五木ひろし(1971年)
◇ 長崎から船に乗って/五木ひろし(1971年)
◇ 夜空/五木ひろし(1972年)
◇ もいちど河原町/由美かおる(1972年)
◇ 霧の出船/五木ひろし(1973年)
◇ ふるさと/五木ひろし(1973年)
◇ うそ/中条きよし(1974年)
◇ 愛こそすべて/尾崎紀世彦(1974年) - 東宝映画『エスパイ』主題歌
◇ 星の王子さま/尾崎紀世彦(1975年)訳詞
◇ 面影の女/チャダ(1975年)
◇ 千曲川/五木ひろし(1975年)
◇ ふたりの旅路(1975年)
◇ 夢よもういちど/真木ひでと(1975年)
◇ 愛の始発/五木ひろし(1976年)
◇ もう一度逢いたい/八代亜紀(1976年)
◇ ブランデーグラス/石原裕次郎(1977年・1979年)
◇ 雨の東京/真木ひでと(1979年)
◇ そのひとを愛せますか/伊東ゆかり(1979年)
◇ 百人の男/亜木寛子(1983年)
◇ 北の旅人/石原裕次郎(1987年)
◇ アメリカ橋/山川豊(1998年)
◇ 東西南北ひとり旅/レツゴー三匹・ジェロ(2008年)
◇ トワイライトレイン/夏川玲(2011年)

◆ A Related Words :
作家 山口洋子/山口洋子 現在/山口洋子 近況/がん 山口洋子/クラブ姫山口洋子/五木ひろしと山口洋子/安藤昇 山口洋子/山口洋子 星野仙一/山口洋子 画像/山口洋子 五木ひろし/山口洋子 略歴/山口洋子 プロフィール/山口洋子 死去/訃報 山口洋子

Page Top

Mobile View / Desk Top